性欲
[Uncyclopedia|▼Menu]
□記事を途中から表示しています
[最初から表示]

…よって体長が変化し続ける。画像を参照のこと。0 - 10歳頃(幼少期)は非常に小さく、11 - 15歳頃(思春期)に絶大な成長を迎える。続く16 - 30歳頃(壮年期)は成長が止まりながらも最大の状態を維持する。そして31 - 50歳頃(中年期)のうちに体長においては退行する。その後、50歳以降(賢者期)は幼年期と変わらないか、またはそれ以下の大きさにまでなる。ゆえに、性欲の寿命は実質50年程度と言われている(生物の定義としては、生体反応もあり代謝も行っているので生きてはおり、活発な活動をしないだけであるため)。ちなみに、体長の差は年齢によるもののみならず、飽くまでも個体差である場合もある。生まれた当初から1.2hydeほどの個体も稀に存在する。

性欲は、撫でられると落ち着くという特徴のあるタイプと、撫でられると寧ろ闘争本能をかきたてられるタイプに分けられる。前者のタイプは撫でれば撫でるほど懐くので、存分にナデナデしてあげよう。後者は、撫でると暴走が激化するかもしれないので、静かに餌を与えるべし。
亜種
餌が元の種に対して特殊な種

個体の中には、一般的な性行為では餌が補えず、飼い主が苦痛を受けている姿を餌にするものや、飼い主が他人にダメージを与えている姿を餌にするものもいる。また、餌を与えられない方が空腹を補えるものもいる。厄介なものには、飼い主が16歳以上になると急に懐かなくなり始めるものや、排泄物を餌とするものもおり、性欲の飼育は一筋縄にはいかないものである。

一性欲ごとの個性を見極めることは、飼い主の仕事である。たとえそれを認めたくないとしても、それを認めなければ正しい飼育は出来ない。自分が飼い始めた性欲がアブノーマルな個体であっても、捨てたり殺したりしてはいけない。
体長・体格が極端に小さい種

相応な身長ならば、0.2hyde - 1.5hyde程度が妥当であるが、時には0.1hydeにも満たない個体がいる。空腹を適切に感じることが出来ず、栄養が不足しているにも拘らず、それを自身は気付けないために死んでしまう場合が多い。このような性欲を持った男性は可哀想なものである。何故なら、こういった性欲を飼育する(押しつけられたとも言う)人間女性との性行為に臨むことが出来ない(デキない)ようになるためである。
飼育するにあたって 肥大化した場合、飼い主にも危害を加えることがあります。

性的行為を怠ると、性欲は肥大化して暴走が止まらなくなります!自家発電でもいいですから、こまめに餌やりしましょう!!

暴走を放置した場合、手当たり次第にエサを求めたり暴力をふるったりして極めて危険である。しっかりとした管理が望ましい。

なお、男性が飼う場合と女性が飼う場合との根本的な違いを以下に記す。
飼い主が男性の場合

基本的にはG行為で補える。相手がいる場合夜の営みを毎夜楽しみながら性欲の飼育が出来る。一石二鳥である。
飼い主が女性の場合

女性の場合、性欲は内緒で飼い馴らしているケースが多いので、外見がよろしい人ならば暴走させることもなく楽しい飼育を楽しめるだろう。その対極に位置する人は・・・暗黙の了解である。セックスでもしててください。


総じて、童貞野郎どもは性欲の飼育という面ですらイケメンに勝てないのである。
脚注^ ほぼ人間とオナニ同じくらいの寿命であるとされている。

関連項目ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「性欲」の項目を執筆しています。

オナニー

男性

女性

動物

ペット

傲慢/強欲/嫉妬/怠惰/憤怒/暴食


更新日時:2018年2月10日(土)11:18
取得日時:2020/09/08 20:27


記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション
Wikipediaで表示
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしUncyclopedia

Size:11 KB
出典: フリー誤報百科事典『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:undef