屈強な男たちが固い肌色の棒を手で握りしめ力強く速く振り、白いものを柵より遠くに飛ばして点を入れるスポーツ
[Uncyclopedia|▼Menu]

屈強な男たちが固い肌色の棒を手で握りしめ力強く速く振り、白いものを柵より遠くに飛ばして点を入れるスポーツ(くっきょうなおとこたちがかたいはだいろのぼうをてでにぎりしめちからづよくはやくふり、しろいものをさくよりとおくにとばしててんをいれるすぽーつ)とは、アメリカ合衆国でBaseballと呼ばれているスポーツを、日本語に正しく翻訳したものである。日本で人気を集めている。

Baseballを直訳すれば「塁球」であるが、これでは何を示しているのかわからないので、全ての意味を含めて正しく意味を伝えようとした結果、上記のような名称になった。その長さから、漢字二文字を取って「棒白」などと略される。

なお、日本で「野球」、中国で「棒球」と呼ばれているスポーツに類似しているという声もあるが、いずれもアメリカのBaseballを不正にパクッたものらしく、公式にはこの「棒白」をBaseballの日本版であるとしている。

プロ屈強な男たちが固い肌色の棒を手で握りしめ力強く速く振り、白いものを柵より遠くに飛ばして点を入れるスポーツにおいては年に一回のオールスターゲームで、選出された特に優れた飛ばし屋による屈強な男たちが硬く長い褐色ないし肌色の棒を手で握り締め思いきり強く速く振り、白いものを遠く高く飛ばして外に出しその距離を比べる競争も行われる。 正式名称が長ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーい
屈強な男たちが固い肌色の棒を手で握りしめ力強く速く振り、白いものを柵より遠くに飛ばして点を入れるスポーツ(棒白)のルール

前述した通り、これはアメリカのBaseballにほぼ忠実に倣ったスポーツである。すなわちメジャーリーグワールド・ベースボール・クラシック(WBC)に適用されるルールとなる。

このルールを制定したのはアメリカなので、基本的にはアメリカ本国に都合の良いものになるはずであった・・・がWBCでわざわざ自国にある「野球」のルールを捨て、「棒白」のルールに従った日本や韓国にコテンパンに叩かれてしまい、アメリカの馬鹿さをさらけ出す結果に終わってしまったというのが日本での一般的な見解である。

しかし放映権やスポンサーで莫大な資金を日韓から徴収するのが目的だったアメリカは元々WBCをスポーツとして取り合う気はなかった。だからこそ気前よくルールを譲歩した上、マイナー選手とアルバイトの混合チームで挑み、それに勝って大喜びする日本人や韓国人を嘲笑し大儲けをしたのが真実であるといわれている。

そして自分たちに不利なルールを自ら採用したアメリカを「馬鹿だなぁ」と見下し自分は賢いと思い込んでいるホンモノの馬鹿な日本人の国民性はキューバやオランダにまで知れ渡ることとなった。日本では30%を超えたWBCの視聴率もアメリカでは「何をやっても真似しかできないサルの猿真似ショー」という質の低いコメディとして知られていたため1%に止まった。

1度目の大会でいい思いをした日本はカモにされているとは思いもせず、もちろん2度目も資金をたんまり持って行った。

まあ、何があろうと結局ジャックはバットと2個のボールを持っていたって事に変わりはない。
屈強な男たちが固い肌色の棒を手で握りしめ力強く速く振り、白いものを柵より遠くに飛ばして点を入れるスポーツ(棒白)選手として注目される日本人の一覧

要するに、アメリカのメジャーリーグで活躍する日本人選手のことである。

イチロー

ダルビッシュ有

田中将大

岩隈久志

青木宣親

上原浩治

田澤純一




TDNこと多田野数人 - アッー!してメジャーリーグ入りを果たしたが2007年帰朝

ホモリンこと川崎宗則 - イチローさんを追い求めメジャーリーグへ。

関連項目

軟弱な男たちが固い肌色の棒を手で握りしめ力強く速くふりふりし、白いものをより遠くに飛ばして点を入れるスポーツ

スタンディングオナベーション

屈強な男たちがタマを足でいじくりまわして目標物にブチ込み快感を得るスポーツ

屈強な男たちが先端の大きな硬い棒を手で握りしめ力強く速く振り、白いものを何度か飛ばして穴の中に入れるスポーツ

ムチムチとした肉体の男同士が裸同然の姿で互いに相手の腰に腕を回して抱き合い、押し倒したり一線を越えたりするスポーツ

屈強な男たちが互いに相手の腰に腕を回して抱き合い、寝転んだり本を取り合ったりするスポーツ

屈強な男がパンツ一枚で押し倒した相手の上に乗っかって快感を得るスポーツこれのことではない

男女がタマと棒状のモノを握って、それを叩いたり飛ばしたりするスポーツ

振り袖の少女たちが毛のついたタマを叩いて飛ばし合う伝統的スポーツ

屈強な長身の男たちが大きなタマを垂らしたり投げ合ったりして、頭上のカゴに挿入して点を入れあうスポーツ

黒ずくめの美形の男たちが箱の中のタマを硬くて長い棒で突き、複数のアナに入れて同性愛感情を煽るスポーツ

屈強な男たちが小型の棒を手で握って巧みに振り、土で跳ね上がったタマを柵より遠くに飛ばして点を入れるスポーツ

ミニスカの女たちが大きな蝿叩きでタマを飛ばし合い、スカートがめくれるほど強く目標物に押し込んで客を魅了するスポーツ

ミニスカの女たちが大きな蝿叩きでタマを飛ばし合い、目にも見えぬほどの速度で地面に叩きつけて快感を得るスポーツ

長身な女たちが大きなタマをタイツの網越しに飛ばし合い、コートの中に落とし込んで快感を得るスポーツ

屈強な男たちが銀色の四角いタマを巡って争い、アイスの上を滑ったり転んだりするスポーツ

屈強な馬たちが痩せた男たちに鞭打たれ、観客の玉のカネをケツまで奪い取るスポーツ

屈強な男たちが訳の分からぬ呪文を唱えて一線を越え、相手の体に触れたことを自宅で自慢するスポーツ

屈強な男たちがクネクネした発射物から細く尖ったモノを飛ばし、的の真ん中に飛ばして点を入れるスポーツ

袴を履いた美少女が細く尖ったモノを的の真ん中に飛ばすことで百合の美しさをアピールする武道


屈強な男たちが音の出るとがった発射物を構えて高速でとぶタマを飛ばし、的の真ん中にアナを開けて点をとるスポーツ

屈強な男たちが両側に丸いのがついた棒を両手で力強く握り、ときには声を上げながら天にかざして快感を得るスポーツ

屈強でなくてもいい男でも女でもいいから2人が2個の丸いナニを交互に置き、陣地の大きさを競う頭脳スポーツ

屈強でなくてもいい男でも女でもいいから2人が平べったいナニを交互に打ち合い、相手の大事なモノを攻める頭脳スポーツ

屈強でなくてもいい男でも女でもいいから2人が兵士に見立てたナニを交互に打ち合い、相手の大事なモノを攻める頭脳スポーツ

屈強でなくてもいい男でも女でもいいから4人でも3人でもいいからが絵柄の書かれた四角い物体を捨てたり拾ったりし、相手の棒をケツまで奪い取る頭脳スポーツ

屈強でなくてもいい男でも女でもいいから2人が2個の丸いナニで相手のナニを挟み込むことを競う頭脳スポーツ


更新日時:2017年11月22日(水)19:44
取得日時:2019/09/19 13:18


記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション
Wikipediaで表示
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしUncyclopedia

Size:10 KB
出典: へっぽこ実験ウィキ『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:undef