宮崎アニメ
是非お友達にも!
■暇つぶし何某■

[Uncyclopedia|▼Menu]
このページの項目名には呪われた機種依存文字があるため、仮名・略字または代用文字を用いて封印しています。本来の表記は「宮ア駿」です。
一度でもこの表記を使ったものには「正確な表記」の呪いが刻まれ、終わりなき訂正活動に手を出してその身を滅ぼすであろう。 KFCとの繋がりも深い宮崎氏「美少女が機関銃を撃って笑う様な作品は作っちゃいけないんですよ。」
? 宮崎駿 について、本人「十二歳の女の子と恋愛してなにが悪い」
? 宮崎駿 について、本人「とにかくいまのぼくは‘’ロリコン‘’を口で言う男は嫌いですね。」
? 宮崎駿 について、本人「ラナの足をつかんでね、パンツも脱がせちゃって、ウリャウリャとやるとか」
? 宮崎駿 について、本人「何でビデ倫を通る様なポルノを創る!? 観た人間が子●凌辱に走り販売出来なくて地下でブルーフィルムの上映会を開かざるを得ない作品を創ってこそのポルノだろうが!!」
? 宮崎駿 について、本人「宮崎さんが「萌え?」って言ったの僕は聞き逃さなかったです」
? 宮崎駿 について、米林宏昌「いくら小さいとはいえ、やっぱりチンチンを立ててもらわないと」
? 宮崎駿 について、庵野秀明「いつか酔っ払ってたのかシラフだったのか、「十二歳の女の子と恋愛してなにが悪い」って叫んでましたよ。はっきり言ってたからね。」
? 宮崎駿 について、押井守「深淵をのぞく時、深淵もまたこちらをのぞいているのだ」
? 宮崎駿 について、宮崎勤「皆さん、ここに十万人の宮崎がいます!」
? 宮崎駿 について、tvレポーター


宮崎駿(みやざき はやお)とは、日本で大成功したロリコン。階級闘争戦士。京急オタクでもある。人からは“ぱやお”とも呼ばれる。
目次

1 概要

2 アニメーター

3 軍事オタク

4 産婦人科医

5 ワンマン

6 評価

7 手掛けたアニメ・映画

7.1 アニメ

7.2 映画


8 脚注

9 関連人物

10 関連項目

概要 宮崎駿はこのような漢字を自ら作って、人を困らせている。 宮崎駿の身勝手な行動に対して言葉が出ない鈴木敏夫。

1941年誕生。宇都宮市で空襲を体験しており、やたらと戦車、軍艦、軍用機にこだわる軍事オタク

その後、少女へ執着し始める。そこで自分の妄想アニメ化して発信したところ、国内外で大ヒットした。個人のロリコン趣味を職業として認知させた大功労者である。

一番執着しているのは少女だが、若い人妻[1]や老女も決して嫌いではないようだ。っつーか凄い姐御肌フェチじゃないか?この人。

作品の色数が半端無く多い。色使いがアメリカの「ミュータントタートルズ」や「スポンジボブ」みてーにごてごてなのも話題である。
アニメーター[ 3fa1 編集]

「太陽の王子ホルスの大冒険」や「未来少年コナン」でその作画能力を認められ、ついに「ルパン三世 カリオストロの城」で映画監督に就任。ルパンがカリオストロの姫クラリスに異常に執着するストーリーは、ルパンまでロリコンにさせたとしてルパンファンから猛烈なバッシングを受けた。しかしアニメ界はロリコン文化が開花し始めたときであり、宮崎は概して評価が高かった。

当然の結果、売り上げはルパン三世(副題:複製人間)に及ばず吉川惣司に返り討ちにあい、当時のロリコンの評価は地に落ちた。そのころからオリジナルアニメへの逃亡を画策し始める。

1980年には新ルパンを容赦なくバッシングし浄化作戦を開始する。

1984年にはトップクラフトを率いて「風の谷のナウシカ」を制作。ここでも少女を主人公に起用して成功を収めた。これに気をよくしてスタジオジブリを設立した。

さらに「天空の城ラピュタ」のシータ、「となりのトトロ」のサツキなど、自分の妄想をアニメ映画によって現出させ、大きな反響を呼んだ。このやり方に気分を害して、原徹などがスタジオジブリを去った。しかし、サツキ役を担当した(サツキと同い年である)日高のり子にマジ惚れして結婚を迫ったものの拒絶され、友人の庵野のもとに去られてしまった[2]。この事がきっかけでプロ声優に対して拭いがたい拒絶意識が宿ってしまい、プロデューサーの鈴木はそれ以降プロ声優を起用する事が出来ず、苦労を強いられる事になる。 ロリコンをカミングアウト

その後も宮崎のロリコン的制作意欲は衰えず、「魔女の宅急便」のキキ、「耳をすませば[3]の雫などでも彼好みの少女を登場させている。そうやって密かにロリコン描写と倫理のセーフティラインを探っていた彼は、ついに念願の企画「千と千尋の神隠し」を完成させる。この作品は雄琴ばりの広大なソープランドで家出少女がソープ嬢として働くという、もうどう考えても野田聖子さんなんかを激怒させるに足る作品だったが、これが国民的大ヒット。なんだかんだいっても日本人はロリータ好きだということが白日の下にさらされたのだった。なお、「紅の豚」は趣向がそれらとは異なるが、彼の軍事オタクぶりが発揮された傑作。主役のポルコ・ロッソのモデルは宮崎本人である。気障なわりにその本質はであるあたりが、皮肉にも宮崎そっくりである。

ちなみに彼のもう一つの性癖である老女への愛情も多くの作品で垣間見ることができる。「風の谷のナウシカ」における大ババ様、「天空の城ラピュタ」におけるドーラ、「となりのトトロ」におけるカンタの祖母、「魔女の宅急便」におけるバーサ、「紅の豚」におけるバアちゃん、「千と千尋の神隠し」における湯婆婆などが挙げられる。この両者を同時に満足させるべく考案したキャラクターが「ハウルの動く城」のソフィーである事はよく知られている。


◇ピンチです!◇
■暇つぶし何某■

[次ページ]
[記事の検索]
[おまかせリスト]
[ブックマーク登録]
[mixiチェック!]
[Twitterに投稿]
[オプション]
[Wikipediaで表示]
[話題のニュース]
[列車運行情報]
[暇つぶしUncyclopedia]

Size:29 KB
出典: へっぽこ実験ウィキ『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:FIRTREE