宿場
[Uncyclopedia|▼Menu]


宿場町(しゅくばまち)とは、
東海道や奥州街道、甲州街道などのエロ時代に整備された道路沿いにあるラブホテル街である。
主な設備
本陣

将軍御用達の本格的ラブホテル。よって、百姓などをしている一般ピープルは立ち入り禁止。宿泊を伴うことが一般的だが、昼間に「ご休憩」でも利用できる。また、設備は最先端であるものの、平賀源内が生まれる前は、電動式回転ベッドなんてものはない上、コンドームは鉄でできていた。
脇本陣
大名など身分の高い方々がたまたま同じラブホテル街で出くわしてしまったとき、同じラブホテルに入るのはちょっと気まずいので、一方が脇本陣に入ることになる。大名はムッツリスケベが多く、複数プレイをするような人はいなかったので、一緒に本陣に入ることはない。設備は本陣と似通っているが、若干見劣りする。脇本陣がない宿場町で偉い人が出くわしそうなときは、譲り合って一方が別の宿場町でアーン♥♥するのが慣わしである。
旅篭
本陣は将軍様オナリーである代わりに、こちらは一般ピープルオナリーある。また、たまに遊女のいる旅篭もあるので、相手がいない男性も入ることができる。
高札場
ラブホテルに入るための切符を売る? 4959 ?設。切符だけでなく、百姓でも買える程度の飛騨牛串も売っていたため、長い行列ができ、24時間待ちは普通のことであったため、道端でアーン♥♥をする人までいた。但し、明治になってやっとできたヤクザである桜田門組がまだ結成されていなかったため、このようなことは合法であった。
松並木
松の木に隠れてアーン♥♥する人がちらほら。こちらも桜田門組がまだなかった時代のものであるため、合法でアーン♥♥できたのは言うまでもない。
その他

エロエロ全快の男たちは宿場町でなく遊廓
に繰り出すことのほうが多かった。しかしムッツリスケベの将軍や大名には、一見普通の町並みを装っている宿場町が好まれた。

エロ時代には新婚旅行は一般的でなかったが、ある程度金銭的に余裕ができた中年層の町人たちは、お伊勢参りと言って宿場町を順番に探訪する旅行に出かけることがあった。そこで若い頃のようにハッスルしてしまう人も多かったとか。

東海道などの主要な街道沿いにラブホテル街があるのは教育上よろしくないとして、明治時代以降は姿を消した。しかし今でも主要な街道(=高速道路)沿いにラブホテルがよく見られるのは、この頃の名残である。

主な宿場町

内藤新宿

馬籠宿

奈良井宿
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「宿場」の項目を執筆しています。

更新日時:2012年10月10日(水)22:01
取得日時:2019/10/19 20:49


記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション
Wikipediaで表示
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしUncyclopedia

Size:3639 Bytes
出典: 嘘八百科事典『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:undef