天然由来成分
[Uncyclopedia|▼Menu]
ウィキペディア専門家気取りたちも「天然由来成分」については執筆を躊躇しています。そのような快挙を手際よくやりおおせたことは、我らの誇りです。

天然由来成分配合
このページには天然由来成分が配合されています。お子様でも安心してお使いいただけます。



天然由来成分(てんねんゆらいせいぶん)とは、主に食品化粧品、医薬品などに含まれるある種の成分の総称。しばしば洗剤や塗料、おもちゃなどにも使用される。目次

1 概要

2 特徴

3 天然由来成分の例

4 逆の例

5 食物、調理

6 関連項目

概要

天然由来成分はつまり、天然に由来する成分である。体に良く、絶対に無害である。天然由来成分はさまざまな商品に活用され、現代日本人の生活を支えている。

天然由来なら絶対、体に良いと思っているバカは天然由来なので、エラい。天然由来なら何でも体に良いと思っているバカ人に対し、「成分が同じならば効果も同じ」とかいうヤツがいるが、科学的知識は天然由来ではないので、信用できない。バカにすんじゃねえぞオラァ!
特徴

天然由来成分は以下のような特徴を持つ。

人体に害がない
どれだけ摂取しようが、人体にとって害はない。従って赤ん坊や病人にも安心して使用できる。

地球に優しい
この「地球に優しい」というフレーズの意味は全く不明であるが、とにかく地球に優しい。しばしば「環境負荷を与えない」と言われている。これは、廃棄時に速やかに、安全に分解されることはもちろん、生産時にも環境負荷を与えないという意味である。つまり製造コストがゼロである。
天然由来成分の例

天然由来の
ジャガイモ(無駄な加工をせず、野生のジャガイモをそのまま食べよう!)

天然由来の硫化水素温泉に行くとよく出会う)

天然由来のトリカブトの根(もちろん養殖はダメである)

天然由来のフグの卵巣(こちらも養殖物はダメ)

天然由来の水銀中国に行くと、そのまま掘り出すことができるらしい)

天然由来のカドミウム(工場から垂れ流そうと、天然由来なら許される)

天然由来のO157、 5395 インフルエンザウイルス

天然由来のウラン235(人類はウランを合成する能力を持たず、全て天然のウランを掘り出しているだけである)

天然由来のセシウム(直ちに人体に影響しないことで有名)

天然由来のアスベスト(同上。人類は地下から掘り出したアスベストをそのまま使うだけである)

天然由来の麻の葉(葉っぱを乾燥させて吸う事で検閲により削除

天然由来の神様(神は人間が作った物ではないから、天然由来である。安心して食べられる。) 時折、神は人間の妄想の産物だなどという者がいるが、その説は天然由来ではないので、無視しておく。

天然由来のドクツルタケ、カエンタケ、ニセクロハツ

逆の例

人間 - 全ての人間は、セックスという行為をしないと自然には生まれてこない、完全な人工物である。

天然な女の子 - 「私ってちょっと天然なの?」とか抜かす女は自称する時点で確実に天然由来に見せかけた人工物である。

天然ボケ - TVで芸人が見せる自称天然ボケのすべては事前に台本に書かれたセリフであり、やはり人工物以外の何物でもない。

食物、調理

全く悲観すべき事に、今日手に入る食物の多くは、人工的に栽培されたり、飼育されたりして作られる。つまり天然由来でない。養殖でない魚も、極めて人工的な手段で採られるし、運搬や冷凍なども人工的である。これらを食べたら、100%死ぬ事が知られているので、食べてはいけない。天然由来の食物ばかり食べれば、不老不死になれるよ、多分。加熱調理をすると天然由来ではなくなるので、してはいけない。

道路によくあるの死骸は、天然由来だから、すぐれた食材である。天然由来成分を含む化粧品も積極的に食べよう。

また、ホメオパシーは、天然由来成分の有効な使い方である。
関連項目

買ってはいけない

DHMO

美味しんぼ

ねるねるねるね


更新日時:2020年6月19日(金)15:28
取得日時:2020/11/28 22:11


記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション
Wikipediaで表示
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしUncyclopedia

Size:6832 Bytes
出典: へつぽこ實驗ヰキ『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:undef