政教分離の歴史
◇ピンチです!◇
◇暇つぶし何某◇

[Uncyclopedia|▼Menu]
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「政教分離の歴史」の項目を執筆しています。

政教分離の歴史(せいきょうぶんりのれきし)とは、文明が勃興し発展する中でそれぞれ違った存在であった政治宗教が密接になっていく政教一体の時代から、その反動として、政治と宗教が分離していく時代を表す歴史である。
目次

1 概要

2 政教分離の歴史

3 結論

4 関連項目

概要

基本的に、政治とは一つの信念に沿って行われるものであり、宗教もそうであるため、一つに取りまとめやすかった。しかし、中世以降の歴史において、宗教が政治に関わりすぎる事例が続発したため、逆に宗教と政治は切り離したほうが良いという考えが出来上がっていく。
政教分離の歴史
大昔
土着宗教として、宗教がさほど力を持たなかったころ、強大な権力を持つ政治指導者が
としてあがめられることが多くあった。これが政教一体の時代の始まりである。もちろん、他の勢力から悪魔扱いされることのほうが多かった。

ユダヤ教キリスト教イスラム教などが大規模な国家において浸透、もしくは宗教が大規模な国家を建設する事例が多発。その結果、国家=宗教という枠組みで、単純な一体感をもってして政治を行うことが中世の流行となる。
近代
近代に入り、でかい国家がばらばらになっていく中で、宗教が一つでも国が崩壊するのは止められないことが判明。むしろ、でかい勢力を維持したくて戦争したくてしょうがないのに、宗教が邪魔になるなんて話が続出。一時期、権力基盤が政治よりも宗教のほうにあったという時代が存在した。その結果、自分勝手にやりたい連中が宗教のホネ抜きを画策。そして、宗教を自分たちの都合のいい形にする国家続出。これが政教分離の歴史の始まり、のようなもの。
現代
もっとも、そんなことで政教分離がなされたら世の中は苦労しない。現代でも、政教分離と言いつつ、宗教べったりな政党が幅を利かせたり、前から政教分離をしていないことが明白なイスラム圏の国々もあり、さらには、イスラエルのように、現代においても宗教が国家を建築するという話も存在する。もちろん、政教分離という建前は重視されるも、実情は政教分離できていない国家しかないと見ていい。
結論

政教分離の歴史はこんなに短くまとめられる。
関連項目

政治

宗教

ウィキペディアにおいて削除を免れた悪ふざけとナンセンス

創価学会


更新日時:2016年10月8日(土)01:31
取得日時:2017/09/14 14:44


是非お友達にも!
■暇つぶし何某■

[記事の検索]
[おまかせリスト]
[ブックマーク登録]
[mixiチェック!]
[Twitterに投稿]
[オプション]
[Wikipediaで表示]
[話題のニュース]
[列車運行情報]
[暇つぶしUncyclopedia]

Size:4334 Bytes
出典: へつぽこ實驗ヰキ『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:FIRTREE