攻強皇国機甲
[Uncyclopedia|▼Menu]
□記事を途中から表示しています
[最初から表示]

…名称について[編集]攻強皇國機甲をキーボードでローマ字入力するとKOUKYOUKOUKOKUKIKOUとなる。これは「見難い・打ち難い・言い難い」と三拍子揃ったかのACジャパンの旧称と全く同じ綴りである。

しかし、ほぼ一回の変換で入力を完了できるACジャパンの旧称と違い、攻強皇國機甲は変換するのが極度に面倒臭いところが特徴である。

これは上述したニセ攻強皇國機甲などの出現を予防する狙いもあると思われる。
実戦配備

攻強皇國機甲の日本での実戦配備については自衛隊で検討中である。この後オークションにかけられる模様。有力なバイアーはCIA,FBI,SIS,NERVなどがあげられている。
憲法第9条について

攻強皇國機甲の日本での活動については多くの議論が交わされている。これは「平和憲法」とも称される日本の憲法のもとでは如何なる武力も存在してはならないからである。

「攻強皇國機甲の所有するロボットは武力兵器に相当するのではないか」「ロボットの運用によって死傷者が増えるのではないか」といった懸念の声が方々から上がっている。これについて攻強皇國機甲は「決して破壊や殺戮を行うものでは無い」としているが、ネットに流出した一部の動画などからは変形したありがとウサギがレーザー様の光線を発している姿も見受けられ、「攻強皇國機甲の主張を鵜呑みにしてしまって良いのか」といった攻強皇國機甲の発言の信憑性を疑う意見も現れるなど、物議を醸している。

「そもそも名前に『攻』って入っているじゃないか」という意味不明な指摘をした者もいたが、数日後には検閲により削除された。


本記事内でうっかり戦闘兵器扱いをしているが記事が削除されない事をもって「攻強皇國機甲はロボットが兵器であると黙認している」とする者もいる。

いずれにしても、将来自衛隊の活動などによってロボットの実際的な能力が明らかにされなければ討論として成立しない状況であると言える。
脚注^ 部隊に代表されるのはありがとウサギであるが、実際のCMで最初に登場するのはこんにちワンである。しかし、多くの人はありがとウサギの唇に魅了され、こんにちワンを忘れ去っている。

関連項目攻強皇國機甲が放った発言は、後世の物好きのために、有志たちによって「Unquotable/ロボット」へ収録されています。

あいさつの魔法。

ACジャパンの旧称

ロボット

日本国憲法

CHAOS;HEAD


更新日時:2015年5月30日(土)20:18
取得日時:2020/02/06 05:39


記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション
Wikipediaで表示
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしUncyclopedia

Size:9862 Bytes
出典: フリー誤報百科事典『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:undef