妊活
[Uncyclopedia|▼Menu]
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ニンカツ!」の項目を執筆しています。同人マニアのために、ピクシブ百科事典では同人ゴロとその愉快な仲間たちが「 ⇒ニンカツ!」の記事を執筆しています。

ニンカツ!とは、厚生労働省主導で作成された「若年層向け少子化対策コンテンツ」の総称である。
目次

1 概要

2 発展

3 問題

4 関連項目

概要

1970年代に第二次ベビーブーム世代により人口増加がピークとなって以来、日本の人口は減少の一途を辿っている。国力即ち人口、という時代は100年も前に終わってはいるが、人口曲線は時を経るに連れて歪な形になり就労人口が要介護人口へとシフトしてしまったことで深刻な社会問題を引き起こしていった。しかし元々公的機関主導の性教育というものが苦手な国民性を持つが故に、少子化を憂いながらも「それぞれの事だから」「事情があるから」と具体的な解決策を提示することなく各家庭の家? 311f ??計画に一任するしかなかった。

だが21世紀に入り団塊の世代が本格的にポンコツ化してくると、もはや形振り構っている場合ではなくなってしまった。とは言えこの問題は下手に触れるとフェミニズムの闘士達が武装蜂起しかねない危険なモノでもあり、直接的に「最低でも子供は二人以上持て」「子供を持たない夫婦は国益を考えていない」などと言おうモノなら大炎上しかねない。危険を避けて穏便に、尊厳を傷つけるような描写をせず、しかし若者達に明るく子作りへの興味を持って貰いたい。そんな願いから生まれたコンテンツが「ニンカツ!!」である。
発展 実写コンテンツの一例

まずはとにかく興味を持ってもらうべく、アニメを中心にしてコンテンツを拡大していくメディアミックススタイルを採用。非オタク層にも受け入れて貰うように、実写コンテンツも展開している。

これまでの少子化対策作品に付き物だった「夫婦の不和」「子宮関係の病気」に関する部分も取り入れながらも、それを乗り越えて明るく妊娠を目指す物語になっていった。また妊娠という話題の都合上、シーズン毎に主人公は交代し舞台も変更。過去シーズンの主人公はチョイチョイ出ては来るが、あまり大きく物語に絡まないゲストキャラクターとなる。
問題

ニンカツは従来にない明るい少子化作品として注目を浴びたが、その陰でニンカツコンテンツを性的な目で観る所謂「ニンカツおじさん」の増加が懸念されている。あくまで健全な少子化対策コンテンツなので、そのような怪しい層の介入は好ましくないとされており公式でも批判的な声が増えつつある。

またニンカツは妊娠と出産がメインで婚活など周辺事項へのアプローチが少ないとして、シンママ(シングルマザー)増加を助長するのではないか、という声もある[要出典]。
関連項目

妊娠

やれば出来る

婚活

ゼクシィ

産めよ、殖やせよ

もしかして: アイカツ!

この項目「妊活」は、嘘です。よく近所の物知りおじさんが教えてくれた豆知識も大抵は嘘です。アンサイクロペディアを真に受けてはいけないのです。大事なのは、ジョークを笑い飛ばす心の広さです。


更新日時:2018年7月10日(火)10:26
取得日時:2018/11/19 08:30


記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション
Wikipediaで表示
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしUncyclopedia

Size:4974 Bytes
出典: へっぽこ実験ウィキ『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:FIRTREE