寿福寺
[Uncyclopedia|▼Menu]

寿福寺(じゅふくじ)とは、北条政子が鎌倉に創建した、喫茶店を兼備した寺院であり、日本で最初に開店した喫茶店である。初代住職兼店長は臨済宗の開祖栄西(えいさい、ようさい)。寿福寺の住職を務める僧侶は、高い徳のみならず、茶道の素養も求められており、歴代住職は皆茶道に通暁していた。総門と山門を繋ぐ参道は整然としており、政子の苛烈な気性にはおよそ似つかわしくない静謐さを湛えている。
目次

1 概要

2 特徴

3 注釈

4 関連項目

概要

寿福寺が創建された土地には、元々源頼朝の父、源義朝の墓があった。政子はこともあろうに、義朝の霊廟をぶっ壊して、そこに寿福寺を創建したのである。鎌倉殿の親父の墓を破壊するなど、いくら将軍正妻といえども許されぬ冒涜行為だが、政子は頼朝が親父の墓をぶっ壊してそこに喫茶店を建てて欲しいと遺言した、という作り話を捏造して、これを正当化させた。案の定、安眠する霊廟を破壊された義朝の亡霊は憤激して悪霊となり、鎌倉や臨済宗に祟りをなしたという。鎌倉は度々地震や火災で被害を被ったが、それも義朝の怨念によるもの、なのかもしれない。
特徴

この寺院の何よりの特徴は、喫茶店を兼備していた、ということだろう。仕事帰りの御家人達が一服するために来訪し、大いに繁盛した。そして、来訪した御家人達のうち、大体75%くらいが、栄西に洗脳され、臨済宗の門を叩くことになり、臨済宗の規模は破竹の勢いで拡大した。

境内と後背地には茶畑が開拓され、やがては茶を栽培する産出地となった。臨済宗の僧侶達は、修行の一環として、茶の栽培に従事し、茶道への造詣を深めたという。村田珠光千利休ら、近世に連なる茶道を開拓した偉大な茶人達も、皆寿福寺の門を叩き、修練に励んだ。

北条実時金沢文庫を開設すると、実時から図書が多数寄贈され、寿福寺では喫茶の傍ら図書も読めるようになり、今で言う漫画喫茶の機能も具備するようになったという。

しかし、旧来の仏教や、曹洞宗、日蓮宗からは、喫茶店を兼備して人々から金を徴収する商業的活動が低俗であると非難され、鎌倉五山においては臨済宗の規模と栄西の名によって第三位に選出されたものの、後年に創建された建長寺円覚寺の風下に置かれる事になってしまった。

寿福寺に限らず、中世の寺院は度々戦火に巻き込まれたり、敵対する宗派によって放火されたり、血の気の多い僧兵が強訴が頓挫したりしてヤケクソになり、自分達の本山に自ら火を放ったり[1]して焼け落ちる事が多かった。寿福寺も鎌倉時代だけで2~3回ほど火災の被害を被っている。しかし、他の寺院と比較すると驚くべき迅速さで修復工事が行われ、オマケに普請が行われるたびに修復を通り越して拡張されたという。鎌倉末期に行われた修復工事では、普請の余勢を駆って何と隣に喫茶店の二号館が建造されてしまう始末であった。喫茶店として利便性が高く、一刻も早い復旧を武士達が望み、率先して金を寄付した事がその理由とされている。
注釈^ こういう傾向は韓国人に顕著に見られるが、ここで言及するのはお門違いなので関連性があるとだけ指摘する。

関連項目ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「寿福寺」の項目を執筆しています。

鎌倉五山……寿福寺は第三位。

建長寺……第一位。

円覚寺……第二位。

浄智寺……第四位。

浄妙寺……第五位。


更新日時:2010年2月24日(水)14:31
取得日時:2018/10/16 00:16


記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション
Wikipediaで表示
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしUncyclopedia

Size:4797 Bytes
出典: バ科事典『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:FIRTREE