教科書には載らないアンサイクロペディアの歴史
[Uncyclopedia|▼Menu]

『教科書には載らないアンサイクロペディアの歴史』(きょうかしょ?の?れきし)とは、文字通り教科書に載ることの無いアンサイクロペディア日本語版の歴史を綴ったものである。もしあなたの持っている教科書に載っていると言うのであれば、病院へ行くことをお薦めする。また、自分のことについて書かれている部分が除去されたとしても、超人預言書のようにあなたの体がねじれたり消えたりすることはないので安心して欲しい。
目次

1 本歴史書の編纂について

1.1 学会議事録

1.2 編纂元の歴史書


2 歴史

2.1 神話の時代

2.2 2006年

2.3 2007年

2.4 2008年

2.5 2009年

2.6 2010年

2.7 2011年

2.8 2012年

2.9 2013年

2.10 2014年

2.11 2015年

2.12 2016年

2.13 2017年

2.14 2018年

2.15 2019年


3 歴史ミステリー

4 関連項目

本歴史書の編纂について

本歴史書は、歴史学者による履歴地層の発掘調査および、各地の伝承をもとに編纂されている。したがって今後、下記の内容が書き換わる可能性は大きい。我々『教科書には載らないアンサイクロペディアの歴史編纂委員会』は発掘調査に協力してくれる有志や、歴史上の人物であるRyoske氏やKasuga氏を現世に呼び出してくれるイタコを随時募集している。
学会議事録

歴史学会の議事録がここにまとめられている。この学会は過去に「日本語版アンサイクロペディアは現在の場所ではなく英語版アンサイクロペディア高天原にて生まれた」「『国産み』の時期を2005年12月から2006年5月に訂正する」といった功績を上げている。
編纂元の歴史書

アンサイクロペディア運営委員会議事録 - 編纂者ふぇんりる氏(旧版は(あ)氏)。2007年以降の民間伝承が年月順に収められた歴史書である。当時の民衆の暮らしぶりが伺える重要資料である。

Uncyclopedia避難所 - 編纂者だいひまじん氏。2007年3月以降の民間伝承が収められているが、記述量の少なさから歴史的資料としての価値は上記議事録に劣る。

歴史
神話の時代 発掘された最初期のメインページ画像。地質調査により2006年1月のものであることが判っている。画像は長い年月をかけてかなり風化している。

2005年以前 - 主神ソフィアがお生まれになる。

2005年1月 - 英語版アンサイクロペディア高天原が創られる。

2005年3月9日 - 最古の投稿がChronarion氏により高天原で行われたと伝えられている。この人物が実在する人物か架空の人物かについてははっきりしていない。

関連:Special:Contributions/Chronarion

関連:Chronarion


2005年3月10日 - 高天原の日本の記事が ⇒ブログで日本語に翻訳される。この資料が「バ科事典」の名称の初出であり、「バ科事典はRyoske氏が命名した」という逸話は後世による権威付けであるとされている。

2005年3月12日 - 最古の日本語記事である「日本」が高天原で投下されたと伝えられている。この記事は完全オリジナル記事ではなく、上のブログのコピペ記事であり、いかにもアンサイクロペディアらしいスタートを切った。また、この記事はアメリカから見た日本として風化しつつも現存している。

2005年12月7日 - 高天原に日本用「Babel:ja:メインページ」が創られる。これを日本語版アンサイクロペディアの誕生とする学説もある。

2006年

3月3日 - 初めてニュースが投稿される。この頃はメインページに直接書き込む形式であった。なお、ニュースの内容については古代語で記述されているため今後の解読が待たれる。

5月25日 -
Carlb神とRyoske氏が交わり、高天原の日本語ページを呑み込んで、アンサイクロペディアの前身「バ科事典」をここ ⇒http://ja.uncyclopedia.info/に国産みしたとされる。Ryoske氏は歴史上実在が確認されている最初の人物である。

5月26日 - 最古の会話が行われる。この時代に既にニンジャスターが存在したことが明らかとなっている。

6月1日 - トーク:Nihilismにて最古の議論が行われる。

6月19日 - モリッシー・モリッシー氏(Carlb神とRyoske氏以外では最古の利用者)により、コミュニティ・ポータルが設立される。

7月5日 - 祝・日本語アンサイクロペディア項目数100本を突破!

7月10日-7月30日 Ryoske氏が4名を管理者・BCに任命。この頃から編集活動は活発化し、飛躍の時代を迎える。

8月 - 日本語版の通称を「バ科事典」から「八百科事典」へ改称。

9月13日 - Asakaze氏が4名を管理者・BCに任命。翌日にはさらに3名を任命。以後も翌年4月まで「お札降り型」で管理者・BC任命を継続する。これによって管理者の質の低下が懸念されるようになり、後の投票任命制度を求める声につながることともなる。

関連:Uncyclopedia:管理者#管理者リスト


9月13日 - 同日未明にUncyclopedia:秀逸な記事が開設される。初掲載記事はおばちゃん。正式に議論で決まった開設ではなく、なし崩し的に誰でも記事を追加できるように始まったため、ここから秀逸な記事のバーゲンセールが始まる。上述の管理者お札降りと合わせて9月13日は「粗製濫造記念日」とされている。何やってんだアンサイ。

関連:利用者:BCD/元秀逸な記事


9月14日 - 日記が始まり、初版とはうらはらにダメ人間を脱出できない人たちの集まりとなり、以降はアンサイ最多編集記事となる。

9月29日 - ひよこ陛下が即位。この年の5月25日に生誕されていた陛下であるが、初めて大衆にその姿を現した。尊ひよこ陛下派と反ひよこ陛下派の仁義無き戦いがここから始まる。

10月6日 - 項目数、何故か1,000本の大台に!!

12月2日 - アンサイクロペディアの創始神、Carlb氏が管理者権限を剥奪される。「活動がない」ことがその理由。神もへったくれもない。

12月4日 - 日本語アンサイクロペディア項目数、遂に2,000本突破!!

12月9日 - マスコットキャラクター「アンサイクロペたん」の正式イラストが募集されるものの、文句なしのハイクオリティな絵が出なかったためうやむやのまま幕を閉じる。

関連:Forum:アンサイクロペたんの正式イラストについて


2007年

1月2日 - 現人神
Kasuga氏により、記事の廃棄処分場アンディクショナリーが作られる。

1月5日 - アンサイクロペディア運営委員会設立。第三者諮問機関として健全な運営がなされる・・・わけがなかった。

1月9日 - 利用者名に@が使えなくなった

1月11日 - 夢の3,000項目達成。

2月17日 - 驚愕の4,000項目達成。

3月4日 - だいひまじん氏により、 ⇒Uncyclopedia避難所が設立される。

3月23日 - Portal:国が設立される。

3月25日 - 元老の一人モリッシー・モリッシー氏、置き土産を残してアンサイクロペディアから完全に隠遁。

3月26日 - Portal:スタブが設立される。

3月29日 - 待望の5,000項目達成。

4月3日 - 管理者数がアンサイクロペディア日本語版史上最高となる27名を記録。この日を境に、管理者任命は転機を迎える。

4月8日 - Amatias氏が投票による管理者任命制度を提起。従来の「お札降り型」任命方式からの変革が始まる。

4月11日 - 話切徒氏が独自に投票による管理者任命制度を提案、実施に移される。この制度に基づいて、7月1日までにNisehoka氏と八月十五日氏の2名が管理者となる。投票による管理者任命制度はこれが最初で最後である。

4月27日 - 増殖を続けた管理者・BCの見直しが開始。この日4名がAsakaze氏によって休職となり、以後も休職者が続々発生。任命者は軽く落ち込むことになる。

5月20日 - ひよこ陛下崩御!

5月21日 - ひよこ陛下が復活

5月28日 - ロール神のお導きにより6,000項目達成。

6月3日 - 利用者‐会話:Bcrowにて最古のようこそが行われる。

7月13日 - phoque氏がアンサイクロペディア史上、最初で最後の「臨時管理者」となる。

7月17日 - 管理者見習い制度である「のびた君制度」設立。今日に至るまでの管理者任命制度となる。? 502d ?う少しセンスのいい名前はなかったのかと、皆首をかしげることになる。同日、春野秋葉氏が初ののびた君となる。7月中にさらに3名が就任。

8月2日 - アンサイクロペディア運営委員会で推敲されていた「アンサイクロペディア (エロゲ)」の記事が投下され、のちに名物記事に成長する。

8月6日 - 魔法使いの魔力により7,000項目達成。

8月17日-8月31日 - 第一回人気投票が開催。Muttley氏が堂々の1位に。キッコーマソ氏は管理者で最下位となり涙目になる。

8月30日 - くぎり氏が高天原から言行録を持ち帰る。が、誰の気にも留めてもらえず。

9月1日-10月8日 - 記念すべき第1回執筆コンテストが開催される。なお、結果発表は避難所で行われた。 ⇒[1]

9月4日 - 初ののびた君である春野秋葉氏が投稿皆無によりのびた君の役を休職。

9月9日 - 伝説の短い記事兄弟船誕生。これ以降9月9日は兄弟船の日という祭日になる。

10月10日 - ネ申のお導きにより8,000項目達成。

10月13日 - 8月30日に臨時管理者から移行する形でのび太君となっていたphoque氏が、のび太君制度最初の卒業生となる。

10月15日 - 一大勢力を誇った広東糸瓜共和国が滅亡。ノート:広東糸瓜共和国では、間違った方向に向けられた努力の残骸たちを確認できる。

10月26日 - くぎり氏によりアンブックス神社が建てられる。信者はこぞって書物を納品する。

11月6日 - Portal:アニメが設立される。

11月7日 - Portal:漫画が設立される。

11月8日 - 多くのパワーユーザーを黙らせた伝説的なフォーラムが建てられる。

11月9日 - Portal:人が設立される。

11月10日 - Portal:画像Portal:食が設立される。なお、ポータルに利用者がいるのかは果てしなく謎である。

11月13日 - 高天原にある神楽の文化を取り入れないかという提案があったが地上には踊り手がいないためなかったことにされる。

11月15日 - Portal:都市が設立される。

11月20日 - ムツケ氏が最初の自薦(立候補)によるのびた君となる。

11月26日 - Portal:放送が設立される。

12月4日-2008年1月1日 - 拡張王執筆コンテスト(第2回執筆コンテスト)が開催される。Template:Expansionを輸入した利用者自身による製造物責任法遵守の事例として名高い。

12月9日 - 早すぎる大掃除にて発見されたへそくりが原因で9,000項目達成。

12月14日 - 7月18日にのびた君に就任したPeacementhol氏がおもいっっっきり紆余曲折したうえで結局権限放棄。

12月25日 - Muttley氏によりアンチューンズが創設される。11月13日の議論で人が来ないだろうという意見が大勢であったがやはり人は来なかった。

12月28日 - 高天原の使者NXWave氏がアンチューンズ乗っ取りを計画しMuttley氏に襲い掛かるが退治される。またネッツ氏により、Portal:ゲームが設立される。これによりネッツ氏は新規ポータル設立数最高記録を樹立するが、後にPortalの粗製濫造・放置が問題になったとかならなかったとか。

12月31日 - 氏、管理者就任を目前にして突如消息を絶つ。古参の管理者ら保守派による大晦日の暗殺説が濃厚。

2008年

1月1日 - NXWave氏
最後の抵抗、しかし現人神Kasuga氏の宝物草薙剣により完全に封印される。
記憶喪失で、アンサイクロペディア日本語版は1年前(2007年2月)にタイムスリップしてしまう。

1月4日 - 2008年執筆・加筆コンテスト(第3回執筆コンテスト)がどこぞのアホによってアカウント取得後わずか25時間後に開催され、そして黒歴史伝説となった。

1月8日 - 第一次記憶喪失が発生。サーバーが約5000項目の記事を一時的にお忘れになり、アンサイクロペディアン達は阿鼻叫喚する。

1月18日 - IPによる荒らしが原因でキッコーマソ氏によって秀逸な記事が半保護される。これにより以後アンサイクロペディアの秀逸な記事は完全に管理者とその犬たちによって管理されることになる。

2月28日 - (あ)氏により、 ⇒アンサイクロペディア運営委員会議事録が作成される。

3月 - Forum:Ansaikuropedhiaとuncyclopediaの運用について教えてください。でアンサイクロペディアのWikia移転が提案されるが、サイレントマジョリティにより静かに幕切れとなる

3月16日-4月13日 - 第4回執筆コンテストが開催される。テーマはB級記事であった。

4月3日 - UnNews:『緊急地震速報』誤作動影響で死者5人の記事がエフエム東京社員より抗議される。誤認ブロックも発生し、アンサイクロペディアが激震する。

関連:UnNews talk:『緊急地震速報』誤作動影響で死者5人


4月12日 - アンサイクロペディアンの皆様が支援してくれたおかげで念願の10,000項目達成。これを機にメインページ用テンプレート「Template:項目達成」が多くの更新中毒者に惜しまれつつ廃止された。

4月24日 - 管理者のかぼ氏が包茎の記事を荒らす。

関連:「かぼは包茎なの?」 ⇒[2]


4月 - 「エクストリーム・聖火リレー」の記事が爆発的ヒット。

5月15日-6月27日 - バ科ニュース2008 春過ぎた! 誤報コンテスト(第5回執筆コンテスト)が開催される。初のバ科ニュース記事専門コンテストとなった。

5月16日 - かぼ氏が東京FM騒動の責任を取り、管理者を電撃辞任。

関連:利用者:かぼ/UnNews:かぼが管理者を電撃辞任


5月下旬 - コンテストの影響で大量の(当社比)長文ニュース記事が投稿されるも、アンサイクロペディア運営委員会により質の低下に対する懸念が表明された。

関連:UnNews:バ科ニュースのクオリティが右肩下がりに


5月31日 - のび太国が滅亡。第二のび太国は辛くも生き残った。

6月下旬 - コンテスト終了後、反動のためか長文ニュース記事の投稿が激減する。

関連:UnNews:バ科ニュース5日間にわたり配信停止UnNews:バ科ニュースの投稿数が右肩下がりに


7月18日-9月19日 - 第6回執筆コンテストが開催される。夏休みの宿題として、読書感想文の提出が求められた。

7月25日 - あずまんが大王国が滅亡。

8月 - 記事の表示回数の増加量が約1/7(当社比)に激減する。キャッシュを読むようになった説、実は今までがバグでアンサイの読者はこれくらい少ない説が唱えられた。

8月 - 「ハンス・ウルリッヒ・ルーデル」の記事が大量アクセス数を稼ぎ出すとともに、ノートページで 7248 Tinpoppo氏がご乱心。このとき「Uncyclopedia:秀逸なノート」が設立され、第一号ノートとなる。

9月2日 - 11,000項目達成。

9月 - ウィキペディアを追放された「かもちゃんず」こと鴨南蛮氏が登場。遅れて登場したソックパペットとみられる御徒町氏の正体を巡ってアンサイクロペディア運営委員会にて本格サスペンス「アンサイクロペディア (推理ゲー)」が開催される。最終フェーズのCU依頼はクロかシロか!?INSERT COIN!

9月13日 - 第二のび太国が滅亡。これをもってのび太国は完全に歴史の表舞台から退場することとなった。

10月5日-12月1日? - エクストリーム・NRV剥がしコンテスト(第7回執筆コンテスト)が開催される。記憶喪失前に書き込まれた採点の一部が消失し、正常な終結を迎えられなかった悲劇のコンテスト。有志によってとりあえずの結果発表は行われたものの ⇒[3]、参加者にあたえた空虚感、主催者を苛む脱力感は計り知れない。ちなみに、現在も開催中である。

10月30日 - 約1年ぶりの新のびた君Iovzyakasi-01-氏)が誕生する。それまでなかなかのびた君が誕生しなかった理由についてであるが、管理者が権力を振るうサド体質から利用者に吊るし上げられるマゾ体質に変化しているのではと囁かれた。

11月17日 - 「カテゴリ爆発」発生。すべての記事がカテゴリから吹っ飛んでしまい、整備班が大忙しになる。

関連:Forum:アンサイクロペディア再臨のお告げ#カテゴリ吹っ飛び対策の空編集


12月14日 - 第二次記憶喪失が発生。サーバーが3週間分の記事をお忘れになる。 ⇒本家の会話ページで応答しないサーバー管理者Carlb神を引っ張り出すことに皆必死になり、その説話はのちに「Carlbの岩戸隠れ」として伝えられることとなる。そのCarlb神を引っ張り出すことに成功した英雄はIke氏である。なお、3週間の記憶は戻らず終いだった。

関連:Forum:編集解禁の提案Forum:アンサイクロペディア再臨のお告げ

関連: ⇒スラッシュドット・ジャパン - 日本語版アンサイクロペディア未曾有の危機

関連:UnNews:アンサイクロペディア沖地震行方不明者数人


12月20日 - 第二次記憶喪失の影響もあり、 ⇒アンサイクロペディア談合所(弐代目)の同時参加者数が新記録の8人を樹立する。

12月25日 - タレント飯島愛さんの嘘の遺書を書いたUnNews:飯島愛さん、抗議の自殺かのコピペが、多数の外部サイトに出回る。この影響か、ノートも一時荒れかけるが、主筆者が議論を面倒がって記事に{{即時削除}}を貼ったため、一応は事なきを得た。

関連: ⇒飯島愛の遺書&死亡の予言?ネット上に怪情報が続出

関連: ⇒(cache) UnNews:飯島愛さん、抗議の自殺か - アンサイクロペディア


2009年

1月 - 「
東方Projectの登場人物」が「魔法少女リリカルなのは」を表示回数で追い抜き、通常記事1位となる。同時に削除主義者の方々に目を付けられる。

1月29日 - トーク:東方Projectの登場人物での2年越しの議論に幕。Fixやさらには削除などの刺激的な意見も出ていたが、結局二氏による改稿という無難なところに落ち着いた。

2月3日 - Sts氏によって2008年の十大バ科ニュースが選出される。

2月14日 - バレンタインデー撲滅運動2009が開催されるが、声は届かず、バレンタインデーは通常通りの開催で管理者涙目。

2月20日 - Forum:ヘルプデスクが設立される。

関連:Forum:質問コーナー(仮)の設置提案


2月 - 秀逸な記事が投票で選ばれるようになる。それまでの粗製濫造の反動であまりに高い敷居が設定されてしまい、以降、改定されるまで多くの良記事が返り討ちに合う。

2月-4月 - いわゆるちんこ系荒らし発生。連続利用者登録を繰り返す。既に引退していたはずの七星氏による陰謀説も囁かれ、「Muttley VS. 七星」で興行を打てるのではないのかと噂される。

関連:利用者:Ike/公開プロクシ騒動まとめ


3月 - 「ハンス・ウルリッヒ・ルーデル」が「東方Projectの登場人物」を表示回数で追い抜き、通常記事1位となる。サブカルチャーでない記事が1位となり、一部の削除主義者が安堵の溜息をつく。

3月7日 - Portal:鉄道が設立される。

3月8日 - Portal:特定アジアが設立される。

3月18日 - 12,000項目達成。

3月21日 - くまいち氏によって新派エクストリーム・NRV剥がさせが提唱される。2009年後半はこのプレイヤーたちが活躍するようになる。

4月1日-5月14日 - 第8回共同加筆コンテストが開催される。初の2名以上の組による参加が求められるコンテストとして話題に。

4月20日 - 風物詩が初めて厳しい投票制度をくぐり抜けて秀逸な記事に認定。

4月25日未明 - 七星陰謀説の余波で、 ⇒アンサイクロペディア談合所(弐代目)の同時参加者数が新記録の11人を樹立する。

4月25日 - ついに本格的にアンサイクロペディアの遷史をまとめる研究が始動(この記事のことである)。以降、埋もれていた日本語版アンサイクロペディアの歴史が次々と発掘される。

5月1日 - アンサイクロペディアへの入国審査の厳格化。新規利用者は裸にされて身体をチェックされてから入国を許可された。テロリストを残らず射殺できるとする急進派と、やりすぎであるとする保守派の溝が深まった。

5月16日 - 稼働したばかりの ⇒談合所V3が突然の閉鎖。チャット好きは会話相手がいないことに軽くへこむ。

6月1日 - 総閲覧件数が1億回を突破する。つまり、ほぼ国民全員がアンサイクロペディアを閲覧したということである[要出典]

6月21日 - 登録利用者人数が10000人を突破。しかし捨てハン、ソックパペット、バグの産物も多いため、実態はその何割かほど。

6月29日 - Portal:ウィキペディアが設立される。

7月9日 - Forum、UnNews、Undictionary、Uncyclopedia_talkなどの名前空間がたまになかったことになる事態が発生。なお、若干1名騒ぎすぎだが、若気の至りだろう。原因は拡張機能 ⇒Simple Namespacesが片方だけ削除されたこと。

関連:Forum:名前空間死亡の件Forum:バグの報告/過去ログ/2009年#名前空間が死んでる


7月1日-8月15日 - 記事の書き方講座協賛、第2回バ科ニュース誤報コンテストが開催される。省エネ効果なし? 太陽の消灯見たさに浪費するエネルギーはが圧倒的な得票数でぶっちぎる。

8月24日 - MediaWikiが1.16にアップグレード。怠慢なカール大帝が珍しく働く


次ページ
記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション
Wikipediaで表示
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしUncyclopedia

Size:101 KB
出典: フリー誤報百科事典『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:undef