常温核融合
[Uncyclopedia|▼Menu]
「決して分かろうとしない人がいる。六十年前に飛行の可能性をあざけった人、あるいは十年前(いえ、たった五年前!)惑星へ旅することを笑った人は今、星は私たちの手の届かないところだと確信している。またもや彼らは間違っている。私たちの時代の巨大な教訓を把握していない。それはもし何か理論上可能なら、現実になるのに基礎科学の法則が反対しないなら、遅かれ早かれそれは達成される。」
? 常温核融合 について、アーサー・C・クラーク「…よりよいエネルギー源が人類の能力を増し、何のせいで起きているにせよ、地球温暖化が及ぼす影響を抱えて生き延びるだろう。都市を海岸線から移したり、ある都市をポンプで排水し堤防で守る、あるいは普通の農地には乾きすぎている土地に散水したり、ある一定の場所だけ隔離して快適な生活を送るように環境を作り出すなどするのには莫大なエネルギーがかかる。」
? 常温核融合 について、エドムンド・ストームズ「新しい科学の真実の勝利は反対の人を目から鱗が落ちるように説得させるわけではなくて、むしろ反対派はだんだん死んでいき、その新しい真実に慣れた新しい世代が成長してくる。」
? 常温核融合 について、マックス・プランク「反応せぬなら壊してしまえ核融合」
? 常温核融合 について、織田信長

似非科学と決めつけた元東京大学学長で原子核物理学者である有馬朗人氏を坊主頭にしようと狙っている研究者もいる。
目次

1 常温核融合とは

2 歴史

3 ビーカーの中の人

4 関連事項

5 外部リンク

常温核融合とは

常温核融合(ぢょうおんかくゆうごう)もしくは低温核融合とは、化学と物理学の区分をぶっ壊す今世紀最大の最先端学問。エネルギー源になりえるかどうかは、研究費用奪取作戦参謀の能力如何である。研究費用不足で基礎研究すらままならないのが現状。一方で、この技術が実用化されると得られる富が余りに多過ぎる事と新技術の実施障壁がごく低い事が容易に推定されるため、金に目がくらんだ企業や研究者たちが、成果を隠す傾向が強くなって来ている。そして、広報はすれども技術内容を公開しないため2010年ころから研究の進展が減速している。

常温核融合研究に関係する現象は20世紀前半から確認されていたが、常温核融合の真の現象確認は20世紀末に天動説の時代に地動説を唱えたコペルニクス風な地動説の如くセンセーショナルに登場することとなる。その登場のさまは、まさにアル・ゴア(アルバート・アーノルド “アル” ゴア・ジュニア)著の「不都合な真実」の如く不運にもインチキ風に登場してしまったため、学会や権力を振りかざす学者の隅にも置けないような途轍もなくお利口さんな研究者から巾広くコテンパンに叩きのめされることとなる。

おうおうにして学問が激しく躍進する場合は、長きにわたる人類史に対立し人智を超えた現象を前に誰もが疑い、身じろぎ、ヌミノースな身震いすら起すのは常識だ。まさにこの事件はコペルニクス以来の珍事なのだよ。この世は自己中心主義なのだよ、自己が中心にあって、取り巻きが回っているのだよ。

ま、学問以前にこの世界が優先して横たわっているのにもかかわらず、学問が世界を規定することはできないのだよ、ペテン学者共よ。
歴史

常温核融合はフライシュマンとポンスが発見して、1989 年3月に発表した。その以前にほかの研究者はごく瞬間的な証拠は認めた。1920 年代にパンスとピータースは水素吸蔵合金は室温で核反応を起こしを発生していると報告した。後にパンスはそのは三日三晩排便をしなかったときのように臭かったと論文上で述べている。

キムの説によると1934 年にデイは常温核融合のすかしっの兆しを観察した。1981 年ごろフライシュマンとポンスが研究を始めたころ、水野は重水素化パラジウムから妙な荷電粒子を観察したが機器誤差としてはねつけた。この早期の研究者たちと違いフライシュマンとポンスは明らかな兆候を何回も認め、わりと信頼性のたかい再現性のいい結果を得ることとなる。
ビーカーの中の人

常温核融合とは特定の条件において、金属水素化物(スポンジ頭のように何でも知識を吸い込むような水素を吸い取る金属)の中で起こる智恵熱反応である。なおこの反応は、教授から論文の要約を述べよと命令されたビーカーの中に住む小人が、難しい物理学論文を前に手に汗を握りながら読んで起す知識の消化不良であり、つまり智恵熱の仕業である。

この反応過程においては、屁、マイナス偽イオンが検出されるが、極稀にとても低い率で六ヶ所村の放出も確認されている。また、ある実験では試料の金玉が錬金(術)されれ変異した。(鉄と硫黄が金に変化すること)この変異反応はパラジウム、ティンコ、ニッキ、超伝導セラミック、洞窟の中に住む金属小人(ユング心理学、またはギリシャ神話を参照)などで観察された。
関連事項

低温核融合


核変換

核融合

似非科学

外部リンク

「未来を築く常温核融合」(日本語版)ジェト・ロスウェル著。アーサー・C・クラーク推薦。(PDF形式)

Japan CF-rearch Society

三菱重工業株式会社 先進技術研究センター:製品技術 - 元素の種類が変化する新現象の研究

LENR-CANR.org - 常温核融合に関する500本以上の論文を掲載。

「常温核融合プロジェクト」 - 北海道大学院工学研究科量子エネルギー 水野忠彦(PDF形式)

HotWired Japan - 「UCLAで常温核融合成功、ただし発生エネルギーは少量」

常温核融合研究騒動 - 原子力図書館(財)日本原子力文化振興財団

常温核融合反応追試実験 - 原子力図書館(財)日本原子力文化振興財団

常温核融合研究の現状


常温核融合は執筆者が光速に近い速さで書いたため、ローレンツ収縮により短くなっています。もっとゆっくり書いてくださる協力者を求めています。 (Portal:スタブ)


更新日時:2016年6月17日(金)19:00
取得日時:2019/07/13 17:37


記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション
Wikipediaで表示
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしUncyclopedia

Size:7703 Bytes
出典: 悪質なデマサイト『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:undef