折檻
[Uncyclopedia|▼Menu]
ウィキペディア専門家気取りたちによって「折檻」はリダイレクトページになっています。変なページに飛ばされるので、クリックしても意味はありません。

折檻(せっかん)とは、人を監禁して虐めることである。
由来

前漢の成帝の時代、家臣の中に朱雲という者がいた。彼は物怖じしない性格で、ある時、成帝に直言して政治の誤りを正そうとした。しかし成帝は彼の諫言に従うどころか、身分をわきまえない行為であると激怒して、すぐさま朱雲をつまみ出し、牢屋に入れて監禁してしまった。そしてろくに食べ物も与えられず幾日も放置された。その間も朱雲は牢屋の檻に捕まって自分の主張を訴え続けたが、その激しさのあまり、ついには檻が折れてしまったという。

この故事から、主に目下の者を監禁したり、虐待したりすることを指して「折檻する」と言うようになった。ちなみに檻は折れたが朱雲が脱獄に成功した訳ではなく、その後彼がどうなったかはお察し下さい
関連項目ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「朱雲」の項目を執筆しています。

虐待

イジメ

体罰


更新日時:2019年2月8日(金)10:26
取得日時:2019/11/19 11:26


記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション
Wikipediaで表示
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしUncyclopedia

Size:2142 Bytes
出典: 嘘八百科事典『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:undef