左甚五郎
[Uncyclopedia|▼Menu]

左 甚五郎(ひだり じんごろう、生没年不詳)は、江戸時代に活躍した伝説的な彫刻職人にして、宮大工である。
目次

1 概要

2 人物

3 代表作品

4 子孫

概要

大阪府貝塚市出身。主な活動期間は、文禄年間から慶安年間である。その活躍は、落語や講談で語り継がれている。

彼は、江戸幕府密偵として各地を放浪していた。そして、放浪した先々で偽装のために彫刻を行っていた。左甚五郎作と伝えられる作品が日本各地に存在するのは、このためである。
人物

彼は密偵であるとともに、名彫刻家だったので、各地の大名や大工に妬まれた。時には、腕を切り落とされる事もあったが、その度に新たな腕が生えてきたことから、彼の超人振りがうかがえる。また、江戸城の改築にも携わり、その構造上の秘密を知り尽くしていたために命を狙われたことも数多くある。

その一方でうっかりな面もあり、よくを忘れる。京都の知恩院の物がよく知られている。

また、作品を完成させると動き出すことでも有名。一種のからくりと思われるが、動作機構が存在しないのがである。

無銭飲食・無銭宿泊の常習犯でもある。連泊したうえに毎日後払いで酒をのみ、代金を請求されると金がないと開き直り、金の代わりに作品を作り、その作品が高値で売れて宿の主人の態度が変わるところまでがお約束である。それならそうと最初からそうすればいいのにね。
代表作品

たった一人で日本国内全ての世界遺産の彫刻を手掛けた。

日光東照宮(日光市)眠り

出雲大社出雲市の獣

秩父神社(秩父市)つなぎの

祇園祭京都市)鯉山の

圓教寺(姫路市力士

江戸幕府に緊急事態が起きた場合には、この5体のからくりが合体して巨大からくりに変形する仕組みになっていた。この機能は明治維新の際に幕府側の最後の切り札であったが、勝海舟の決断によって停止された。
子孫

左甚五郎の子孫は存在するが、明治維新の混乱により記録が失われている。

第二次世界大戦中には、戦艦大和を一刀彫で作成した。しかし旧日本軍の特攻作戦に使われて沈没したことに絶望し、終戦直前にドイツに渡った。東ドイツ政権下で、彼らの技量は軍事機密事項とされ、マイスト資格を得た。その後、代々「マイスト・ヒダリ」を名乗るようになっている。

25世紀には、マイスト・ヒダリが太陽系で一番のマイストとして知られるようになっている。ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「左甚五郎」の項目を執筆しています。

この項目「左甚五郎」は、壮大なネタ振りです。誰か、人類の歴史に残るようなとてつもなく面白いネタを書いてください。
私には書けません。 (Portal:スタブ)


更新日時:2017年4月28日(金)15:41
取得日時:2019/09/17 21:38


記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション
Wikipediaで表示
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしUncyclopedia

Size:4873 Bytes
出典: フリー誤報百科事典『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:undef