平成仮面ライダー
[Uncyclopedia|▼Menu]
…が展開されることになった。そしてビルドやその相棒・万丈龍我、略してバガこと仮面ライダークローズらの活躍により黒幕である異星人エボルトの悪行は亜空間の中に葬り去られ、二の世界はまた一に還った、<Be The One>…のである。かくして一つになった世界は、絶対的なる王の誕生の地となる。
仮面ライダージオウ
「祝え! 次代の王の誕生を!!」
2018年より始まる、平成ライダー第20号の物語。ジオウとは次なる王にして時の王、ZI-Oとは21にして0、世界にして始祖たる全能の王をしろ示す言葉である! この物語は2018年の秋、平凡な高校生常盤ソウゴの日常から幕を開ける。常盤ソウゴとは「時は相互」であり、仮面ライダーの世界を作り上げた「萬画の王様」石ノ森章太郎が同胞としのぎを削っていた「トキワ荘」にも相通ずる名である。膨大な器を持ち、「王様」__石ノ森の辿り着いたその座を目指す常盤ソウゴは、ビルドを始めとする数多くのレジェンドライダーたちの力を奪い取り、その力を宿したライドウォッチでライダーの鎧を身に纏う。それこそ、膨大な道に分かれた平成ライダーの未来の最終決定に他ならない。いずれ我らが王は全ての平成ライダーの力をわが物とし、愚かなる民衆の前に君臨する。それは絶対の王であり、絶対の平和を齎す者である。過去へ向かい、ライダーの力を奪い取った暁には、同一の力を有する怪人たちもまた消える。よく考えてみてほしい。ライダーがいなければ、悪役とされた怪人も生まれてはこないのだ。ゆえにジオウは全ての悪と善の力を無に帰す。それこそが平和の証なのだから。人間は戦い続ける。それは平成ライダーの歴史を見れば明らかである。考えても見てほしい。13人ものライダーが私利私欲のために闘い続けた仮面ライダー龍騎。自らの権力を守る為に加速した世界で戦っていた仮面ライダーカブト。戦国時代と称し覇権のために全能の果実を奪い合い死者まで出した仮面ライダー鎧武。くだらないゲームのために何万人もの人々を犠牲にしようとした愚かな親子と人々を救うために立ち上がった医者たちが電脳世界と現実世界を股にかけて戦った仮面ライダーエグゼイド。そしてついに代理戦争の道具にまでなり下がった仮面ライダービルド。それらは全て、力を持った者は他人の意見を尊重せず叩きのめしたがるという、原始時代より変わらぬ人間の性ではなかったのか。ジオウは君臨する。全ての時間を支配し、永遠恒久の平和を齎す為に。それこそが、時代を作るヒーローの役目なのだから。全ての平成ライダーは、ジオウに力を与えるためだけに存在していたのである。ジオウは時の王者オーマジオウとなり、平成ライダーの物語は終結した。
関連項目

仮面ライダー

平成


この記事は偉大なる次代の王に関する項目に当たります。この項目は未完成ですが、皆様の追記に関しては一つお願いがございます。この項目の微細な改変はともかく、黒塗り部分などの改変に関しては『仮面ライダージオウ』内で明確に歴史改変が行われ、我らが王がその力を手にした後でお願いいたします。では、よい旅を…。 (Portal:スタブ)


更新日時:2019年9月2日(月)23:51
取得日時:2019/09/17 23:48


記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション
Wikipediaで表示
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしUncyclopedia

Size:49 KB
出典: へっぽこ実験ウィキ『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:undef