山陽新幹線
[Uncyclopedia|▼Menu]
□記事を途中から表示しています
[最初から表示]

…駅[編集]別名東広島信号所。退避のために通過線(以下略)。しかし、在来線の通らない駅でありながら、もともと人口はそれなりにいる地区であり、沿線開発も進んでいるためか、利用者は思ったよりも多い。山陽線西条駅行きのバスなどがあり、それなりに機 311f 能しているようだ。それでも利用者は決して多いものではなく、「へぇけ、こんなちさい駅作らんでもよかったんじゃ。」という意見が地元民からさえ聞ける(←地元請願駅なので、東広島市のお金で作ったから)。市名は確かに東広島市だが、別に知名度が高い新西条駅でもよかった気がするが、方角の問題だったのだろうか、どうしても駅名に「広島」の文字を入れたかったのだろうか、却下されたようだ。しかし、合併から相当の年月が流れているにも関わらず、この辺の地区のことを(実際は旧西条町でもないのに)未だに「西条地区」とか、単に「西条」と呼ぶ広島県民は多い。こともあろうに、実は三原市にある広島空港も、山陽本線白市駅からバスでアクセスできることもあって、西条にあると思っている人もいる。こう考えると、単に広島の東にあるだけの駅なのかもしれない。
広島駅中国地方最大の駅。JR各線以外に広島電鉄が駅前まで伸びているためその市内を含む各方面へ向かう路線にも乗り換えが可能である。当然すべての旅客列車が停車する。かつて芸備線に急行列車が走っていたため、乗継割引という技が使えたが、廃止されてしまったため広島駅でそれが可能な列車はなくなった。これについては、同じく廃止されてしまった各種寝台特急でも言えたことである。つまり、山陽本線、芸備線、可部線、呉線と乗り換えられる路線数はかなりのものだが、新幹線から在来線定期列車への乗り換えが普通(快速)電車だけだということである。広島近郊のシティでないところは止まらんと言わんばかりの西条(呉)?広島(岩国)間快速「シティライナー」「通勤ライナー」などがあるが、快速電車の本数そのものが削減されたり、停車駅は年々増えつつある。ホームの雰囲気や各列車を見ると一言でいえば、昭和である。広島市は、「Discovery JNRキャンペーン」を年中実施中の政令指定都市である。さすがに駅規模が大きく、町も発展しており、駅前にはまず何でもそろっているので不便はない。駅構内やその周辺のJR西日本の息がかかった施設では電子マネーとしてICOCAのほかに、相互利用できるSuicaも利用できるが、東海道から直通してくるにも関わらずJR東海のEX-ICは使えるけど、TOICAは使えない。
新岩国駅別名新岩国信号所。退避のために通(以下略)。かつての国鉄岩日線であった錦川清流線という第3セクター最寄り駅から徒歩10分程度で乗り換えが可能となっているが、これは利用者への嫌がらせとしか思えない。もちろん両者とも本数が破滅的に少なく、接続も悪い。山陽新幹線をこの駅から公共鉄道で利用するくらいなら、目的地までマイカーを利用するか、素直に広島駅に行ったほうがいいかもしれない。そんなわけで、やはりここもその存在意義が疑われている駅の一つである。山陽新幹線でフラップボード式の列車案内が最後まで残っていたが、逆に言うと、それだけ最後まで放置…おや、誰か来たようだ
徳山駅市名が周南市と改まったが、駅名は改称されず残された。忘れた頃にのぞみが止まることがある。また、たまに小郡(新山口)は通過のひかりレールスターも、まるで小郡駅を挑発するかのようにこの駅に止まることがある。線形上の都合か、通過するものも含めて全列車が手前で減速する。煙突がたくさん海岸に並んでいるのが見えるので、徳山駅だと容易にわかる。山口県でも比較的大きな都市だが、合併の関係で下松市がそれを邪魔をするかのように結構東西南北に広い。山陽本線と岩徳線はお乗り換え。余談だが、山陽新幹線の経路は岩徳線経由で計算されている。これは、かつて岩徳線を山陽本線にしようという計画があったからである。そのため、岩徳線は、全線が単線非電化だが、各駅のホームが異様に長く、離合もできる構造になっているとか。しかし、こちらが山陽本線にならなかったのは、走っている部分が比較的山間部ということで、トンネル工事するのが面倒くさいし、海岸線にある柳井や光などの町が検閲により削除
新山口駅旧駅名は小郡駅だったが西鉄天神大牟田線とは何の関係もない。実は小郡駅は山口駅よりも先に開業しており、山口駅開業のほうが新しいくせに新山口駅へと改称させられた。この駅では、山陽本線、山口線、宇部線、益田・山陰方面特急に乗り換えが可能。当駅にものぞみやひかりレールスター、さくらも結構止まる。かつての小郡駅時代は新神戸駅と同等の扱いを受けており、最速パターン以外は全ての列車が停車していた。その後、新神戸駅は全ての列車が止まるようになったのに対し、新山口駅は福山駅や姫路駅と同じ扱いを受けるようになり、相対的に駅の地位が低下している。のぞみに関しては特にその傾向が顕著だが、姫路駅や福山駅に対抗するかのような千鳥停車駅設定であることが多い。たとえば、当駅停車ののぞみは福山駅を通過、当駅通過ののぞみは福山駅に停車という風になっている。しかし、張り合う相手が新神戸駅や広島駅ではなく、その県第二の都市であるあたり検閲により削除
厚狭駅別名厚狭信号所。退避(以下略)。一応山陽本線のほかに美祢線に乗り換えられる。…と、これくらいしか書くことないことに困るほど存在意義を疑う駅のひとつ。ただ、山陽新幹線各駅では一番新しく、一番いらない子扱いされている駅でもある。実は、在来線の乗り換えによって水増しされているので、厚狭駅そのものは決して利用者が少ない駅ではないが、純粋に新幹線をメインで使おうという利用客は、北陸新幹線安中榛名駅に匹敵するとさえ言われている。山陽新幹線をしょっちゅう利用して、九州と中国地方などをのぞみやひかりレールスターで行き来しま? 2b46 ?っているビジネスマンも、当駅が存在することすら知らない人も結構いると思う。
新下関駅別名新下関信号所。以下同文。下関市へのアクセス目的には、あまりにも不便すぎる駅。たまにひかりレールスター、さくらが止まるが(さくらは新下関発鹿児島中央行がある)、下関市街に行くなら、この駅を通過する列車で次の小倉まで行き、そこからおおむね15分に1本は出ている下関行きに乗り換えたほうがいいだろう。下関市民が東京や大阪に行く場合は、小倉まで行ってから山陽新幹線に乗り換えているのだから。一応、山陽線へ乗り換えが可能で、下関駅までは山陽線で2駅だが、やたらと駅間が長い上に、山陽本線の本数もこの付近の昼間は30?40分に1本ある程度である。下関市が山口県最大の都市であり、その新幹線駅にもかかわらず、その周りにはすがすがしく感じるほど何もない。箱庭のような町並みに呆れさせられる。この駅から西に向かうと、いよいよ山陽新幹線で最も長?い海底を通る新関門トンネル(長さ18713m)を抜けて、本州から九州へと上陸する。この駅は、静かで寝心地がよいことで新幹線車両たちにはひそかな評判となっており、くじ引きで当たった車両が夜の11時頃泊まりにやってくる。最近、近所のマンションから「NNN」とか「ZZZ」とかうるさいという苦情が出ているらしく、いつもは3番線で泊まるところ2番線に泊まっていることがある。
小倉駅北九州市の玄関駅。JRの在来線はすべてJR九州の路線で、関門トンネルを通過する山陽本線、途中で途切れていて鹿児島まで行かない鹿児島本線、なぜか乗り通せば鹿児島まで行く日豊線、それ以外にもいくつか各支線や分岐線に乗り入れる列車があるが、中でもあの伝説の地筑豊へ向かうという筑豊本線直通乗り入れする電車にもここから乗り換えられる。さらにここでは、モノレールにも乗れーる。最近、この駅からアクセスできる終着駅に貨物跡路線を利用したアトラクションができた。
博多駅福岡市の中心兼県庁所在地代表駅。そして、山陽新幹線の終着駅でもある。なのに、在来線扱いとしてそのまま直通する列車まである博多南線が走っているせいか、ここが終着駅という感じは皆無である。各方面への特急や普通列車の走る鹿児島本線、篠栗線や地下鉄(JR筑肥線直通)線はお乗り換え。なんと九州すべての県庁所在地代表駅に乗り換えなしで行けた。過去形になっているのは、鹿児島本線が途中でオレンジ色に染まっており、分断されてしまったため、鹿児島県の代表駅鹿児島中央(旧姓:西鹿児島[1])駅に行くには、乗客全員に熊本県内で乗り換えを強要するようになったためであるが全線開通により鹿児島中央行のさくら、みずほに乗れば乗り換えずに九州の各地へ行けるように再びなった。宮崎?誰も気にしない。また、ここの駅名が福岡ではないのは、JR北陸本線に福岡駅があるからである。駅名は博多、市名は福岡市にという取り決めがあったとかいう経緯については、興味がある人はまじめな辞典などで見てみよう。こことJR九州管轄の九州新幹線がつながり、仲良く相互乗り入れ運転が開始された。しかし、小倉?博多間の競合はどうなるんだろうね。
運用種別と車両
のぞみJR東海と共同でダイヤを引かれているものが多いが、気のせいかある程度そのスジができてから他の列車のダイヤを決められているような気がすることは多分バキューン!!。2010年ダイヤ改正でN700系へと統一され、完全な実用種別にすぎなくなった。停車駅は、新神戸、岡山、広島、小倉に全列車が停車しており、たまに、姫路、福山、新山口の3駅でどれかに止まるという運用が多い。中には徳山や西明石に停車するものもあり、東海道新幹線静岡県とよく似たポジションにある山口県に対して甘い気がする。時刻表を良く見ると、料金表にわざわざ西明石だけ加筆してあるが、たった始発の東京行き1本のために修正が加えられたものであり、迷惑なことこの上ない。2010年の9月についに、のそみレールスターが走った。2017年12月には異臭がしていたのにきちんと確認・報告せずに、台車「HEAT」のバーベキュー大会をやり損ねた。東海道新幹線直通だったが火災帝国審査により名古屋で東京方面は入国禁止となった。そして、10年も台車に細工をしていた真犯人が川崎重工業だった事が2018年2月に発覚したが、当の火災帝国でも乗客が焼身自殺を図るエクストリームスポーツなバーベキュー大会をしたのを忘れてはいけない。2018年7月には麻原彰晃の昇天祭 166f として西日本・大雨ハルマゲドンが発生中に各駅停車「のぞみ」781号が運行される程に超越世界になったと言う。そして、この後の現象は「こだま」でも起きるが後述にて。


速達ひかり(廃止)のぞみ号より停車駅が少ないひかり号。なんと新神戸や小郡(新山口)も通過。ひかり347号の名称で、しかも充当車両は0系だったと言われている。2008年12月14日に走ったという目撃談がある。のぼり列車ひかり340号では、なぜか本来速達停車駅でないはずの三原駅で止まったという話も聞こえてくる。また人によっては、この列車を見た時に高度経済成長の頃のようにビュッフェや食堂車が営業していたと証言をする人もいる。
詐欺ひかり(ひだま)JR東海管内東海道新幹線の京都から(場合によっては名古屋から)各駅停車のひかり号。俗称としてひだま号などと呼ばれることもある。たいていは岡山くらいで力尽きる。16両編成でまず座れるが、利用客の多くの人は、途中でのぞみ号やひかりレールスターに乗り換える。通勤時間帯以外は存在意義を疑う運用である。
ひかりレールスター車体がいつも光っている鉄道の星。8両で台湾新幹線っぽい色のカモノハシ全日本空輸に喧嘩を売りつつ、日本航空にとどめを刺すために投入されたとする説もある。指定席は4人座席なので座席も広く大変乗り得であるが、実は早朝や深夜にこだまレールスターとして運用されるものもあり、この指定席部分も自由席として開放されているという話もある。なぜか、JR東日本Maxのような8+8両編成による併結運転はしない、できない、する気もないという「3ない運動」を実施中である。時間帯によっては需要がありそうな気もするけどね。2012年のダイヤ改正で大半が「さくら」に組み込まれ、現在は2往復半しか運行されていない。行き場を失った列車たちは「こだま」への左遷を喰らった。
ひかり(廃止) 4f92 岩泉線レベルの本数で存在する16両編成のひかり号。N700系が充当される場合もあり(2009年現在は上下線すべてN700系が充当されている)、東海道新幹線から乗り入れてくることもあるが、山陽区間でも定期運用している。きちんと途中に通過する駅もあるし、こだま号も追い越すし、場合によってはのぞみ号にも通過待ちで抜かれることもある。単に当たり前のことを書いているだけなのに、特筆的な事項になってしまう。
こだま 1両編成こだま。連接車。かつては新幹線にあるまじき4両編成であったり、6両編成のやつまでいたとんでも各停。現在はメインでひかりレールスターの左遷組が充当されて運用されている。名実ともに晴れて「こだまレールスター」となったのだ。たいていはいつもガラガラである。また、汚名挽回500系が8両に切られて0系の後継車として運用に入っているが、両数が多い分乗車率は余計ひどくなった。将来は1両編成化される見通しであり、その試作車が近年公開された。ちなみに、500系こだま号の先頭車一部には子供用運転台スペースも装備されており、信号と付き添いの親の許可があれば時速300km出すことが可能である。始発や終電近くの時間帯に、送り込み列車などでも間合い運用に別の車が使われることがあるが、言い出したらきりがないので割愛する。ちなみに、これも2010年のダイヤ改正で、ただでさえ少ない定期運用がさらに減らされる見込みである。特筆すべきは、輸送量レベルで見ても、東海道新幹線の3割程度なのに、少し離れた地区のどこへ行こうともひかり号などの2倍以上の時間がかかる。実は、区間によっては山陽本線を利用したほうが速く目的地に着く場合があることが確認されている。しかし、2018年7月には麻原彰晃の昇天祭として西日本・大雨ハルマゲドンが起こり山陽本線・呉線が長期不通になったために、信号所が山陽本線のワープ乗換駅として機能し特急券なしの定期券乗車が可能状態へと一時的になった。JR酉は定期券利用者を逃さないと必死でこのテロに負けまいと岡山?広島で臨時「こだま」を1本出す位の本気になっているが、これは教祖が起こした最後のテロ事件であると言える。その中を500系ハローキティーで運行されていたのもまた超越世界だった。



さくら・みずほN700系が8両編成で走っているのを目撃したという情報によるものだが、さくらは2005年2月末には廃止された夜行寝台なのかもしれない。中には大きなお友達さくらちゃんの夢を見たと言う目撃者もいる。さらにみずほという、1994年に廃止されたはずの夜行寝台を目撃した例もある。そもそも、新幹線の線路をブルートレインが走っている時点で目撃者の勘違いもいいところである。N700系で見た奇妙な目撃者によると、指定席がグリーン席並であり、グリーン席が革張りだったが流石にグランクラスな2+1席ではなかったと寝言と言っている。
脚注^ ちなみに、鹿児島県の代表駅は、現在の「ここが鹿児島県の中心です。」と主張しまくりの鹿児島中央駅に改称される前も鹿児島駅ではなく、もともと西鹿児島駅であった。

関連項目

山陽本線

東海道新幹線

九州新幹線

西日本超高速鉄道地元投資式会社

信号所
 ・話・編・歴 (0○0) 新幹線 (0○0)

新幹線 :整備新幹線 | 高速鉄道 | 弾丸列車計画 | 新幹線における人身事故 | 新幹線基本計画 | 新幹線大爆破
JR東海 :東海道新幹線 | 中央新幹線
JR西日本 :山陽新幹線 | 北陸新幹線 | 山陰新幹線 | 博多南線
JR九州 :九州新幹線
JR四国 :四国横断新幹線 | 予土線
JR東日本 :東北新幹線 | 山形新幹線 | 秋田新幹線 | 上越新幹線 | 北陸新幹線長野新幹線) | 上越線支線(ガーラ湯沢支線)
JR北海道 :北海道新幹線 | 石勝線
幻 :成田新幹線その後
海外その他 :韓国高速鉄道 | 台湾高速鉄道 | 満州新幹線
列車(西側) :のぞみ | ひかり・ひかりレールスター | こだま | みずほ | さくら | つばめ
列車(北日本) :はやぶさ | はつね | はやて | やまびこ | なすの | こまち | つばさ・とれいゆつばさ
列車(北信越) :とき | たにがわ | Maxとき・Maxたにがわ | 現美新幹線 | かがやき | はくたか | あさま | Maxあさま | つるぎ
車両(西側) :0系 | 100系 | 300系 | 500系 | 700系 | N700系 | 800系
車両(北側) :200系 | 400系 | E1系Max) | 2c06 E2系 | E3系 | E4系Max) | E5系・H5系 | E6系 | E7系・W7系 | E10形
車両(中央) :L0系
試験用車両 :E954形
検測用車両 :ドクターイエロー | East i
 ・話・編・歴 JRの鉄道路線

JR北海道 (新幹線) 北海道新幹線
(在来線の幹線) K●Y●石勝線 | H●N●S●A●函館本線 | H●AP●千歳線
(地方交通線) G●札沼線 | A●石北本線 | 日高本線 | 江差線 | 池北線
JR東日本 (新幹線) 東北新幹線 | 山形新幹線 | 秋田新幹線 | 上越新幹線 | 北陸新幹線 | 長野新幹線
(在来線の幹線) JA赤羽線 | JC五日市線 | JT伊東線 | 内房線 | JC青梅線 | 川越線 | JE京葉線 (JMFUNABASHIデルタ) | 相模線 | 篠ノ井線 | 上越線 | 常磐線 (中距離 | JJ快速 | JL緩行) | 信越本線 | 仙山線 | 仙石線 | 総武本線 (JO快速) | 外房線 | 高崎線 | CO中央本線 (JC快速) | JI鶴見線 | JT東海道本線 | 東北本線 (JU宇都宮線) | 成田線 (JO成田空港線) | JN南武線 (尻手短絡線) | JK根岸線 | 白新線 | 水戸線 | JM武蔵野線 | JY 232d 山手線 | JO横須賀線 | JH横浜線 | 両毛線
(地方交通線) 飯山線 | 越後線 | 大糸線 | 大湊線 | 鹿島線 | 烏山線 | 北上線 | 久留里線 | 津軽線 | 東金線 | 八高線 | 弥彦線 | 米坂線 | 会津線 | 岩泉線
(広域運転系統) 上野東京ライン | JA埼京線 | JS湘南新宿ライン | 仙石東北ライン | 仙台空港アクセス線 | JAJS相鉄・JR直通線 | JB中央・総武緩行線 (総武線各駅停車)
JR東海 (新幹線) 東海道新幹線 | 中央新幹線
(在来線の幹線)  CJ  関西本線 | 紀勢本線 |  CB  御殿場線 |  CF  中央本線 |  CA  東海道本線 ( CA  新垂井線 | 美濃赤坂線)
(地方交通線)  CD  飯田線 |  CG  高山本線 |  CE  武豊線 | 名松線 | 岡多線
JR西日本 (新幹線) 山陽新幹線 | 北陸新幹線
(在来線の幹線)  O  大阪環状線 |  V   Q  関西本線 |  W  紀勢本線 |  P  桜島線 |  H  JR東西線 |  E   A   D  山陰本線 ( E  嵯峨野線) |  A   S   W   X   G   R  山陽本線 ( A  JR神戸線 | 和田岬線) |  C  草津線 |  A  東海道本線 ( A   1453 琵琶湖線 |  A  JR京都線 |  A  JR神戸線) |  D  奈良線 | 博多南線 |  V  伯備線 |  R  阪和線 |  G  福知山線
(地方交通線) 大糸線 |  K  姫新線 |  E  木次線 |  U  吉備線 | 七尾線 |  Z  福塩線 |  T  和歌山線 |  F  三江線 | 若桜線
(広域運転系統)  M  瀬戸大橋線
JR四国 (在来線の幹線) D●K●土讃線 | Y●U●S●予讃線
(地方交通線) U●内子線 | G●予土線
(広域運転系統) 瀬戸大橋線
JR九州 (新幹線) 九州新幹線 (鹿児島・長崎ルート)
(在来線の幹線) 鹿児島本線 | 篠栗線 | 山陽本線 | 筑肥線
(地方交通線) 指宿枕崎線 | 久大本線 | 筑豊本線 | 松浦線


更新日時:2019年10月20日(日)23:10
取得日時:2020/03/28 07:47


記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション
Wikipediaで表示
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしUncyclopedia

Size:64 KB
出典: へっぽこ実験ウィキ『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:undef