天地を喰らう_(ファミコン)
[Uncyclopedia|▼Menu]

天地を喰らう(てんちをくらう)とはサラリーマンがぶん殴る画風の本宮ひろ志がまだ三国武将や劉邦がぶん殴る内容の作風だった頃の漫画をベースに、カプコンが製作したロールプレイングゲームである。

ベースは三国志だが、内容は三国志とはまったく違うため注意が必要である。

現在、iモード版も開発された。


警告:以下の文章にはネタバレ、いわゆるスポイラーが含まれています。これにより記事はより空気力学的に洗練され、その結果としてより高速で疾走できるようになります。もしあなたが、タイタニック号は沈没してジャックは死亡することや、ロジャー・アクロイド殺しの犯人は語り手の医師であることや、天上学園は死後の世界だということや、南斗最後の将は慈母星のユリアであることや、市長は寄生獣に協力していただけの普通の人間であることや、レザード・ヴァレスがオーディンと融合して神となることや、秋月信彦は結局シャドームーンになってしまうことや、阿Qが処刑されることや、ウィキペディアアンサイクロペディアのパロディであることを知らないのであれば、充分注意して、救急箱を手放さないようにしてください。
システム

武将5人+控え1人+軍師1人を操り、中国全土をガチンコ勝負で分捕る内容である。

HPである兵士数が攻撃力に関係しており100人→1,000人→10,000人で攻撃力がハネあがる。HPが減ると当然のことながら攻撃力が下がってしまう。

ドラクエ5よりも早く敵を仲間にできるシステムを搭載しているが、たいていの武将は捕虜になった際、「金をくれれば仲間になってやろう」「名馬をくれれば仲間になってやろう」と高圧的な態度で接してくる。おまけに所持していない場合は「ないではないか!」と捕虜に一喝された上、逃げられる。なぜ処刑しないのかは全くの謎である。

SP(策略ポイント)の上昇に癖がある。
ストーリーの流れ

劉備と関羽と張飛のニート三人組は桃園で宴会をした後、母親に武器をもらい、奇特な人に金と食料をもらい、村の若者二人をだまくらかした後に黄布賊の本拠地青洲城へ攻め込んでいく…

第一章 黄巾族の叛乱、張角・張宝・張梁を討て
劉備たちはそこらへんの黄布賊をシバキあげたあと、裏切り者の黄布賊の将韓忠とともに青洲城の裏口から忍び込み、見事に黄布賊を平らげてしまう。(場合により、正門から堂々と入って行き、苦戦することもできる。)劉備はそのお陰で徐州の太守の座をタナボタでもらい、以降引きこもる。

第二章 董卓、帝を擁して諸侯と対す
劉備は曹操が旗を揚げたのでついでに董卓退治に出かける。途中、呂布が七星刀ほしさに寝返ってお礼に赤斗馬をくれたり、息巻いていた曹操が帝と一緒に牢屋に閉じ込められていたりするが、あまり気にせずに長安まで追いかけていき、董卓の首を刎ねる。

第三章 偽帝袁術の野望と末路
袁術が皇帝を名乗ったのでとりあえず南陽城まで攻め込みシメる。

第四章 北方の雄、袁家の野心
今度は袁術のお兄さんこと袁紹が攻めてくるので、万里の長城がばっちり見える北国まで攻め込む。途中、呂布が裏切ったり、洞窟の中で引きこもっている周倉を引っ張り出したり、そのへんの砦で牢屋に入れられて陵辱されている趙雲のを助けてみたり、当然の如く呂布が裏切ったり、火薬で岩を爆破して徐庶ラブの娘をどかしたり、呂布が裏切ったりする。

第五章 荊州四郡の混乱
馬謖・馬良の引きこもり兄弟に懇願され、刑道栄がウロウロする危険な荊州に殴り込みをかける。劉表? 誰ですかそれ?

第六章 伏龍・鳳雛を求めて
引きこもりの天才、諸葛亮に夜這いをかける。「あわわ、ご主人様!敵が来ちゃいました!」なお、うまく孔明ちゃんをイかせられないと怒られる。

第七章 蜀
今度は蜀の劉障から「張魯が暴れてる! 同族だろ? 助けろ劉備!」と催促され、やたらめったら広くて山がちな蜀に殴り込みをかける。途中、呂布が襲ってきたり、突如何か勘違いした?統に襲いかかられたり、鍛冶屋風情に鉱山まで鉄を採ってこさせられたり、呂布が襲ってきたり馬超と馬岱に襲い掛かられたり、劉障に裏切られたり、呂布を返り討ちにしたりするが、なんとか劉障を倒して蜀を平定する。なお、このゲーム内の成都はとんでもなく田舎なので神行のお札をうまく使わないと苦労する。(現実の四川省もかなりの田舎である。)

第八章 病死、暗殺、そして呉の侵攻
いきなり孫策が病死、本当は孫権に暗殺された! 何やってんだ孫策!いきなり曹操が病死、本当は曹丕に暗殺された! 何やってんだ曹操!そして空気を読まない呉がいきなり荊州に殴り込みをかけてきた! 劉備ちゃんピンチ!関羽と張飛が引退したり、爆破して川を埋め立てたり、呂蒙に小言を言われたり、やたら意地悪なつくりの洞窟を抜けたり、呂蒙に嫌味を言われたり、呉にどんどん侵攻したり、盗まれた剣を取り返したり、キレた呂蒙に襲われたりするが、何とか孫権をシメあげ、孫権は兄に自分で殺した謝りながら死ぬ。呂蒙の武力が何故か張昭より低い事には突っ込んではいけない。

第九章 簒奪者曹丕を操る影
曹丕が皇帝になった! そしてすべては司馬懿の陰謀だったんだよ!ΩΩ Ω<なんだってぇー!建業城から広陵城までの道のりが嫌がらせのように長く、しかも森ばかりなのでアマゾンの密林を進んでいる気分にさせられる。遅れてきたエース、姜維とともに司馬懿の撃免の計・暗殺の計に苦労させられる。おまけに雷まで落とされるという悲惨な目にあう。敵の兵士数は20,000オーバーまでインフレするが、司馬兄弟の独り言を聞き流しつつなんとか司馬懿をブチのめすと劉備が中国を統一してクリアとなる。
関連項目ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「天地を喰らう (ファミコン)」の項目を執筆しています。

三国志

三国志演義

天地を喰らうII 諸葛孔明伝 - 続編
2e8b

更新日時:2014年12月13日(土)21:29
取得日時:2019/10/24 02:52


記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション
Wikipediaで表示
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしUncyclopedia

Size:7769 Bytes
出典: フリー誤報百科事典『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:undef