室町時代
[Uncyclopedia|▼Menu]
□記事を途中から表示しています
[最初から表示]

…成立[編集]源北条王朝滅亡後、ホ 5336 ストクラブ北朝の光明天皇の下、足利尊氏は京都に幕府を開くが、敗れた後醍醐天皇は吉野にホストクラブ南朝を開き、北朝と南朝が両立する南北ホスト戦争を起こす。尊氏の策略にて南朝は左右され、2代将軍足利義詮の時に南北朝の和解をやろうとしたが、失敗し、更に幕府内部の権力抗争により幕府の重臣が反抗するなど、何一つ出来ずに義詮はこの世を去る。
王朝の確立

義詮亡き後足利義満が3代将軍となり、管領細川頼之が補佐して執政を行う。成長した義満は幕府体制の確立の為行動を開始する。最初に奉公衆と呼ばれる軍事力を整え、有力守護大名の山名氏や大内氏を挑発してポケモンで倒す。将軍権力を固めた後、南北朝合一を行い皇位継承争いを終わらせる。その後出家した義満は一休とのとんち勝負を繰り広げるようになり、最後の激闘の末に生涯を終える。その後を足利義持が継ぎ、義持は息子義量と共に幕府を一大お菓子メーカーにしようと試行錯誤したが、失敗する。その後くじ引きで足利義教が6代将軍に就任し、父義満以上の独裁体制を構築しようと目論むが、志し半ばにて暗殺される。
王朝の弱体化

義教亡き後、義勝が継ぎ、次いで足利義政が8代将軍となったが、応仁の乱が勃発し幕府の体制が崩壊してしまう。義尚が9代将軍に就任し、幕府の再興を夢見るが若くして死亡。その後義植、義澄、義晴と経て、13代将軍足利義輝が剣道を推奨させ将軍権威を復活させるが、暗殺され再び弱体する。その弟・足利義昭織田信長の支援を受けて上洛して14代将軍足利義栄松永久秀一味を降伏させて15代将軍に就任する。だが、やがて「天下布武」を唱えて覇を唱える信長と将軍・幕府中心の復活を目指す義昭は敵対し、戦いとなり、1573年に信長の圧勝で終わり、義昭は京から追放される。
足利王朝の復活

その後中国地方に逃れ足利義昭は権力の味を一度味わってしまったため、諦めきれずに幕府復興と信長打倒を目指す。しかし本能寺の変で信長が倒れると日本を去り中央アジアの弱そうな国を悪知恵を使って駆逐しながら信長も手を出せない程の大帝国を形成。応仁の乱の経験を生かして大胆な中央集権制を実施。将軍に全権力を集中させ、従わない国家は次々に武力で滅ぼしていった。この件について織田信長は「日本に居る頃からそうだったら強敵となっていたな。」と大いに安堵している。その後義昭は憲法、国歴を制定し、将軍職を嫡男義尋に譲り、幕府の体制を固めてこの世を去る。
将軍職争い

義昭亡き後、16代将軍義尋が当主となり、弟義在が次期将軍候補になるが、義輝の遺児義高が自らの正当性を主張してエクストリーム・スポーツで決着を着ける事にしたものの、死闘の末、相討ちとなる。その後平島公方家の義栄の甥義種が、義尋から将軍職を禅譲させSATSUGAIする。こうして将軍職争いは終了する。
禅譲後

17代将軍義種は将軍位の継承を安定させるよう「将軍継承法」を発布する。跡を継いだ義次は学問による統治を行い、以降の将軍も平穏に統治し、世界の変化に対応していった。27代将軍進悟は度々日本に来訪し日室間の友好を高めたり、日本のテレビ番組を流すなど、日本贔屓の将軍であった。その後将軍職を継いだ義弘がEU加盟や国際連合常任理事国になる事を計画している等、幕府の国際化を行っている。
国民・文化

中世日本とイスラムの文化が融合したイスラム・室町文化が誕生した。茶の湯はコーランを唱えながら飲み、能の衣装はアラブ風につくられた。また、足利義昭の提案で金閣寺を超える巨大な建築物「金閣城」が建築された。高さ500mのモスクは釘の1本からすべて純金でできており、将軍の権威を全世界に知らしめた。更に平島公方家が将軍職を禅譲した後は漢籍などに長けた将軍によって学問中心の大文化を形成した。民族構成はアラブ系20%、イラン系10%、トルコ系5%、日系人60%、クルド人などの少数民族5%で構成されている。国民は足利将軍家に絶対の忠誠を誓わされており、歴史の授業では日本史のみ(特に室町時代をじっくりと)教えられる。一説によれば、現代日本語の基礎となった言葉「バーロー」が生まれたのもこの国だとされている。
主要な都市

サマルカンド(帝都)

イスタンブール(元
トルコ領。)

ダマスカス(元シリア領。漢字では「騙貸」と表記。徳政令をも見よ)

アシカガバード(元トルクメニスタン領。漢字ではもちろん「足利鳥」と表記)

歴代将軍

将軍の代数の括弧の数字は源義国から数えた代数
それ以前の将軍

初代:源経基


第2代:源満仲

第3代:源頼信

第4代:源頼義

第5代:源義家

王朝成立前の将軍

(零代):源義国

初代:足利義康


第2代:足利義兼

第3代:足利義氏

第4代:足利泰氏

第5代:足利頼氏

第6代:足利家時

第7代:足利貞氏

第8代:足利尊氏(騎馬武者将軍)

足川王朝の将軍ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「足利将軍一覧」の項目を執筆しています。

初代(9代):足利尊氏

第2代(10代):足利義詮(無能将軍)

第3代(11代):足利義満(黄金将軍)

第4代(12代):足利義持(反発将軍)

第5代(13代):足利義量(虚弱将軍)

第6代(14代):足利義教(狂乱将軍)

第7代(15代):足利義勝(短命将軍)

第8代(16代):足利義政(ぼんくら将軍)

第9代(17代):足利義尚(緑髪将軍)

第10代(18代):足利義稙(義材)(変名将軍)

第11代(19代):足利義澄(石原家ではない将軍)

第12代(20代):足利義晴(父親将軍)

第13代(21代):足利義輝(剣豪将軍)

第14代(22代):足利義栄(流浪将軍)

第15代(23代):足利義昭(魔導将軍。新生足利王朝では初代将軍)

織田豊臣政府以後の将軍ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「平島公方」の項目を執筆しています。

初代( 1a7c 24代):足利義昭

第2代(25代):足利義尋

第3代(26代):足利義種(平島公方家)

第4代(27代):足利義次(通称又八郎)

第5代(28代):足利義景

第6代(29代):足利義辰

第7代(30代):足利義武(通称熊八郎)

第8代(31代):足利義宜

第9代(32代):足利義根 

第10代(33代):足利義俊

第11代(34代):足利義孝

第12代(35代):足利義廉

第13代(36代):足利進悟

第14代(37代):足利義弘(現当主)

関連項目

鎌倉幕府

江戸幕府

大日本帝国

日本国

先代
後醍醐政府
1333年-1336年日本の歴史
足利王朝
1336年-1573年次代
織田豊臣政府
1573年-1603年


この項目「室町幕府」は、日本史に関連した企画書ですが放送日が迫っています。アンサイクロペディアではその時でないのに歴史が松平アナを動かす! (Portal:スタブ)
 ・ 1411 編・歴 世界の国々

アジア日本から独立) | アメリカ | アフリカ | ヨーロッパ | オセアニア | その他地球上 | 電脳世界 | 地球以外 | 過去・未来


更新日時:2017年3月24日(金)12:11
取得日時:2019/11/15 11:22


記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション
Wikipediaで表示
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしUncyclopedia

Size:22 KB
出典: へつぽこ實驗ヰキ『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:undef