宮沢りえ
[Uncyclopedia|▼Menu]
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「宮沢りえ」の項目を執筆しています。

宮沢 りえ(みやざわ-、1973年4月6日 - )は、日本の女優、元歌手、元芸人。東京出身で日本人の母親とオランダ人の父親を持つ。目次

1 略歴

1.1 デビュー

1.2 裸芸人として

1.3 私生活


2 持ちギャグ

3 関連項目

略歴
デビュー

1987年に「三井のリハウス」のCMの“リハウスガール”を務め、翌1988年に「ぼくらの七日間戦争」のヒロイン役で本格的に女優デビュー。1989年には小室ファミリーの1人として「ドリームラッシュ」で歌手デビューも果たす。90年頃に入ると人気・知名度共に安定し、ドラマやCMでギャグを披露して話題となる。その後は、映画や舞台で精力的に活動を続け、演技に関する様々な賞を受賞するなど確かな演技力を評価されている。
裸芸人として

1989年に連続ドラマ「青春オーロラ・スピン スワンの涙」で初主演。この時共演した武田久美子が同年出版した写真集で貝殻(ホタテ)ビキニ姿が世間で話題になり、これが刺激になったのかこの頃を境に宮沢も肌の露出度の高い仕事が増える。「スワンの涙」で水着姿になった後1990年にカレンダーでふんどし姿を披露し、翌1991年には人気絶頂期の18歳のアイドルでありながらヌード写真集「Santa Fe」を出版し、売上数155万部以上の大ベストセラーとなり芸人としてもトップに立つ。

また、1990年には紅白歌合戦では、NHKホールの屋上に特設セットのバスタブの“泡風呂に入っている”演出(実際には衣装を着用)で「Game」(デヴィッド・ボウイ「Fame」のカバー)を歌唱した。その後も裸繋がりで1992年には栄養ドリンク「アリナミンV」のCMで元ボディビルダーで世界的俳優のアーノルド・シュワルツェネッガーと共演したり、当時絶大な人気を誇った若手力士・貴花田とプライベートで親しくなる。
私生活

貴乃花と意気投合した宮沢は1992年に婚約し「世紀のビッグカップル」として当時の b93 国民の大きな関心事となるが、そのわずか2ヶ月後の1993年1月に婚約を解消。その後2009年に実業家の男性と突然のできちゃった婚で世間を賑わせ女児を出産するも、2016年に離婚。2018年にジャニーズ事務所の男性アイドルグループV6のメンバー・森田剛と再婚し再び世間を驚かせる。
持ちギャグ

「ぶっとびー」…1990年に主演したドラマ「いつも誰かに恋してるッ」の中で使われた驚いた時に用いる
ギャグ

「だいじょうV(ブイ)!」…日本語の「大丈夫」とVサイン(ピースサイン)の“V”をかけたギャグ。栄養ドリンク「アリナミンV」のCMでアーノルド・シュワルツェネッガーと共演した時に使用された。CM内では“シュワちゃん”、“りえちゃん”とお互いに呼びあっている。

「すったもんだがありました」…宮沢が出演した缶チューハイのCM内で使われたギャグ。このCMの前に貴花田との婚約解消があり、一部では「宮沢はこの自虐的ギャグで婚約から解消? 1857 ??でのゴタゴタを吹っ切れた」とも言われている。

関連項目

この項目「宮沢りえ」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)


更新日時:2021年1月3日(日)12:19
取得日時:2021/02/22 07:25


記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション
Wikipediaで表示
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしUncyclopedia

Size:6311 Bytes
出典: 悪質なデマサイト『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:undef