平成
是非お友達にも!
■暇つぶし何某■

[Uncyclopedia|▼Menu]
出典: 八百科事典アンサイクロペディア(大丈夫、本当の項目名は明仁だから。君は間違っていないよ。)

この記事については以下のようなことが主張されているようです。

この記事は誤りと嘘八百でいっぱいの百科事典である
アンサイクロペディアに掲載されています。ここにあるコンテンツはその全て、もしくは一部がフィクションですが、同時にそうではない可能性もあるなど、言うなれば「超フィクション」の状態にあります。つまり、全て嘘八百ということです!したがって実在する人物・事件・団体とは一切関係ありません!

ここにはあなたの社会的評価を害するに足る事実はありません!名誉毀損で刑事告訴しないでください!

あなたの社会的評価は全く傷付いておらず、損害は全く生じていません!損害賠償請求しないでください!

あなたの経済的評価を損なう危険は全くありません!信用毀損で刑事告訴出来ますが、時間の無駄です!

この記事を読んであなたが当局に逮捕されても、一切責任を負いません!

そのほかこの記事のために発生した損失や損害について、一切責任を負いません!

畏クモ天皇陛下ハ御自ラ全臣民ノ爲ニ
本項ノ全内容ヲ天覽遊ハサレタリ 大本營認可本項ノ全文章及全内容ハ完全ニ正シキ事實トシテ大本營ニ依リ認可セラレタリ
全臣民ノ爲ニ畏クモ現人神タル天皇陛下ハ御自ラ本項ニ御目ヲ通サレ給ヘリ
此ノ項目ノ内容ヲ疑フハ現人神タル天皇陛下ヲ疑フト同義ニシテ
誤リタル思想ヲ持ツトセラルヽ場合ハ政治犯思想犯トシテ内亂罪ノ對象トス

この記事は右に寄り過ぎています。
ここが真ん中です。

ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「明仁」の項目を執筆しています。 我らが陛下

検閲により削除検閲により削除、1933年12月23日 - )は、畏くも日本国の現在の天皇(今上天皇)であらせられる。先帝・昭和天皇香淳皇后の第一皇子。英国王、ローマ教皇の遥か上をゆく、世界最高の権威の持ち主であらせられる[テストに出るよ!]。
目次

1 呼称に関して

2 御略歴

2.1 少年時代

2.2 皇太子時代

2.3 御即位後


呼称に関して

御名は「検閲により削除」とおっしゃるが、外国の王のように名を直接お呼び申し上げるのは恐れ多く不敬であるため、現任者を指す「今上天皇」(きんじょうてんのう)、あるいは「天皇陛下」等とお呼びするのが適切である。しかし世の多くの非国民は、不敬にも「今の天皇」や「あきちゃん」、「天ちゃん」という呼び方を好む。

元号が平成だからといって父君同様に「平成天皇」などと呼べば、紛糾間違いなしであろう。なぜなら、それは死後に贈られる名前だからである。 3ee5 [テストに出るよ!]
御略歴
少年時代

昭和8年(皇紀2593年/西暦1933年)午前6時39分、瑞雲こむる大八洲に静かな夜明けと共に、宮城(現皇居)内の御参殿にて御降誕あそばす。御称号は「継宮」(つぐのみや)とされ、まさに生まれながらの日嗣の皇子であらせられた。

ちなみに、御降誕当時の流行歌に「日嗣の皇子(みこ)は生(あ)れましぬ」という歌詞があるのを「あれまあ死ぬ」だと思った庶民は、全員が不敬罪で極刑に処されたという。

幼き日より、父君母君陛下・姉君方と別離し、徹底した帝王教育をお受けになるが、継宮殿下は孤独な日々に悩みも多かったと伝わる。

昭和20年(皇紀2605年/西暦1945年)、大日本帝国お察し下さいし、継宮殿下の御教育・御環境も大きな変貌を遂げる。殿下は若干12歳ながら「平和國家建設」との書をしたため、改めて日本のため・民のため尽くすと言う御決意を御表明された。学習院の御学友方は、華族制度の廃止により、自由になったことを喜ばれたが、継宮殿下は従来とあまり変わられなかった。家庭教師となったアメリカ人女性・ヴァイニング夫人により、「ジミー」なる英語名を付けられかけたが、自ら拒絶し、大日本帝国が鬼畜米国の植民地となることをハッキリと否定なさった。
皇太子時代

昭和27年(皇紀2612年/西暦1952年)11月10日、立太子の礼が行なわれ、名実共に日本国の皇太子となられた。この年は日本国が独立を回復した年であり、殿下の御存在は再び甦る日本国の希望そのものであられた。

翌年より、半年余りに渡り、先帝陛下の御名代として、欧米各国を御訪問された。戦火に汚れていない殿下が、かつての敵国を御訪問されその友好に務められる事は、国際社会への復帰の第一歩であり、100万人もの人々が殿下の御出立を見送った。しかしながら、ご自身の勉学を中断してまで御名代を務められた殿下は学習院大学の単位が足りず、留年するよりはと聴講生として御学問を続けられる道を選ばれた。

殿下は乗馬・テニス等に優れておられ、身長こそお察し下さいなものの、爽やかな物腰は大和撫子の憧れの的であられた。しかしながら御結婚となると躊躇する者も多く、殿下ご自身も結婚は不可能やも知れぬと悩まれたと伝わる。昭和32年(皇紀2617年/西暦1957年)8月19日、軽井沢のテニス大会にて、正田美智子と出会う。正田嬢の清楚な美貌と知性にお心を引かれた殿下は、その後も熱心にテニスに誘われたり、正田嬢の御写真を撮影されたりした。

皇太子殿下は友人を介して電話で説得した末、正田嬢から御求婚に対する承諾を得られた。先帝陛下の御了承もあり、最終的に満場一致で可決。御婚約の運びとなった。正田嬢の世を超越したような美貌には、殿下のみならず国民も魅せられ、熱烈な奉祝をもって御二人の御結婚を歓迎した。

昭和34年(皇紀2619年/西暦1959年)4月10日、御結婚の儀が執り行われた。あまりにも優雅で華麗な馬車での御成婚パレードは、数十年を経てなお色褪せぬ伝説として語り継がれている[テストに出るよ!]。

御二人は仲睦まじく、浩宮徳仁親王殿下・礼宮文仁親王殿下・紀宮清子内親王殿下が御降誕になられた。左翼全盛の世に、努めて誠実に国民のために尽くされるお姿は、日本国民の勤勉さの象徴であられた。
御即位後

昭和64年(皇紀2649年/西暦1989年)1月7日、先帝陛下が御崩御あらせられる。それに伴い皇太子殿下がご即位、翌日より「平成」の御代となる。「国民と共に日本国憲法を守り、国運の一層の進展と世界平和、人類の福祉の増進を切に希望して止みません」と、天皇の地位が(頭のネジがぶっとんだかわいそうなたちが崇拝する)日本国憲法に記された地位であることを世に知らしめられた。

平成4年(皇紀2652年/西暦1992年)には、中華人民共和国を御訪問。天安門事件で孤立していた未開の人権蹂躙国家であるが、天皇陛下の御訪中により国際社会から許された。


ご協力下さい!!
★暇つぶし何某★

[次ページ]
[記事の検索]
[おまかせリスト]
[ブックマーク登録]
[mixiチェック!]
[Twitterに投稿]
[オプション]
[Wikipediaで表示]
[話題のニュース]
[列車運行情報]
[暇つぶしUncyclopedia]

Size:13 KB
出典: フリー誤報百科事典『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:FIRTREE