扇子
[Uncyclopedia|▼Menu]
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「扇子」の項目を執筆しています。扇子(せんす)とは、主に風を送るのに用いる道具である。扇(おうぎ)とも呼ばれる。ライバルはうちわ(団扇)。 オタク愛用の扇子。
目次

1 機能

2 歴史

3 団扇・扇子の乱

4 現代での活躍

5 うちわとの違い

6 結論

7 関連項目

機能

風を起こすことができる。

棚に飾ったり、手に持っただけで殿様気分になれる。

江戸時代の雰囲気が味わえる。

箸で麺類を食べるフリや筆で物を書くフリ等の擬態・工作ができる。

つまみ食いしようとしているガキの手を叩く。

生意気なガキや後輩の頭をお仕置きとして叩ける。

扇を閉じたままだとバイブの代わりになる。

両耳にかざしてエリマキトカゲのモノマネができる。

麻呂ごっこができる。

端を持って飛ばして距離を競うことができる。

頭の上に載せてチョンマゲにできる。

歴史 こちらは右翼が愛用。 こちらは左翼が愛用。

扇子はうちわを折り畳めば携帯に便利になるのではないかというセンスのある発想から、8世紀頃の日本で発明された。平安時代頃から風を送るためだけでなく、人の頭を叩くなどの虐待、飛ぶ鳥を撃ち落とすための投擲、歯に青海苔が付いてるのを隠す、口臭がヤバイ奴が喋る時に臭いが広がらないように口を隠すなどの道具としても用いられた。他にもラブレターとして告白文を書いて贈るのにも使われたが、あまりにもセンスのない内容だったので余裕で振られたという話が多くの文学作品や歴史書に書かれている。ちなみに、織田信長は明智光秀をいじめるときは、扇子をケツの穴に挿して掘ったり、ホトトギスが鳴かないときは、扇子を投げて撃ち落として殺そうしたという資料も残っている。江戸時代に入ると貝殻のようなゴミ道具のうちわに人気を取られ、一時期売り上げが伸びず低迷したが、めげずに活動した信者たちの必死な努力によって再評価されていった。
団扇・扇子の乱

とある農村で団扇・扇子の乱という戦争が起き、多くの民衆を巻き添えにして扇子信者と団扇信者が争いをした。信者たちはお互いに、扇子軍と団扇軍に別れて戦った。しかし、扇子信者と団扇信者はお互いものすごく真剣に戦っていたそうだが、全く関係ない周りのほとんど奴らは、どうでもいいと思っていた者や、逆に面白がり戦っているところに石を投げ込んだり、おむすびを食いながら観戦した者が大多数だった。扇子軍は、扇子で敵軍の人間のケツを3人の集団で一斉に叩いたり、お互い激しい攻撃をし、団扇軍は、団扇の硬い扇部分の平たい角の部分で頭や指の間を力強く叩いて攻撃したと当時の旅人の日記に綴られている。苦戦したものの、なんとか扇子軍が勝利を収めた。しかし、「これ以上団扇を迫害するのはいきすぎ」という世論が多くなり、扇子軍と団扇軍で話し合いが行われ、扇子軍のリーダーも「団扇と扇子は家族同然。お互い高い評価をされるべき道具。」と言い、団扇軍のリーダーが「団扇と扇子は似たもの同士で兄弟。これからは無駄な争いはせず、仲良くしていきたい」と言い、和解して握手をしたという。ちなみに、当時その話し合いに参加していた農民の日記には、「その時の両軍のリーダーの目は笑っておらず、妙に手に力が入りすぎているように見えた。」と記されている。
現代での活躍

先述の信者たちの活躍により再評価されたものの、ライバルであるうちわによって存在感が薄くなっている。口臭が広がないようにする役割や歯に付いている青海苔を隠す役割も歯ブラシの活躍によって取って代わられた。そのため現在、生で扇子を見られる機会といえば修学旅行先の土産屋ぐらいである。生じゃない場合は時代劇NHKで放送している囲碁将棋の対局か笑点などのいずれかで見れる。それ以外では、扇状地など地形の名前にも使われている。ちなみに、還暦以上のおばさんたちはうちわより扇子を利用している者が多い。
うちわとの違い

扇子とうちわは、古今の文献でも扇(おうぎ)という言葉で混同されており、はっきりしていない。

しかし、日本扇子委員会の間では「貝殻の様な形をした磯臭さ丸出しクズがうちわ。センスのある風流な形をした便利な道具が扇子。」という認識が常識となっている。
結論

なんだかんだでうちわや扇子なんかよりエアコン扇風機が愛されている。



関連項目

扇の表面積が少なく扇が貝殻の様な形をしたカス道具

エアコン

扇風機

時代劇



戦争

信者


更新日時:2016年3月4日(金)19:48
取得日時:2018/07/11 16:39


記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション
Wikipediaで表示
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしUncyclopedia

Size:7377 Bytes
出典: 八百科事典『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:FIRTREE