宇宙因果律演算装置
[Uncyclopedia|▼Menu]
□記事を途中から表示しています
[最初から表示]

…歴史[編集]これを開発したのはヤハウェとも梵天ともソピアーとも空飛ぶスパゲッティ・モンスターとも言われている。彼らはそれぞれ異なる宇宙因果律演算装置のユーザーかもしれないし、同一神格によるソックパペット中の人がいない寝マクロかもしれない。いずれにせよ演算結果に過ぎない我々が真実をはかり知る術は全くない。
操作方法

この装置の操作には大きく3通りの方法があり、一つは直接に装置に干渉する方法、一つはオーバーロードと呼ばれる人為的に生成したオブジェクトやメソッドを作る方法、そしてもう一つがオーバーマインドと呼ばれるアヴァターを使ってプログラム内のオブジェクトとして行動する方法である。

最初の方法をとると、装置内で生成された知的生命体に全く気付かれずに物理法則や歴史なども変更できてしまう。この方法だけをとれば神の存在した証拠は全く残らない。

オーバーロードは宇宙が外から人為的な影響を受けたことを気付かせないために作り出したマクロやBotとも言える。オーバーロード自体は自らが自然に発生したと思い込んでいる哲学的ゾンビである。これ以上ないほどに理想的な進化を遂げて(いると彼ら自身が認識するようプログラムされ)、その姿は悪魔と言われる。宗教的には天使の役目を担うと言って差支えはない。悪魔のイメージは過去にプログラムミスを起こして暴走したオーバーロードがやりたい放題していた記録から伝承されたものであろう。

オーバーマインドはその宇宙の中にある物体としての姿を持ちながらも、他のオブジェクトの変数を自在に変化させることが可能であるため、人類の目からすると超能力者の様に映る。そのため神の実在を証明することも可能である。ただし宇宙因果律計算装置の利用者が一人とは限らない宇宙では利用者間の衝突が起きることがしばしばで、これが知的生命体間の宗教紛争の原因となる。たまに熱中しすぎて自分が高次元の存在のアヴァターであることを忘れている天然ボケな利用者もみられる。逆にオーバーマインドを名乗って行動するBotも存在し、自律式Botと同レベルな厨房という意味でオーバーロード呼ばわりされる(例:オーバーロード・ヤハウェ、オーバーロード・アッラー)。 入力装置の一種(ワイヤレスマウスに相当)。本来は我々の知覚できない次元に存在するが、3次元を2次元で表現するのと同様の手法で3次元人に理解できる形(2次元)に転写した。 スピーカー兼ヘッドマウント型ディスプレイに相当する部分の一部。なんとなく動物の顔に似ているが、それはヒトの脳が見せる幻影に過ぎない。


警告:以下の文章にはネタバレ、いわゆるスポイラーが含まれています。これにより記事はより空気力学的に洗練され、その結果としてより高速で疾走できるようになります。もしあなたが、アルバス・ダンブルドアセブルス・スネイプに殺害されることや、オリエント急行殺人事件の犯人は容疑者全員であることや、かばんちゃんはミライさん髪の毛から生まれたヒトのフレンズだったことや、エースの父親はゴール・D・ロジャーであることや、マーティン・ジグマールは自分のアルターに殺されることや、オセロットは暗示によってリキッドに乗っ取られていたふりをしていたことや、遠山博士の正体は夢野久太郎であることや、魏呉蜀どの国も乱世を統一できないことや、ウィキペディアアンサイクロペディアのパロディであることを知らないのであれば、充分注意して、救急箱を手放さないようにしてください。
計算結果

42
関連項目

人生、宇宙、すべての答え


更新日時:2010年5月7日(金)15:41
取得日時:2019/06/14 09:37


記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション
Wikipediaで表示
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしUncyclopedia

Size:9645 Bytes
出典: バ科事典『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:FIRTREE