後天性免疫不全症候群
[Uncyclopedia|▼Menu]

医療情報に関する注意:ご自身の健康問題に関しては、ためしてガッテンDHCで何とかしてください。免責事項もお読みください。


ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「後天性免疫不全症候群」の項目を執筆しています。この記事「エイズ」は何故かアンディクショナリーにも項目がありダブっています。どちらが真実なのかは神のみぞ知ります。

後天性免疫不全症候群(こうてんせいめんえきふぜんしょうこうぐん)とは、人間関係を破壊して後天的に人前に出ることの免疫不全を起こす免疫不全症の事である。進行すると、「近寄らないで!その手で触れないで!」と言われる究極の嫌われるにはもってこいのウイルスである。目次

1 症状

1.1 急性感染期

1.2 無症候期

1.3 発病期


2 発症しているか、の見分け方

3 起源

4 関連項目

症状
急性感染期

感染して1?2週間程は、友人から嫌味、私物の無断使用など軽い嫌がらせに近いことを受ける。しかし、こういった症状に気付いても単に「機嫌が悪いようだ」と放置することも多く、また症状に気づかない人もいる。ただ、これらの症状があったからといって感染したと判断するのは早計であり、友人が鈍感である場合もあるため注意をしなければならない。
無症候期

多くの人は急性感染期を過ぎると、症状が発現しなくなる。しかし、裏では症状が進行しているのである。エクストリーム・無視が行われ始めるのは、大概このころである。
発病期

無症候期後、症状が臨界点を越えると身体的な損害を被ることになる。多くの場合、執拗な殴打、罵詈雑言、etc.の症状によってカウンセラーのもとを訪れ、検査結果から感染が判明する。続いて、自らにだるい、つかれっぽい、弱い、HPが1になるなどと、ここのサーバのようにかなり重い症状が現れる。その後、普通の人間生活をもはや送ることは不可能となる。最重度になると、ビルから飛び降りなどをし、最終的に死に至ることは間違いない。 5a04
発症しているか、の見分け方

処女童貞ならばほぼ発症していません。
起源

鎌倉時代には村八分によって感染者が隔離されていたことが確認されている。大正時代には専用の病院が作られ、専用通貨も作られた。なんかカメルーンのチンパンジーが発症元って偉い人が言ってるみたいだけど、じゃあどうやって人間に感染したのかしらね。
関連項目

ハンセン病

セックス


この「後天性免疫不全症候群」には
まだまともなことがかかれてないけど、
おいしいものをたべてかきくわえたらなおるよ! (Portal:スタブ)

[[Category:伝染病]



更新日時:2019年4月10日(水)21:34
取得日時:2021/04/02 17:07


記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション
Wikipediaで表示
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしUncyclopedia

Size:5840 Bytes
出典: へっぽこ実験ウィキ『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:undef