教育委員会
[Uncyclopedia|▼Menu]
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「教育委員会」の項目を執筆しています。

教育委員会(きょういくいいんかい、英:The board of education)とは、学校教育について事あるごとにいちゃもんをつけてケンカをふっかけるよりよいあり方を提唱するために設立された圧力団体というのはあくまで表向きのこと、その実体は子供産業の利権を貪る教育マフィアである。
目次

1 概要

2 理念

3 活動

4 子供への効果

5 関連項目

概要

教育を制する者は子どもを制し、子どもを制する者は世論を制し、世論を制する者は政治を制し、政治を制する者は国家を制し、国家を制する者は世界を制す。……このように、教育委員会とは「子どものためのよりよい教育を考える」フリをしているが、その実態は世界征服を目論むために結成された秘密結社であることは言うまでもない文部科学省関係な政治家の都合だけで裏背景を牛耳っている。
理念

教育委員会は、子どもに強引な押しつけ教育を行うことによってその学習意欲を低下させるばかりか、トラウマを植えつけて社会不適合者を大量に作り出し、ゆくゆくは自宅警備員NEETとして育て上げるのを目的としており、以下の理念を掲げている。
勉強とは苦痛であるべきであり、楽して知識を得るなど言語道断である。

学習とは苦悩であるべきであり、楽しく知恵を得るなど言語道断である。

教育とは形骸であるべきであり、有意義な時間を過ごすなど言語道断である。

すべての活動はこれらの理念を金科玉条として粛々と執行され、今日も教育委員会は世界征服への迂遠な道のりを着々と歩んでいる。
活動

教育委員会は子供を強制的に小学校中学校に通わせる事により、子供に精神的にとても大きな苦痛を与えている事が、近年の研究で分かってきた。この研究結果により、多くの人権保護団体や保護者が教育委員会に苦情のメール電話をしている。教育委員会側では、これらの苦情の処理に手間取る為、すべての電話を電話回線から外したり、特定の人以外からのメールを全て受信拒否するなど、強引なやり方が問題視されている。後は繰り返し起きても事件にならない限りはキニシナイな態度で挑んでいる。
子供への効果

必要最低限のレベルの学力を子供たちに身につける事が出来る。だが、勉強して行くうちに好き嫌いが出てきたり、強制的に勉強させられるので、勉強が嫌いになる子供が続出する。勉強嫌いの為、授業などにも集中することが出来ず、学力の差がどんどん広がっていく。勉強が出来ない子供だけでなく皆から浮いた子供は、周りの子供からいじめられ、不登校などの問題もある。憲法の「教育を受けさせる義務」とかはこんなゴミ廃棄場機関に頼る事もないために、もはや陳腐化していると言っても良い。言わば「うんこ製造機の集まり」である。
関連項目

PTA

モンスターペアレント

学級崩壊

大津市教育委員会


更新日時:2019年2月24日(日)19:39
取得日時:2019/08/13 02:25


記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション
Wikipediaで表示
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしUncyclopedia

Size:5375 Bytes
出典: フリー誤報百科事典『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:undef