学校
[Uncyclopedia|▼Menu]
典型的な学校。

学校(school)とは毎年不祥事を起こしマスメディアインターネット上でその姿勢がバッシングされるにも関わらず、何故かエクストリーム・謝罪には毎回出てこない、国家との金融面での癒着が疑われる東証株式上場企業である。「学校基本法」の言い訳で存在する法人である。
目次

1 学校の歴史

2 教育の概要

3 学校教育の目的

4 所持物

5 校歌

6 学校卒業、中退、除籍後進路

7 種類

7.1 初等教育

7.2 中等教育

7.3 高等教育

7.4 専門教育

7.5 外国人向け学校

7.6 人間以外の学校


8 関連項目

学校の歴史

アマテラスはアマデウス、もといマリア・カラスと語感が似ていたため、100年に一人の天才かと周囲の期待を受けていたが、単なるストリップ大好き人間だったので、羨望の眼差しは、すぐさま失望のそれへと変化した。一説によると、テラワロスにも語感が似ていたから凡人になってしまったのではないかと言われている。

これに激怒したアマテラスは日本人を個人よりも共同体を好み、一部特化型人間や、個性的な人間、才気ある人間、キチガイを排除し、南野陽子、松田聖子を妬み、バッシングするような、集団農耕民族へと造り替えた。そのクセして、文学(古文・現代文)では源氏物語の腐女子物語や夏目漱石の恋愛小説で世間が認めたものは教えると言うご都合主義。

この結果に満足したアマテラスは調子付いて「お前たちはこれから社会の歯車とならなければならぬ!!!そのためには無知蒙昧な貴様らに徹底した社会常識及び企業即戦力を叩きこみ脳のシナプスにねじ込む!!歯車とならぬものは欠陥品だ!!徹底して排除し、これを集団の快楽とすべきだ!!」と宣言。社畜製造工場である。

これが教育の基本方針となり、学校が生まれ、人々は集団として生きるために蹂躙され他人に気を使わなくてはならぬようになり、岩戸景気に喜んだとさ。おしまい。
教育の概要 パレスチナの学校で教えていること。

いじめより社会のシステムを殺し、体罰と言うより集団リンチにより力関係を学ぶ。試験によって盗撮術など、人生に必要な技術を身につける。

教育には教科書を使う。教科書には太宰治芥川龍之介アインシュタインのあの法則等、学校に馴染めなかったであろう、人間失格を書いた小説家や、偶然思いついた公式等が掲載されている。

「彼らの人間性を知ってしまって、子どもに悪影響が及んだらどうするのか!」とPTA(Personal Terminal Automanualの略)は喚いてるか喚いてないか知らないが、彼らの人間性については「まんが世界・日本の偉人」でアンサイクロペディアばりの嘘八百を教えているので無問題である。そんなのは学術研究で立証されているだけの諸説に過ぎない美化されたものである訳だし。

この教科書を読経のように、流暢かつ分かりにくく、時々つっかえながら、朗読することが先生の務めである。そして眠らないようにひたすらノートを取り理解することが生徒の務めである。時々、生徒を当ててプレッシャーをかけるのも非常に良い。

生徒が萎縮してしまうではないか、こんなので頭の中に内容が入るわけが無い、一人でオナニーしながらやった方が効率がいい、と累々たる非難もあるが、教育の真の目的は人間の集団適応化なので、問題ではない。権力のないボッチは死ねと言うものである。

生徒が人間関係や先生の授業が分かりにくいせいで、成績が急落しても問題ではない。成績評価は社会という荒波に備えるため、相対的で絶対的でないので問題ではない。絶対的に問題ではない。いくら知識面で成績が良くても働けないなら、ポスドクと同じなのだから。集団行動重視ばかりなので、下手をすればカルト宗教の発生源でもある。

なおゆとり教育もあるが、単に教科書の問題数が減っただけで、教育方針は「“ゆとりをもって”集団に染めあい馴れ合い見つめ合おう」といった今までの基本を染め直しただけのものである。

問題数が減ろうが先生や生徒の問題が多ければ、最早“ゆとり”とは呼べ無さそうだし、そもそも集団自体がストレスの塊なので、どこの何がゆとりなのか未だに解明されていない。

しかも、教師はクズ。勉強できない子はダメ、偏差値の低い子は人間としても不合格であることを教え、自分達大人を敬えと教える。しかし実際教師は偉くない。何せ、人格が悪くても教育実習・公務員試験・辞令を通れば済む話。ただ年齢を多く重ねているってだけで自分の見えている小さな世界の支配者を気取っているだけ。こいつらのせいでNEETやDQN、FREETER、ヒキコモリなどができてしまった。果てには教師に留まらず、今生きている大人たちのせいで地球温暖化が進行していると言っても過言ではない。

もう学校なんて辞めちまえ!!

俺は責任取らないけど。
学校教育の目的

多くの国では青少年に教育を受けさせる義務を保護者に課しているが、その目的が国家政策の推進をスムーズにするためであることは間違いない。

そもそも、教育とは一部のエリートと、大多数の理解ある従順な民衆を作成するために行われており、学校はそのエリートと一般の愚検閲により削除を選別するために存在する。

学校では効率の良い身分の選別を行うためにテストを主要な業務として認識している。

しかし、一部の教師は偏差値偏重と言われる身分選別制度に意を唱えており、教育現場は混乱している。
所持物

子どもはカッターナイフ(彫刻刀やバタフライナイフ、バターナイフ、サバイバルナイフなど、挙句の果てにはオスカー・ワイルドの右手に持っているものも含む)や爆発物(主にダイナマイト、テポドン、核爆弾、水爆、最近はプラスチック爆弾が流行り)を持ち込む事が義務とされている。

これはコロンバイン高校人間ピンボーリング射的大会に倣ったものである。

昨今は日本も殺伐としてきたので、貴重な税金納め蜂が失われることが無いように、自衛、集団的自衛権、潜在的暴力癖、アンチニヒリズムを子ども武器を持たせて教えるのである。

また最近では激しい戦闘が起きることも多く モルヒネ、ヘロイン などの薬物をキメて戦闘に臨むというスタンスが主流である。
校歌

校歌は学校によって異なり、 ⇒電波ゆんゆんや ⇒くちびる西高校日曜日?ひとりぼっちの祈り等、バリエーションに富んでいる。

ジャズアレンジやボサノバアレンジ、ヘビメタバージョン、シングルバージョンをついに網羅、20周年記念リマスタリングアルバム、処女作がついに発見 といった物も腔潮の気分次第によってはある。
学校卒業、中退、除籍後進路

ここで才能を見出された者に、ニートフリーターという未来が待っているのはジャパン独自の特典である。

ニートフリーターの特典は生活保護の期限切れとの争い、親との罵り合い、国民保険の未払いといった冒険とスリルに満ちた、時の流れに身を任せ一度の人生それさえ捨てることも考えざるを得ないような毎日を過ごせる点である。それに対して、「卒業式練習の経済損失、年間6兆円 シンクタンク試算」の記事が『虚構新聞』より掲載されており、債務をもたらす仕分け対象排除機関だと指摘されている。駅弁大学の民営化により、文部科学省も予算削減の仕分け対象になる可能性が高くなった。

才能の無い者は、平凡だけど誰かを愛しあなたの色に染められ、家族に 4a5a 囲まれて健やかに育つ子どもを眺めながら夫婦で寄り添う普通の暮らしをする位しか道が無い、というつまらない結果となる。つまり、生殺し犯罪の温床となっている。

社会主義国家では、ニートは玉砕道具として使われるというさらにwktkでドキドキに満ちた人生を歩むことが出来る。
種類
初等教育

幼稚園

保育園

寺子屋

小学校

養護学校



中等教育

中学校

高等学校

中等教育学校

SCHOOL OF LOCK!

学園

少年院

高等教育

大学

大学院

短期大学

高等専門学校

防衛大学校

予備校

専門教育

専門学校

各種学校

看護学校

国立海上技術学校

職業訓練校

警察学校

競馬学校

宝塚音楽学校

戸塚ヨットスクール

自動車学校

外国人向け学校

インターナショナル・スクール

アメリカンスクール

朝鮮学校

韓国学校 - 朝鮮学校とは違う

中華学校

ブラジル学校

人間以外の学校

雀の学校


めだかの学校

くまのがっこう

関連項目ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「学校」の項目を執筆しています。

学校でのいたずら

給食

学歴

喧嘩

1=2

朝の会

帰りの会

日直

学校の怪談

学園天国

学校へ行こう

がくえんゆーとぴあ まなびストレート!

自習

二人組み

父兄参観

教科書

School Days
 ・話・編・歴 学校

保育園 | 幼稚園 | 小学校 | 中学校 | 高等学校 | 大学 | 短期大学 | 大学院 | 専門学校 | 高等専門学校

「でも」や「しかし」、こういった接続詞があなたの「学校」への加筆を邪魔している。…じゃあ、いつ加筆するか?今でしょ! (Portal:スタブ)



更新日時:2019年3月8日(金)14:28
取得日時:2019/08/15 14:25


記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション
Wikipediaで表示
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしUncyclopedia

Size:17 KB
出典: フリー誤報百科事典『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:undef