悠仁
[Uncyclopedia|▼Menu]

この記事については以下のようなことが主張されているようです。

この記事は誤りと嘘八百でいっぱいの百科事典である
アンサイクロペディアに掲載されています。ここにあるコンテンツはその全て、もしくは一部がフィクションですが、同時にそうではない可能性もあるなど、言うなれば「超フィクション」の状態にあります。つまり、全て嘘八百ということです!したがって実在する人物・事件・団体とは一切関係ありません!

ここにはあなたの社会的評価を害するに足る事実はありません!名誉毀損で刑事告訴しないでください!

あなたの社会的評価は全く傷付いておらず、損害は全く生じていません!損害賠償請求しないでください!

あなたの経済的評価を損なう危険は全くありません!信用毀損で刑事告訴出来ますが、時間の無駄です!

この記事を読んであなたが当局に逮捕されても、一切責任を負いません!

そのほかこの記事のために発生した損失や損害について、一切責任を負いません!

畏クモ天皇陛下ハ御自ラ全臣民ノ爲ニ
本項ノ全内容ヲ天覽遊ハサレタリ 大本營認可本項ノ全文章及全内容ハ完全ニ正シキ事實トシテ大本營ニ依リ認可セラレタリ
全臣民ノ爲ニ畏クモ現人神タル天皇陛下ハ御自ラ本項ニ御目ヲ通サレ給ヘリ
此ノ項目ノ内容ヲ疑フハ現人神タル天皇陛下ヲ疑フト同義ニシテ
誤リタル思想ヲ持ツトセラルヽ場合ハ政治犯思想犯トシテ内亂罪ノ對象トス

この記事は右に寄り過ぎています。
ここが真ん中です。

悠仁(ひさひと、2006年9月6日 - )は日本の皇族で伯父の皇太子徳仁親王、御父の秋篠宮文仁親王につぐ皇位継承順第3位。今上天皇の4人目の孫(秋篠宮家眞子内親王、佳子内親王、東宮家愛子内親王)でもある。

また、文仁親王から40年近く皇族男子が誕生せずに女性、女系天皇(宮家)に関する議論が高まっていた中での誕生のため愛国者にとっては希望の星であり、また反愛国者にとっては邪魔者である。
目次

1 略歴

1.1 誕生まで

1.2 誕生から


2 主な儀式

3 関連項目

略歴
誕生まで

悠仁親王が誕生するまで皇太子明仁親王、皇太子妃美智子殿下(いずれも当時)が悠仁親王の御父・礼宮親王(当時)をお生まれになされて以降40年間皇族男子は生まれなかった(礼宮親王から悠仁親王の間までお生まれになられたのは寛仁親王家彬子女王、瑶子女王、高円宮家の承子女王、典子女王、絢子女王、以降先述のため略)

このまま皇族男子が生まれなければ皇統断絶の危機にあったために小泉純一郎首相(当時)らが女性天皇・女系天皇などの論を実現へ向け動いていたところに当時の宮内庁長官が雅子さまの適応障害(笑)の影響で東宮家に男児が望めない、女性・女系天皇に反対したことから東宮系に配慮してお子作りをされてこなかった秋篠宮家に「第三子を強く望む」と発言し、秋篠宮家は佳子内親王誕生から行って来なかった粛清されましたを再開した。

その結果紀子妃が39歳という女性機能の終わり目前にお精子とお卵子がくっつくことに成功した。

そして2006年9月6日に皇族初の帝王切開で誕生された。
誕生から

誕生すると皇室をぶっ壊してきたにもかかわらず皇族男子が生まれたために小泉首相は辞任した。

また、右翼からは皇族男子の血がつながったために温かく迎えられ、左翼や皇太子家、愛子内親王を支持する者は過激な発言をしてきた人間は粛清されました

皇族コースの学習院ではなくお茶の水女子大付属幼稚園、お茶の水女子大付属小学校に通っている。2ちゃんねらーの一部によって不登校説が流れているが、愛子さまの二番煎じにすぎない。
主な儀式 その様子

切腹の儀
幕末以降廃れていた切腹を母親が行うことによって生まれた。

白髪の儀
父親がに勤しんだあまり男性ホルモンが活発になり一時髪の毛が真っ白に。以降5年かけ髪の毛の色を戻した。
関連項目

文仁

紀子

眞子内親王

佳子内親王
 ・話・編・歴  日本の皇室

宮家 :内廷 - 秋篠宮 - 常陸宮 - 三笠宮 - 高円宮
男性皇族 :明仁 - 徳仁 - 文仁 - 悠仁 - 正仁 - 崇仁
女性皇族 :美智子 - 雅子 - 愛子 - 紀子 - 眞子 - 佳子 - 百合子 - 信子 - 彬子 - 瑶子 - 久子 - 承子 - 絢子
旧皇族 :黒田清子 - 昭和天皇 - 大正天皇 - 寛仁 - 宜仁 - 憲仁 - 千家典子
その他 :宮内庁


更新日時:2019年12月30日(月)18:25
取得日時:2020/02/14 16:16


記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション
Wikipediaで表示
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしUncyclopedia

Size:7478 Bytes
出典: 八百科事典『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:undef