忍たま乱太郎
[Uncyclopedia|▼Menu]
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「忍術学園」の項目を執筆しています。

忍術学園(にんじゅつがくえん)は、その名の通り忍者を養成する教育機関である。一応、文部科学省の所管ではないため学園長の気まぐれで運営されている。そのため授業料はそこそこ高い。(小切手での支払いも可能)
目次

1 概要

2 学校行事

2.1 突然の思いつきで開かれる行事の一部

2.2 予算会議


3 在籍生徒

3.1 1年生

3.1.1 は組

3.1.2 い組

3.1.3 ろ組


3.2 2年生

3.3 3年生

3.4 4年生

3.5 5年生

3.6 6年生

3.7 女生徒


4 在籍教師等

5 学園によく足を運ぶ人物等

5.1 兵庫水軍

5.2 その他の人物


6 忍術学園と敵対する城

7 忍術学園と関わりある人物の縁者たち

8 関連項目

概要

6年制で、満10歳から入学できる。1、2年次では主に体力づくりと基礎的な忍術を学習する。3年次以降では実戦が主になる。5年次になると就職活動も始まる。進級・卒業は比較的容易らしいが、強力無比なサザエさん時空が存在するため、何度も夏休み等が来ているにも関わらず全ての生徒が進級・卒業をしていない。近年ではこれに加え、生徒のビジュアルが年相応に見えないという現象も確認されている。

所在地は不明(おそらく近畿地方かと思われる)学園長は大川平次渦正。全寮制(男女別で、敷地は完全に隔離されている)。全校生徒190人。
学校行事

特に決まって行われる行事はなく、ほとんどが学園長の突然の思いつきで開かれる。その行事で優秀な成績を収めた生徒には賞品が与えられるが、だいたいはいやげもの((c)みうらじゅん)の極致である学園長グッズである。
突然の思いつきで開かれる行事の一部

運試しマラソン

手裏剣コンテスト

クラス対抗野戦(リアルオンラインGTA

戦輪コンテスト

金楽寺の和尚さん探し

混合ダブルスサバイバルオリエンテーリング

全校生徒強制参加椅子取りゲーム

協力防空戦

辻斬り

など
予算会議

ほとんどの行事が学園長の思いつきで行われる忍術学園において、唯一恒例行事と呼べるもの。学園では、備品や消耗品の類に割り振られる予算を生徒が管理するという、画期的かつ投げっぱなしなシステムをとっている。このため、各委員が集結して行う予算会議においては白熱した抗争を見ることが可能。学年を越えた実戦経験を積ませるためのアイディアだという説もあるが、真相は不明。
過去使われた凶器(の一部)
10キロそろばん(会計委員会所有。主に防御に使用)生首フィギュア(作法委員会所有。戦意低下および投擲武器として使用)使用済み検便用マッチ箱など、不衛生な諸々(保健委員会所有。投擲武器として使用)漆喰砲(用具委員会所有。漆喰を空気圧で飛ばす射撃武器)砲弾(体育委員会所有。蹴って相手に飛ばす。)図書カード(図書委員会所有。手裏剣代わりに投げて使用)

日用品を状況に応じて凶器にするという実習の一環ともとれるが、普通に爆弾だの落とし穴だのを用意している場合があるところをみると、単に経費を節減しているだけのようだ。

なお、予算会議は「申請した予算に対する会計委員の回答へ抗議する」会議なので、予算決定前に予算増額を(褒め殺し・花火・プレゼントなどで)訴えることは許されている。

在籍生徒

名前と姿が判明しているだけでも、人数が馬鹿みたいに多い。目立たなかったり忘れられてたり、昔ちょっと見ただけだと知らない奴がいたり、アニメと原作漫画でキャラが違ったり見た目が違ったり……とにかく把握しづらい。魔法先生ネギま!ですら1学年の1クラス、31名前後だというのに……そんなわけで、調査の偏りについてはお察しください

なお、特に記載しない限り、アニメのCV表記は2008年(16期)のものを記載する。
そしてcv表記がない場合や中の人についての記述がない場合はお察し下さい。それでもこの豪華っぷりを見て、これが正しい受信料の使い方だと思ってくれることを信じてる!
1年生

みんな知ってる3人組はここ。3クラス存在するが、メインである「は組(総勢11人)」ですら全員は言えないことが多い。
は組

絶望的に勉強のできない子供たち。実際に行動すれば結構いい線行っている、いわゆるわんぱく系。
猪名寺 乱太郎(いなでら らんたろう)(cv:
高山みなみ
メガネ。一応主人公。アニメの最初期には妙なキャラ付けをされていたらん。大事なことなので2回言うが、主人公。特技は似顔絵と年寄りから話を聞き出すということ。微妙に某スケット団の某リーダーに被ってるような気もするがこちらが先である。また、100mを10秒ほどで走ったり、2メートルある壁を文字通り駆け上がるなど、とにかく足に関するエピソードには事欠かない。放送外で「真実はいつもひとつ!」と口にする名探偵「やられちゃった」と口にする親衛隊長をしているのは、きっとこの作品の反動であろう。
摂津のきり丸(せっつの きりまる)(cv:田中真弓)
パタリロ並みの銭ゲバでいらんこと言いだが、見た目がいいので得している。映画などで女装癖の萌芽がみられるので、注意が必要。(女装している姿を女の子に惚れられたり、ある城の家老の嫁にならんかと言われたりしている)。「同情するなら金をくれ!」というノリの境遇を地で行く戦災孤児だが、下手に同情するとアルバイトを押しつけられるので注意。初期はそこそこクールだった。ちなみに、忍術学園に来る前の暮らしは不明。しかし、アニメでたった一言「忍術学園を辞めてアルバイトをしてまた一人で暮らそう」と発言したことがあるため孤独な暮らしをしていたのではないかと言う推測ができる。放送外では「海賊王に俺はなる!」という言葉が口癖の船長である。
福富 しんべヱ(ふくとみ しんべえ)(cv:一龍斎貞友)
癒し系を兼ねたいやしい系肥満児。鼻水は接着剤に、リンスを忘れた髪は武器になるのである意味人間兵器。実家は貿易商で、南蛮渡りの武器を売りさばくブラックゴースト団みたいなこともやっている。足は遅いが、かなりの怪力。他人の弁当を食べ、強大な怪力を発動させることも出来る。放送外ではおにぎり頭の弱虫小僧である
山村 喜三太(やまむら きさんた)(cv:杉本沙織)
三人組の次に記憶に残るであろうクラスメイト。ナメクジ好きというキャラ付けはそれほどまでに強烈。将来は土井先生の人脈を使って某巨大ナメクジ使いに弟子入りを夢見ているとか。彼の飼うナメクジには雌雄が存在し、あろうことかそれを一緒の壺に住ませている。結構マセた子なのだろう。アニメ初期ではうなぎを飼ったり、トカゲをペットにしたりと色々飼っている設定だった。
皆本 金吾(みなもと きんご)(cv:渡辺久美子)
喜三太のルームメイトで、関東出身。泣き虫で甘えん坊なファザコンだった為根性をたたき直すために父親の策略で一人旅に立させられた。現在はナメクジがのさばる中を寝起きし、長期休暇中は居候先が(主に現地保護者のせいで)しょっちゅう変わるサバイバリスト。は組加入は一番後だが、そのおかげか入学までの経緯が丸々一つのエピソードになっている贅沢な奴。放送外ではペコポンを侵略中。
加藤 団蔵(かとう だんぞう)(cv:江森浩子)
実家は馬借(今で言うと運送業)で、若旦那。映画でやたら活躍した。愛馬の名前は「能高速号(アニメでは肥満コレステロール2号)」。生足と鉄壁スカートで腐女子を悩殺する筋肉系ロデオボーイだが、どうしようもない悪筆。初期の頃は顔が安定しなかった。
笹山 兵太夫(ささやま へいだゆう)(cv:むたあきこ)
変わり衣の柄がトライフォースの子。カラクリという名の罠を愛する「歩く刻命館」で、彼の自室に踏み込んで無事なのは同室の三治郎ぐらいのものである。武士の子という? 382f ?定が活かされる日は来るのだろうか?
夢前 三治郎(ゆめさき さんじろう)(cv:江森浩子)
世界的有名なビーグル犬が主人公の漫画に出てきそうな顔をしている。カラクリボーイ兵太夫のルームメイトで、止めるどころか一緒になって自室を刻命館化している。キャラが薄いが某染物屋の息子よりはマシ。アニメだと腹黒さが増し、合言葉は「あんな笑顔いつだってできるさ!」。父が山伏という個性は足が速いことと、実際に山伏として館に忍び込むという形で生かされた。
佐武 虎若(さたけ とらわか)(cv:小林優子)
実家の村が活躍するエピソードが出たり尊敬する人ができたりと、結構目立つ火縄銃大好きっ子。しんべヱに似ている。特技は銃を持ったときのゴノレゴ顔である。毎晩筋トレを欠かさない。おかげでしんべヱ程ではないが結構怪力。
二郭 伊助(にのくるわ いすけ)(cv:佐藤智恵)
たぶんは組で一番影の薄い忍たま。顔は両親似。三治郎の項で言及された「某染物屋の息子」はこの子のことである。今後の対策として、アニメで付加されている家事スキルを生かしたオカン化を検討している。初期の顔は忘れろ!
黒木 庄左ヱ門(くろき しょうざえもん)(cv:初代摩味→2代目東さおり)
こちらも喜三太に並び記憶に残るであろうクラスメイト。は組の学級委員長にしてクラス偏差値の最後の砦である。性格はは組の他の10人のとんでもないバカたちに対するツッコミを通り越してボケに昇華するほど冷静。20年近く赤ん坊のままな弟と、「忍者は壁を通り抜けたり口寄せの術で巨大ガマを呼んだりできる」と信じる、別の漫画チックな夢を見ているなんだか親近感の湧く祖父がいる。
い組

ペーパーテストだけが優秀な子供たち。いわゆるガリ勉系。
黒門 伝七(くろかど でんしち)(cv:佐藤ゆうこ


任暁 左吉(にんぎょう さきち)(cv:梅田貴公美)
は組にイヤミを言うのが趣味なコンビ。え? 2年生じゃなかったかって? 気のせい。まれに「伝吉と左七」と間違えられる。ほとんど二人で行動している為、大きいお友達にそれなりに人気があったりもする。
今福 彦四郎(いまふく ひこしろう)(cv:斎賀みつき
一応学級委員長だが伝吉・左七コンビの影に隠れて目立てない。頼りない学級委員長という新ジャンルを開拓中。何気に大食漢で、両手を広げたぐらいの直径がある鍋のおでんを(しんべヱが大半を食べたとはいえ)完食した記録を持つ胃袋キャラ。
上ノ島 一平(かみのしま いっぺい)(cv:坂戸こまつな)
なんでお前い組に居るんだと言いたいぐらい人畜無害そうな顔をしているが、出番はほとんどない。委員会の時にたまに映るレアキャラ。
ろ組

成績は普通だが、情緒面に問題のある子供たち(だいたい先生のせい)。いわゆるすみっこ系。全員顔に縦線が入っているので意外と目立つ。
二ノ坪 怪士丸(にのつぼ あやかしまる)(cv:佐藤智恵

名前が無駄にかっこいい、ホラーマンばりの輪郭の持ち主。何気にちまちまと出番がある。
鶴町 伏木蔵(つるまち ふしきぞう)(cv:(初代)太田真由美)(cv:(2代目)青山桐子)(cv:(3代目)坂戸こまつな)
1年ろ組の忍たまは全員怖がりのはずだがそんなことはなく、堂々とプロの忍者(敵かな?味方かな?系)の名前を呼び間違えたり、ギンギンに向かって何度も暴言を吐いたりするぐらい肝が据わっている。すごいスリルー。保健委員会ドラマCDにて乱太郎に「え?伏木蔵、最近は暗いって言うよりただの愛されキャラじゃない?」・・・と、ろ組の中でもかなりの愛されキャラのようだ。またクラスメイトの平太や2年生の先輩から出番を掠め取ると言うとてつもない腹黒さを誇る。
下坂部 平太(しもさかべ へいた)(cv:(初代)渡辺久美子)(cv(2代目)吉田小百合)
見た目も名前も性格も結構普通っぽいので、ろ組ではあまり目立たない忍たまである。用具委員としての出番は結構ある。すぐちびる。そしてすぐ魂が抜ける。
初島 孫次郎(はつしま まごじろう)(cv:嶋方淳子)
スタッフいわく「暗いうえにマイペース」。「丸めの眉」「点で表現された目」「委員会が同じ(生物委員)」という点から、い組の一平と混同する場合あり。顔の縦線で覚えると楽である。
2年生

上級生と言えば、2年生のことを指す時代もあった。今はさらに上の学年が濃すぎて影が薄く、先生の方がメジャー。
能勢 久作(のせ きゅうさく)(cv:(初代)峰あつ子
)(cv:(2代目)土門 仁)
けっこう出番はある……のだが、確か天然パーマでたれ目だったはず……君は誰だ、誰なんだ!?旧作は忘れろ
樋屋 奇応丸(ひや きおうまる)(cv:幹本 雄之)
2年だけどオッサンで、学園初の編入生。アニメでは食堂のおばちゃんの生き別れの弟(嫌いならっきょうを食事に出されたことが元で喧嘩して家出した)という話に絡みやすそうな設定を無理矢理つけられたのに、現在存在を抹消されている
池田 三郎次(いけだ さぶろうじ)(cv:(初代)高乃麗)(cv:(2代目)志乃宮風子)
初期において「は組に意地悪する」という重大な役目を受け持っていたが、上級生が出てくるにつれてフェイドアウトしていた。最近はやたらと目立つ5年やメインキャラな先生のいる委員会に組み入れられたので、返り咲きを狙っている…はずだったが47巻で学園の生徒が全員出たのに唯一1コマも出なかった。
川西 左近(かわにし さこん)(cv:(初代):高戸靖広)→(cv(2代目)鈴木麗子)→(cv(3代目)天田有希子)
奇跡の逆声変わりを果たした割に影の薄い2年生(以前はcv:高戸靖広だった)。それでも委員会が乱太郎と同じなので、出番的にはマシな方である。事ある毎にうどんやおかゆを持って登場するため、食事係としてのキャラを確立したと思われる(しかしうどんやおかゆを保健委員が運ぶのはこぼしてしまうフラグとも言われている)。17期ではメイン回で半裸になった。
時友 四郎兵衛(ときとも しろべえ)(cv:(初代)足立友)(cv:(2代目)菊池こころ)
グッチ裕三が好き勝手やってた駅の番組に出てきそうな顔をしている。最近出た上級生の中でも格段に出番が少なく、セリフもほとんどない。しかし、違うクラスの三郎次のことを心配する心の優しさをもっている。今後に期待。また、ドラマCDでは妙な語尾をつけられた。でも、その後のアニメではなかったことにされた。
3年生

つい最近出てきたキャラが多い。そして方向音痴多数。
伊賀崎 孫兵(いがさき まごへい)(cv:(初代)優希比呂)(cv:(2代目)千葉一伸)
3年生で唯一の古参。有毒生物を溺愛しているが、そいつらはしょっちゅう逃げ出す。犬を飼ったら躾けきれずに無駄吠えさせ、あげくに苦情を言いに来た近所の人に逆ギレしてしまうタイプ。一番つきあいの長いと思われるジュンコ(毒蛇)はふぐ刺しを食べて中毒経験有。おそらく作中一、二を争 10c4 う美形だが、昆虫や爬虫類しか愛せない性癖のせいで浮いた話のひとつもない。
神崎 左門(かんざき さもん)(cv:宮田幸季)
3年の方向音痴その1。やけにエネルギッシュな顔をした決断バカ。間違った道を正しいと確信して教える方向音痴。兵法書を覚えるなど無駄に記憶力良いんだから道を覚えそうなはずなのに。
次屋 三之助(つぎや さんのすけ)(cv:まるたまり)
3年の方向音痴その2。この学園では珍しい面長タイプ。方向音痴以外は比較的まとも。間違った道を間違っていると気付かない方向音痴。腐女子期待の無自覚攻め候補であり、年齢操作イラストなどでは決まってイケメンに描かれることが多い。また、アニメの映画にて原作・アニメ(普通の方)に出番があったにも関わらず出番をまるっきり某変装名人に奪われた上、セリフ一切無しという、大変ぞんざいな扱いを受けた。
富松 作兵衛(とまつ さくべえ)(cv:青山桐子)
3年の常識人その1。しかし、四段オチで被害妄想が出てくるぐらいの妄想癖があるのであんまりアテにしてはいけない。原作での出番を上級生(しかも所属委員会の先輩)に取られまくっていた。方向音痴二人を追いかけるのは彼の役目。
浦風 藤内(うらかぜ とうない)(cv:桃森すもも)
3年の常識人その2。とても真面目。その割には学園を壊しまくり、「破壊神」の異名を持つ。富松と若干似ていて間違えられやすいので、部外者が学園のことに詳しいかどうかを調べるのによく使われる。静かに勉強しようとすると必ず何かしら邪魔が入るジンクス持ち。
三反田 数馬(さんたんだ かずま)(cv:下野紘)
何かしらの不運に見舞われる保健委員所属で、受け持つ不運は「忘れられる不運」。ある意味一番不運である。どれぐらい忘れられているかというと、委員長の伊作に「君、誰だっけ?」乱太郎たち下級生に「安物の推理ドラマみたいに、今まで出てこなかった登場人物がいきなり出てきた」とメタ表現なツッコミを受けてしまうぐらい忘れられている。他学年の授業に出ても気づかれないほどのステルス性能を持つ。たぶん3年の常識人その3。
4年生

どいつもこいつも筋金入りのフェティシストでとにかく面もキャラも濃ゆい学年。アニメではほぼ全員「サブタイトルにフルネーム入りの回(ピンでの持ち回)がある」+「風呂や衣替え中の事故になどにより諸肌を披露する」というおいしい待遇。ただしあくまでも「芸人枠」なので、最後まで格好良くはキメさせて貰えない。
公式人気投票では上級生枠TOP5の内の3枠を4年生が占める結果となった。腐ってもアイドル。
平 滝夜叉丸(たいらの たきやしゃまる)(cv: 3228 高木渉



「滝・夜叉丸」ではない。「滝夜叉丸」で一つの名前なのだ!
戦輪フェチ。その上ナルシストで自慢話が長く(擬音は「gdgd」)、無駄にキャラが濃い。13歳にしてオッサン声&ソフトマッチョは将来が心配である。サラストヘアーだが整形&染髪疑惑有。1期から登場し出番がそこそこ多い上にその忘れられない独特のウザさのおかげで、一般人への知名度が最も高い先輩キャラだと思われる。京本政樹とあまりにも顔が似ているため何らかの関係があるのではないかと言われている。公式人気投票では上級生部門5位、サラサラストレートヘアーランキング第2位。
田村 三木ヱ門(たむら みきえもん)(cv:安達忍)


私はかやくご飯が好きダス!(黒歴史。このあと地面に落ちたかやくご飯を食して腹を下した。)
火器フェチ。こちらも中々のナルシストだが、サラサラストレートヘアランキング圏外な分、滝夜叉丸に負けている。火器に女の名前をつけるところをみると過去に軍曹に師事した経験があるのかもしれない。整形疑惑どころか16期→17期においてきっぱりと整形した。しかもこのアニメでは珍しい、通常状態で瞳孔&ハイライトありの目になる。(ただし白目はない)。アニメでは確認した限りでも最低4回は整形している。流石アイドル。火薬ご飯を食べると語尾がダスになる特殊能力つき。しかし心に深刻なダメージを負うリスクがある。アイドルの割に顔面崩壊率が最も高いキャラの一人。公式人気投票、4年次で唯一ランクインしなかった。お前は今泣いていい。
綾部 喜八郎(あやべ きはちろう)(cv:石田彰


「ウンコミックス?」
穴フェチ。阿部じゃない、綾部だ!踏鋤のフミ子ちゃんを肌身離さず持っている。最初は落とし穴の解説役として登場しただけであったが、登場のたびに肩書きが強化されていった。 LV1穴掘り小僧→LV2忍術学園一のトラパー→LV3天才トラパー→LV4プロ忍さえも罠に嵌める天才トラパー→LV5彼の掘る落とし穴は芸術的でさえあると言われている ←今ここ能力がインフレを起こし、もはやチートキャラになりつつある(中の人的にも)。不思議ちゃんで片付けられているが、彼の言動を見ていると確実にアスペを思わせるキャラをしている。そのせいかアニメ版では年相応の性格に修正されているが、原作話では性格も原作版なので、躁鬱病などと言われている(修正の意味がない)雑魚キャラには養豚場の豚を見るような目である チッ(また雑魚か・・・)公式人気投票ではちゃっかり上級生部門2位。
斉藤 タカ丸(さいとう たかまる)(cv:浪川大輔


「忍者なら覚悟はできているだろう? いつでも命を捨てられる覚悟が」
髪フェチ。4年生で唯一まともな性癖をもったモッテモテのリア充。途中編入で忍術の経験がないため、6年生の年齢だが4年生に編入となった。忍術の腕は1年は組のよい子たちにも劣るので1年生からの編入でもよさそうなものだが、やはりフェティシストだからか。アニメの髪色は忍ぶ気がまるでない。バナナ。16期OPで主役陣並みの単独ターンを与えられる、アニメ誌で特集を組まれる等、ぽつぽつ公式贔屓が目立つ。メモ魔な設定はどっか行った。気の抜けたような声と優しい態度に騙されてはいけない。初登場時の言動は彼にとって黒歴史であり1年は組を「クソ餓鬼共」と呼んでいたりした。それこそが彼のチャラ男たる所以であり本性なのだが今では事務所側でなかったことになっているのでそのことについて触れてはいけない。公式人気投票では上級生部門3位を獲得。
浜守一郎(はま しゅいちろう)(cv:梶裕貴)
漫画では54巻、アニメでは23期から登場。田村三木ヱ門と同じクラスの四年ろ組に編入。頭には鋭利なツノがあり、何もかもを貫く。四年生の強烈すぎる個性に押しつぶされまいと日々ツノを磨いている真面目な奴。安藤先生らぶ。
5年生

基本的に他人の話をあまり聞かない生徒たちの中で、聞き分けのいい良い子たち。ただその分影が薄い。出番のわりに大きなお友達の人気が高い。
不破 雷蔵(ふわ らいぞう)(cv:金丸淳一)
変装されてる方。相方とセットでないとキャラが弱い、ツッコミをやってるボケ。原作10巻代から顔と名前とキャラ付けがセットで出ている古参で、優秀さもそこそこ発揮できている数少ないまともな上級生。しかし、二者択一などの状況下で「延々と迷った挙げ句に寝るor適当に決める」という悪癖がある。「迷っている雷蔵をボコボコにしてはいけない」というお約束があるらしい(by鉢屋三郎)。鉢屋三郎に24時間365日顔真似をされ、常に隣に寄りそわれ、終いには休み明けに何食わぬ顔をして学園外の街中で合流される(51巻参照)という驚異的なストーカー被害にあっているが、一切気にしていないという豪胆な精神の持ち主。そのため、鉢屋とともに腐女子の餌食となっている。51巻では言動があざとくなったともっぱらの評判。青いハリネズミみたいな声で喋る。
鉢屋 三郎(はちや さぶろう)(cv:山崎たくみ)
変装してる方で、ボケをやってるツッコミ。千の顔を持つ男で素顔不明。アニメでは大人の事情で名字が違うが読みは一緒。原作よりアニメの出演が若干先行したせいで、体格までは変えられないはずの変装術で体格まで変えていたことはたぶん黒歴史。「不破雷蔵あるところ鉢屋三郎ありさ!」の一言はごく一部に矢木さんよろしく電流を走らせた。また、原作51巻から彼は長期休暇中、恐らく自らの実家には帰らずに不破雷蔵をストーカー・監視しているという疑惑が持ち上がった。誰がどう見ても不自然なのに「やぁ」と片手を上げて笑顔で雷蔵の前に現れる図太い男である。ちなみにその際、雷蔵に「なぜここに?」と聞かれて「不破雷蔵あるところ?」と件の台詞を答えた。コイツ……ヤバイ。人気はあるが常に他人の姿を借りているのがたたり、腐女子御用達のキャラデザ資料集において生徒で唯一ハブられた。同じ理由でグッズでもハブられがちである。不破とともに腐女子の餌食となっている。まあstk発言してるし仕方ないか。とりっぴいみたいな声で喋る。
久々知 兵助(くくち へいすけ)(cv:小田敏充)
ただの豆腐……と呼ぶときっと泣いてしまうのでやめてあげよう。豆腐小僧も禁句だが、言われても仕方がないくらい豆腐が好き。原作では始め、豆腐好きであることを否定していた。目が四角いのは、決して豆腐の食べ過ぎで目まで豆腐になったからではない。どうも公式売り出しキャラ5年生枠らしく、16期OPで6年生と競演したり、アニメ誌に公式描き下ろしイラストで登場したりと精力的に活動中。それでも2011年公開映画「忍術学園全員出動の段」では竹谷とともにモブだった。竹谷には本名で呼ばれず「火薬委員」と呼ばれている。
竹谷 八左ヱ門(たけや はちざえもん)(cv:東龍一)
上級生(4年生以上)の中でただ一人、16期OPで豪快にハブられた。本編中の台詞も上級生に取られてしまい、登場早々いきなりキャラ立ちの危機に陥る。アホ毛っぽいものはあるんだけどねえ。「がんばれー!がんばってくれー!!」、「おほ? 来たぞ来たぞ」など、独自のしゃべり言葉を用いてキャラ立てを頑張っている。最近ではやたらおほーおほー言うことが増え、彼の必死さが垣間見える。なんとか17期EDでバストショットの一枚絵をもらえたが、ピンでのエピソード出演は相変わらず絶望的である。と思いきや、初登場から四年後にようやくメインエピソード? fc7 ??貰えた。公式人気投票では5年次で唯一上級生部門4位にランクインした。公式にイジメられ続けていたための同情票であろう。それでも映画では久々知とともにモブ(ry
尾浜 勘右衛門(おはま かんえもん)(cv:渋谷茂)
16年という長きにわたる出番の封印から解き放たれた男。46巻にてようやく出番を得るも活躍できそうな瞬間を他の五年とまとめて扱われ個人での活躍の機会を失う。ドレッドヘアなのか、それとも洗ってなくて髪の毛が固まっているのか、はたまた髪の毛ではない物が生える体質なのかよくわからない、小平太曰く「摩訶不思議」なヘアスタイル。よくうどんに例えられるが、アニメでは、タコっぽく見えたから色を赤っぽくしたらOKが出ちゃったらしく、正式にはうどんというよりはタコである。委員会で活躍の機会を得ようにも、よりにもよって学級委員長であることが判明。学級委員長委員会に5年生がダブるという、あまりにももったいない結果となった。いまだにキャラが固まってない。
6年生

ここまで進級できるのは少数(のわりに判明している人数は多い)。卒業したら晴れてプロの忍者になれるだけあって実力は相当なものだが、全員仕事を任せるには不安が残りまくる性格。なお総合して見ればもっとも公式に贔屓されている学年であり、ここ2、3年のアニメのみならずゲームやドラマCDでも主役達を食う勢いで(というか食って)出張り、挙げ句にテニミュ的なミュージカルまで上演。
潮江 文次郎(しおえ もんじろう)(cv:
成田剣
会計委員長。どう見ても50代か、若く見ても40代にしか見えない。常に寝不足でギンギンギンギン言ってる鍛練バカ。基本ネタキャラだが、オレンジだから仕方がない。原作と比較して、アニメではキャラデザがかなりゴツくなっている。そのうえ出番とおいしい役回りが反比例しており、最近はすっかり狂言回しに。彼が何をしたというのだ。しかし昨今では輪郭が丸みをおびつつある。またきのこ採りにはしゃいだりと精神年齢の低下が見受けられる。食満留三郎とは犬猿の仲とよばれ、二人同時に登場すれば試合のゴングがなるのは確実。協力したり意見が一致するとあまりの珍しさに局地的な雷雨となる。16期より六年生シリーズでの出番を手に入れた。
立花 仙蔵(たちばな せんぞう)(cv:保志総一朗
作法委員長。サラストヘアーランキング1位のボンバーマン。原作は「COOL」な二枚目だが、アニメ進出の際に「KOOL」な二枚目半?3枚目となり、等価交換として1期に1度の看板シリーズ? 21a5 ??手に入れた。顔がとても青白く細身なので、パッと見お化けである。最近では看板シリーズ以外の出番でも冷静さを保てなくなってきた。
中在家 長次(なかざいけ ちょうじ)(cv:渋谷茂)
図書委員長。もそもそもそもそ喋るので、きり丸や雷蔵による同時通訳が必要になる。ドラマCDにてハキハキ喋っていた事があったが、それはそれで爽やかで怖い。ウォーズマンスマイルの使い手。常識はあるが本のこと以外では武力介入を行わないのであまり制止力にならない。バレーは好きだがトス専門で、レシーブが来たら他人に振る。描き下ろしポスターでハブられる人その1。しんべヱの妹カメ子から想いを寄せられておきながら、16期より6年生シリーズでの出番を手に入れた幸運の持ち主。ただし、近頃はそんな設定がなかったことになった。
七松 小平太(ななまつ こへいた)(cv:神奈延年
体育委員長。いけいけどんどん言いながらモグラのように塹壕を掘っており、「細かい事は気にするな」が口癖のわりに、自分は相手の視線で嘘を見抜いたりと洞察力が鋭すぎる。アニメ・ドラマCDでは策士度が増しており、それに加えて抜群の運動神経と底なしの体力、怪力さで 有り得ない事をあっさり熟す人間離れした人。天才肌かよ、とツッコミたくなる。だが過去には失敗が続きスランプになったり、庄左ヱ門に冷静に観察され 調子が狂ってゲッソリするなど、挫け慣れしていないのかメンタルの弱さが伺えるシーンもある。また、乱太郎に競走で勝てないと苦悩する三治郎を勝利に導いたり、巨大岩に潰されそうになる金吾を人間離れした実力で助けたり、大らかな性格を庄左ヱ門に憧れられたりと、何気に下級生からの支持がすごい。
善法寺 伊作(ぜんぽうじ いさく)(cv:置鮎龍太郎)
保健委員長。いいひとだが骨フェチ。超弩級不運男。ただしいい人といっても、期限切れの薬草を人に食わせようとしたりする。要は腐っても戦国タフボーイである。公式人気投票で上級生枠1位。しかも6年生で唯一のTOP5ランクインであった。どこが不運なのか。さらには戦場で取った行動により今まで敵対していた忍軍をまるごと味方にしてしまう快挙まで成し遂げてしまった。留三郎との同室シリーズでは、「夜な夜なアルバイトをしている伊作を、留三郎が(伊作のせいで勉強に集中出来ないので仕方なく)手伝う」場面がたまに見られるが、あれは正確には「伊作が留三郎に嫌がらせをしてアルバイトを手伝わせる」であり、伊作の腹黒さが垣間見える。基本的に、同室シリーズは伊作が留三郎に嫌がらせをするシリーズである。作品の外では妖怪退治のできる小学校教師をしている。
食満 留三郎(けま とめさぶろう)(cv:鈴木千尋)
用具委員長。作者曰く「9年目のプリンス」。ぽっと出のため、目立つために他人の台詞であろうと(アニメで)ガンガン強奪してた。ミュージカルではついに主役の座を毟り取った。潮江とややキャラが被っているため、「後輩には優しい先輩」という付加価値で生き残りを目指していた…はずだったが、44巻で後輩に嫌がられるほどの熱血ぶりを発揮、立場的には潮江とほぼ同位置に立った。おまけに「9年目」についてもさらに上の「16年間出番のなかった五年生」が登場したため、本格的にキャラ立ちが危うくなっている。さらに顔まで風魔の6年生に似ていると原作内で言われ踏んだり蹴ったりである。最近では善法寺伊作の不運が移ったとまで言われる始末。ドクたまのしぶ鬼や雑渡の部下など、似ているやつがだんだん増えてきた。「食満」の読みは「けま」。これを一発で読める人に出会ったら、そいつは関西出身であるかこの学園に詳しい人間であることを疑ってみる必要があるだろう。いや関西出身でも読めない奴は大勢いる。得意技は「けまとめアタック」。一方、おじゃる丸には「カメトメアタック」が存在する。
女生徒

男子よりも数は少ないが、くのいちとなるべく女子も在籍している。アニメにおいては、ユキ・トモミ・おシゲ以外は知名度が極端に低く、くのいちは上記の三人しか居ないと思っている人も多数居る。男子部よりも秘密主義を敷いており、人数・学年ともに正確な情報が存在しない。原作だと出番が極端に少ないので、アニメオリジナルと考えても差し支えなさそうじゃね? またその立場上、原作準拠のエピソードが増えた昨今において出番が減っている。どうしても忍たまの数少ない女の子キャラという事もあり、腐ったお友達にはかなり不評である。
ユキ(cv:
國府田マリ子→丹下桜→國府田マリ子
行儀見習いで入学したお嬢様。アニメでは貧乏くじを引くことも多い。ヒロインとしては乱太郎と対になる。6年生では食満派。
トモミ(cv:江森浩子)
強くなるために入学したバリバリの武闘派。ヒロインとしてはきり丸と対だが乱太郎とカップリングされることもある(アニメでオリジナルキャラの農家の両親が登場したさいに訳のわからない結婚話が浮上し、ユキとおシゲが拉致ってきた乱太郎を婚約者と言い張ったり、山本シナ先生の変装を見破ろうと乱太郎を相手に取っ組み合ったり等)。くのいち教室の学級委員長だが学級委員長委員会所属ではない模様。6年生では仙蔵派。
おシゲちゃん(大川シゲ)(cv:むたあきこ)
しんべヱと対になるヒロインが原作内に見あたらないため、彼女はアニメオリジナル。ただし原作者が執筆したプリンセスコミックバージョンには出ているので完全にアニメオリジナルというには微妙な扱い。それと学園長の? 6916 ??であるということは忘れられてそうである。しんべヱとラブラブだが6年生では伊作派。
しおり(cv:摩味→渡辺久美子→佐藤智恵→桃森すもも)
アニメオリジナルキャラクターから原作にも登場。原作にはおシゲがいないため、原作でのユキ、トモミのツッコミを代行している。が、アニメでは当然のごとく、彼女の出番はおシゲに替えられている。
そうこ(cv:鈴木富子→渡辺久美子→吉田小南美)
アニメオリジナルキャラクターから原作にも登場。まるで藤子F不二雄のアニメに出てきそうなキャラクター。アニメスタッフによって勝手に大食い設定にされてしまった。
みか(cv:摩味→若葉ようこ→瀬那歩美)
アニメオリジナルキャラクターから原作にも登場。原作では髷を結ってるが、アニメでは結っていない。どこから出てんの?身長はおシゲの次に低い。
あやか(cv:佐藤智恵→三石琴乃→樹元オリエ)
アニメオリジナルキャラクターから原作にも登場。身長はくのいち教室で一番背が高い。
なおみ(cv:石川寛美→野中藍)
アニメオリジナルキャラクター。そばかすが特徴。まともな名前なのに原作には登場しなかった可哀相な子。
在籍教師等
土井 半助(どい はんすけ)(cv:関俊彦

1年は組の教科担任。たぶん主役三人組の次に人気かつ知名度がある、忍者教師のキングオブキングス。頬骨と鼻がやたら高い。永遠の25歳独身コブ(きり丸)つきで神経性胃炎持ち。何を言われようと練り物が大嫌い。なるとなど論外である。公式人気投票にて利吉と並び総投票数の半分を獲得した最強の初恋ハンターである。最近、一方的に勝負を挑んでくるライバル(笑)が出来た。昔は桃太郎をもじってる鬼だった。最近では、戦国時代ならではの悲しい過去が判明している。
山田 伝蔵(やまだ でんぞう)(cv:(初代)大塚周夫)(cv:(2代目)大塚明夫
1年は組の実技担任。こちらも忍者教師のキングオブキングスだが、自分の女装に絶対的な自信を持っている(客観性は全然ない)ので、クイーンと呼んであげたほうが喜ぶ。忍術学園で学年問わず女装の授業があるのはだいたいこの人のせい。そんな女装癖を隠そうともしないが妻子持ち。ただし単身赴任しっぱなしで息子も独立済みのため、皮肉をこめた品(大量のかみそり等)をよく妻から贈られる。
安藤 夏之丞(あんどう なつのじょう)(cv:(初代)徳丸完)(cv:(2代目)小形満)
1年い組の教科担任。実力・ビジュアル・笑いのセンス等で、い組はは組に圧倒的に勝利していると公言してはばからない油ギッシュ親父。どうもい組と同じくペーパーテストのみ優秀なタイプで、あっさり敵に捕まったりもした。とてつもなく似ている娘が居る。
厚着 太逸(あつぎ たいつ)(cv:(初代)中博史)(cv:(2代目)中嶋聡彦)
かなり無茶な実技教育で学園では有名。
斜堂 影麿(しゃどう かげまろ)(cv:鈴木清信)
1年ろ組の教科担任。昼間でも人魂標準装備の暗い先生だが、呪いなどオカルト関係には「非科学的」と懐疑的(一度研究することはした模様)。無理に明るく振る舞うと体調を崩し、体調を崩すと明るくなる。
日向 墨男(ひなた ぼくお)(cv:中嶋聡彦)
1年ろ組の実技担任。明るい性格だがそれは晴れているときのみ。雨が降ると暗くなってしまうので、プラスマイナスで勘定した結果、ろ組の生徒は暗くなる。
野村 雄三(のむら ゆうぞう)(cv:藤原啓治)
2年生の実技担当。なぜかアニメでは下唇が厚ぼったくキャラデザが変更されたが、いつの間にか原作通りの顔になっている。ラッキョウが嫌いで、口に入れるだけで泡吹いて気絶しかけるほどである。ライバルの大木雅之助がよく授業を邪魔しに来るようで、はたして期間内にちゃんと授業カリキュラムを終えているのか怪しい面がある。大木雅之助というライバルがいるなら腐ったお友達の餌食になりそうなものだが、案外そういった類の物は少ない。
山本 シナ(やまもと シナ)(cv:小林優子)
くのいち教室の実技及び教科担任。年齢不詳。変装の名人で若い女性と老婆の姿を持つが、それ以外にイケメンに変装したりもする。基本的に若いときは厳しく、老婆のときは優しい。何度も言うが年齢不詳。女の忍者に歳はない。
小松田 秀作(こまつだ しゅうさく)(cv:山崎たくみ)
とりっぴいのような声で喋る。就職活動の時に安定性の忍術学園か、高給待遇のドクタケに就職するかで思い悩むが、結局安定性を選んで忍術学園に就職する。しかし彼の能力は、ハンス・フォン・ゼークトの組織論における「無能な働き者」である。忍者としての素質の成長は絶望的で、忍術学園で起きる事件の一割の原因が彼だといわれるほどのトラブルメーカーだが事務員として皆に慕われている模様。マニュアル小僧なのでマニュアルに書いてないことには対処できない。吉野先生の事が嫌いなのだろうかと思ってしまうくらい、お茶をぶちまけたり資料をぶちまけたりする。そんな彼でもクビにならないところに忍術学園の終身雇用体制の頑強さが窺える。入門表、出門表にサインをしない奴は決して許さず、地の果てまで探し当て追いかけ続けるので、どこかしらで才能の使い方を間違ってしまっていると思われる。
食堂のおばちゃん(本名不明)(cv:巴菁子)
忍術を使わないのに忍術学園最強。「お残しは許しまへんでー!」が口癖。原作ではそこまで出番がないのに日本でもっとも有名なおばちゃんアニメキャラの一人だとおもわれる。
大川平次渦正(おおかわへいじうずまさ)(cv:辻村真人)(cv:(2代目)浦山迅)(cv:(若い頃)飛田展男)
迷惑な学園長。この人の気まぐれで学校行事が増えたり減ったりする。稀にまともな発言をする。昔は天才忍者と言われていたが、70歳もとうに過ぎた現在はボケ老人。しかし昔の栄光のせいで未だ暗殺者を差し向けられる。アニメでは孫娘が学園の生徒。
ヘムヘム(へむへむ)(cv:(初代)松尾銀三)(cv:(2代目)島田敏)
犬ということにされているが50年近く生きていることが判明しているので妖怪の疑惑もある。実はアニメオリジナルキャラ。(一応、モデルとなる犬が原作にいる)日本でもっとも有名なアニメオリジナルキャラの一人だと思われる。初期に良くやっていた「ヘ?ムヘムヘムヘムッ」という笑い声は「チキチキマシン猛レース」のケンケンのパロディである。分かる人がどれだけいるだろうか。言葉をしゃべらないだけで、そこらの人間よりはかなり有能なことが判明している。
大木雅之介(おおき まさのすけ)(cv:(初代)高木渉)(cv:(2代目)子安武人
現在は杭瀬村でラッキョウを作っている、元学園教師。絵本では彼が一年は組の担任になっている。「どこんじょー!」が口癖。ラッキョウを抜く時、登場する時、やたら「どこんじょー!」を連呼する。忍たま三人組が出典不明の「どこんじょーの歌」を歌っていることもしばしば。因みに何故か「ラッキョウ」ではなく「ラッキョ」と書かれる。あまり素晴らしいキャラ立ちがあるわけでもないのにこのcvは何かと問題のあの局の本気加減がうかがえる。
学園によく足を運ぶ人物等
兵庫水軍兵庫水軍(ひょうごすいぐん)とは、村上水軍をパクった優秀な海賊衆である。自衛隊の海軍からは独立し、瀬戸内海を牛耳っている。水軍の総大将は海賊王の兵庫第三協栄丸、キャプテンは蜉蝣、班長は疾風、リーダーは義丸、エースは鬼蜘蛛丸が務める。もはや水軍のみ忍たまから独立し、海賊王に俺はなる!的なアニメが出来ちゃうんじゃないだろうかと思う程、しっかり役職が決まっている。


次ページ
記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション
Wikipediaで表示
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしUncyclopedia

Size:57 KB
出典: 悪質なデマサイト『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:undef