小便小僧
[Uncyclopedia|▼Menu]

小便小僧(しょうべんこぞう)とは、国際的にその影響力を持つ犯罪集団の名称、あるいはその組織の構成員の総称である。主な罪状は猥褻物陳列罪。組織の本拠地はベルギーのブリュッセルにあり、現在も活動中である。世界各国で放尿罪に問われている。ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「小便小僧」の項目を執筆しています。
目次

1 概要

2 構成員

3 対立組織

4 関連項目

概要

この組織の設立は15世紀前後とされており、ベルギーにおいて誕生した。その後世界各国に進出し、現在では日本においても多数見ることが出来る。主な活動は、衆人環視の中で自らの男性器露出立ち小便することである。それによって何を訴えようとしているのかは、見る者の想像に任される。

当初、ただ露出しただけでは当局に逮捕あるいは補導されてしまうという問題があった。それを回避するため、かつてパロムとポロムという双子が魔法によって石化したことにヒントを得、自ら石化し当局の手が出せないようにしている。これにより現在も法治国家においても堂々と性器を露出し放尿行為を行っている。稀に石化したまま横倒しになってしまう者もいるが、そういった場合は自らの尿が体にかからないように、体の上にオブジェを作り防御する。これを通称・噴水と呼ぶ。つまり全ての噴水の下には小便小僧の像が安置されているのである。この噴水の製作も同組織の活動の一つである。なお、マーライオンをライバル視している。
構成員

この組織は、幼くして露出に目覚めたエリート達だけで構成される。入団には厳しい審査があり、童貞・真性包茎・15才以下というのが最低限の条件となる。これは、成人男性の性器ではモザイク処理が必要になってしまうことと、大人の性器は露骨に卑猥となってしまうことと関係があるとされるが詳細は不明。基本的には常に裸体である。しかし稀に石化後にを強制的に着せられてしまう場合もある。

また彼等は同時に放尿のプロでもある。例え寝起きの放尿であってもコントロールを間違って便器を外すようなヘマをすることが無いように厳しく訓練されている。そして修練を積んだものは、常に放尿し続ける技を得ることとなる。この技を取得して初めて一人前の構成員として認められ、露出の任務が与えられるようになる。常時放尿、摂取した水分をほぼそのまま性器から放出するため、尿というよりは殆ど真水である。また、組織の上位ナンバーとなると、自らの性器からビールなどを放出することすら可能である。

この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は ⇒適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

対立組織

対立組織に、小便少女という集団がある。こちらも小便小僧とほぼ同じ活動を行っているが、世界的には余り進出していない。現在では対立組織とされているが、組織発祥の地は小便小僧と同じくベルギーのブリュッセルであり、現在もそこに両組織の創始者の像が対となり放尿しているため、当初は協力的関係にあったのではないかとされている。
関連項目

ちんちん

ウインナー

ポークビッツ


この「小便小僧」には
まだまともなことがかかれてないけど、
おいしいものをたべて ⇒かきくわえたらなおるよ! (Portal:スタブ)


更新日時:2014年8月17日(日)19:57
取得日時:2018/09/23 00:25


記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション
Wikipediaで表示
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしUncyclopedia

Size:5529 Bytes
出典: バ科事典『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:FIRTREE