少数派
[Uncyclopedia|▼Menu]
□記事を途中から表示しています
[最初から表示]

…日本の少数派[編集]古来よりムラ社会である日本において、集団の不文律すなわち空気が読めないことは社会的欠陥として忌み嫌われており[不要出典]、みんながすることをしなかったり、逆にみんながしないことをしたりなどの行動が往々にしてコミュニティからの迫害を招く結果となる事が多い。そのため自分がいわゆる少数派であることをカミングアウトするには非常に勇気が要るとされており、そこを逆手にとって、あえて少数派を自称することによって世間の注目を集めようとする手法が1990年代後半から隠然たる流行の兆しを見せ始めた。これがいわゆる中二病であり、その蔓延と共に日本の公衆道徳が乱れ始めたとする意見が一部において提唱されているが、しょせん少数派についての少数派の意見など誰も気にしないのであった。また、あえて少数派を自称することによって世間の注目を集めようとする手法の流行によって少数派の数が急増するとそれが多数派となるので、国民性・民族性を変えないといつまでたっても日本はムラ社会のままである。
世界の少数派
少数民族
大国(たとえば
アメリカ中国ロシアその他)のボランティア精神を満たすためによく掃除(粛清殲滅虐殺その他)の対象とされる事が多く、時にはレジャー・ハンティングや軍事演習における標的として娯楽を提供している。有名なところではインディアンチベット人、ウイグル人やチェチェン人など、価値観や風習において多数派に属さない(あるいは属することの出来ない)人々がその役目を負わされっている。
性的少数者
いわゆる変態と呼ばれる人たちで、ゲイホモセクシャルレズビアン、バイセクシャルの総称)や特殊プレイ(SMスカトロ、猟奇その他)愛好者が自分の心を偽れずに「好きなものが好きで、何が悪い!」「裸で何が悪い!」などと宣言してしまったために社会的に抹殺されてしまったり、あるいはカネやコネでそうした黒歴史をなかったことに出来る人もたまにいるが、どちらにせよ市民権を得るまでには遠い道のりが続いている。あるいは、最初から認知されることなど期待しておらず、あくまでもマイノリティであることを自らのアイデンティティとして生きることを選択する者も少なくない
関連項目

寂しさ

孤独

中二病

変態

少数民族

外山恒一

サイレントマジョリティ

ノイジーマイノリティ

誰も気にしない

みんなやってますが、あなたは好きにして下さい。

エクストリーム・弱者

左利き

多数決


更新日時:2017年2月25日(土)15:11
取得日時:2019/10/22 08:07
記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション
Wikipediaで表示
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしUncyclopedia

Size:8231 Bytes
出典: バ科事典『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:undef