学級崩壊
[Uncyclopedia|▼Menu]

学級崩壊(がっきゅうほうか? 6a33 ??)とは、テロの一種であり、文部科学省の定義によれば、「ガキ共が教室内で自分勝手に破壊活動を行い、教室を文字通り崩壊させてしまったために、授業が成立しない学級の状態が一定以上継続し、特殊部隊などが出動しないと問題解決しない状態に立至っている場合(教室がうまく機能しない状態)」である。ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「学級崩壊」の項目を執筆しています。
目次

1 概説

2 学級崩壊の原因

2.1 教師に原因がある場合

2.2 児童に原因がある場合

2.3 児童の親に原因がある場合

2.4 建築士に原因がある場合


3 学級崩壊を防ぐ方法

概説

近年、学校では児童生徒が、授業が行われているにも関わらず、教室内で破壊活動を繰りかえしたり、周りの生徒にちょっかいを出したり、破壊活動を繰り返すなど、授業の不成立ひいては教室の建築物としての構造が維持できなくなる状態が起こることがある。この状態を「学級崩壊」と言う。学級崩壊という言葉は主に小学校において使用される。これは、「児童の集団による教室破壊」という側面も有している。ちなみに、近年になってから、この様なことが頻発するようになったと思われることが多いが、戦前にも似たようなことがあったという意見もある。また、その成立にはLD(学習障害児)が関わっていることが指摘されており、実際は正常なのに、それを言い訳に使う生徒も増えてきている。実に障害児たちに失礼である。

小学校において学級崩壊までいかないが、学級が機能しにくく、教室がガタガタの状況に対しては主に「荒れー!」という言葉が使われる。また、実際の学校現場ではこの「学級崩壊」という言葉を使用することは非常に恥ずかちーーーから、明らかに教室が崩壊している状況でも「荒れー!」としてごまかすことも多々ある。

また、複数のクラスにおいて学級崩壊が発生すると、建築物としての構造が維持できなくなり、最悪の場合「校舎崩壊」することもある。
学級崩壊の原因
教師に原因がある場合

教師が児童に破壊活動を指示した

ショッカーの幹部気分を味わいたかった

嫌いな校長を陥れるため

崩壊中は学校を休めるため


教師がマゾだった

児童に原因がある場合 児童は時に教師に対してここまで残酷になる。

児童が自発的に破壊活動に及んだ

ショッカーにあこがれて

校舎がロボットに変化しないから


児童に外国人の教師に対して差別意識があった

児童がサディストだった

児童が狂牛病だった

児童の親に原因がある場合

児童に破壊活動を指示した

教師がイケメンじゃなかった

自分の子供の成績が良くならない(ただし、その子供は相当馬鹿なので、誰がやっても無理)

PTAの権力を示すため


建築士に原因がある場合

児童の破壊活動で崩壊するような教室を設計した

ジェンガの影響

学級崩壊を防ぐ方法

教室内で破壊活動を行う児童たちは、自己中心的な保護者達が付いていることもあるため、かなり厄介な存在であるといわれる。さらに、このまま児童達に好き勝手に破壊活動を行わせれば、国家テロリストにまでなる可能性があるため、1990年代のNHKドキュメンタリー番組で「学級崩壊」という言葉が最初に使われた時から、教育委員会は対児童特殊部隊の結成など様々な対策をとってきた。


「でも」や「しかし」、こういった接続詞があなたの「学級崩壊」への加筆を邪魔している。…じゃあ、いつ加筆するか?今でしょ! (Portal:スタブ)


更新日時:2017年8月23日(水)09:02
取得日時:2019/08/18 23:53


記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション
Wikipediaで表示
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしUncyclopedia

Size:6885 Bytes
出典: へっぽこ実験ウィキ『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:undef