平安時代
[Uncyclopedia|▼Menu]
□記事を途中から表示しています
[最初から表示]

…資料[編集]
『扶桑略記』(ふそうりゃっき):神武天皇以来の史実を交えた資料。平安時代を書く上での必携本。

大鏡』(おおかがみ):四鏡の元祖。平安時代の設定をまとめた資料で非常に完成度が高く、後に続編を騙る同人誌が三部制作された。

今鏡』(いまかがみ):四鏡の二。作者の偏りから政治などの設定はほとんど作られなかった。

枕草子』(まくらのそうし):平安時代の設定についていちゃもんをつけたペンネーム清少納言のオナニー本。

『新撰姓氏録』(しんせんしょうじろく):平安時代を書いたプロ作家、同人作家を余すことなく網羅する。

『紫式部日記』(むらさきしきぶにっき):『源氏物語』の作者・紫式部が源氏物語裁判から賠償金完済までの生活を記した本。

関連項目

平安京


更新日時:2018年3月18日(日)10:13
取得日時:2020/09/14 03:58
記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション
Wikipediaで表示
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしUncyclopedia

Size:12 KB
出典: フリー誤報百科事典『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:undef