大阪市
◇ピンチです!◇
◇暇つぶし何某◇

[Uncyclopedia|▼Menu]
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「大阪市」の項目を執筆しています。放浪癖に取り憑かれた人のために、ウィキトラベルのトラベルライター気取りたちが「 ⇒大阪市」の項目を執筆しています。長文が読めないバカな人のために、チャクウィキバカたちが「 ⇒大阪市」の項目を執筆しています。大阪市が放った発言は、後世の物好きのために、有志たちによって「Unquotable/都市伝説」へ収録されています。「通天閣、くいだおれ太郎、大坂城、道頓堀、ネーポン、おばちゃん、…想像通りのお笑いだ」
? 大阪市 について、オスカー・ワイルド

大阪市(おおさかし)は、大阪民国首都である。国王である「太閤はん」こと豊臣秀吉改め中井貴一による親政が敷かれており、大阪民国政府ですら神聖不可侵にして侵すことができない聖域となっている。なお、彼が大阪出身でないことに触れると処罰を受けるので注意。
目次

1 実態

2 市民

3 市の状況

4 大阪と吉本

5 USJ

6 人物

7 同和問題

8 大阪市の主要スポット紹介

9 大阪市で盛んなエクストリームスポーツ

10 最後に

11 関連項目

実態 現在の大阪市の様子 バブル絶頂期の大阪市

倒狂キー局の発信する電波(電波的な意味で)を受信するテレビを筆頭としたメディア媒体による誇張や某基地外電子掲示板の発信するインターネット信号を受け取るパソコンなどメディア媒体の暗躍による歪曲のために最も存在が捻じ曲げられた都市である。メディアの数十年にわたる非大阪人への洗脳の効果は計り知れず、大阪に住んでない人は全ての大阪人がマスコミの作ったイメージのままだと思い込んでいる。

実際、非大阪人が語る大阪のイメージで実態に当てはまるのはよくて2割がたであり、数ある大阪観の中には全くあてはまらないものもある。

この洗脳効果は特に政治や経済の世界で幅広く認知されており議会制民主主義、資本主義の現代では「メディアによる洗脳を利用した政治戦略、企業戦略に長けたものがその世界を制す」というのが共通の認識となっている。そしてまた、大阪人自身にそのような大阪のイメージをネタにしてス 3fe9 テレオタイプ的な大阪人を演じようとする時がまれにあるのも事実である。そしてまた、上記のようなイメージ自体もメディアに誇張され「大阪人の性質」として誇張されて語られることがある。

このイメージ連鎖は(A:定数)という微分方程式によってあらわされる。

また、「大阪民国」などと騒ぎ続ける人権侵害大好きくんたちにブチ切れた元NHKアナウンサーもいる。

とは言え、大阪は紀伊半島の西の付け根に位置しており、霞ヶ関の出先機関で不当利得を貪って、豊臣秀吉の生地である名古屋(紀伊半島の東の付け根)と兄弟喧嘩ばかりしている。そして、紀伊半島の対岸に位置する三重県に対しては、「ハッハッハ!見ろ!!伊勢神宮熊野三山がゴミのようだ!!」って嘲っている。そのくせに、徳島市民には好い顔をしまくっており、テレビ局のエリアも、同じ紀伊半島の伊勢志摩は大阪から切り離されているのに、四国の徳島は紀伊半島の大阪と同じエリアに入っている。これらの、霞ヶ関の理屈を代辯する大阪市民の態度には、熊野三山・伊勢志摩・長浜から「兄弟喧嘩を止めろ!!同じ豊臣秀吉所縁の地だろうが!!」「紀伊半島の付け根の分際で!!」って苦情が殺到している。
市民

市民の大多数は韓国人とそのゆかいな仲間たちであると言われることがあるが、これはアズマエビスのプロパガンダであり誤りである。

ここの市民は笑う事が第一であって、世間でどのような事が起ころうとも動じない神経の太い面が見られる。サービス精神においては日本一ともいえるが、せっかちな面が多く見られ、交通信号では黄色は「急げ」、赤信号は「注意して進め」と判断し、動く歩道は「歩くためのもの」とする利己主義の傾向も見られる。

ここに生息する真のおばちゃん(大阪のおばちゃん)という種族にいたっては利己主義の権化と化しており、自らの過失による事故やトラブルであっても相手や国の責任にするという図太すぎる面を持っており、その被害が今や公害の一部と認められている。この種族(おばちゃん)は他に、のような異臭を全身から放ったり、ヒョウ柄のようなド派手な衣服を常に身につけそれを(買い物用)戦闘服と称し、物を何でも安く大量に手に入れるため走り回ることがある。一方で、オレオレ詐欺と呼ばれるエクストリームスポーツに対してこれらの種族が大きなライバルになっているなど、スポーツ分野でも活躍を見せている。

1985年より、嬉しいことがあると、DHMO汚染が極めて激しい道頓堀川に飛び込む習性がついた(一部後述)。
市の状況 にぎわう大阪市内

数年おきに、西宮甲子園から逃げてきたが街中で暴れまわることがあり、市民がそれから逃れるためにわざわざ道頓堀川へ飛び込むことは、大阪の風物死となっている。

6月?9月の午後6時?午前6時の間は、那覇市より気温が高い地域である。この時間帯の体感温度は香港と同じくらいであり、午前6時?午後6時の間も体感温度については那覇市を上回る。


是非お友達にも!
◇暇つぶし何某◇

[次ページ]
[記事の検索]
[おまかせリスト]
[ブックマーク登録]
[mixiチェック!]
[Twitterに投稿]
[オプション]
[Wikipediaで表示]
[話題のニュース]
[列車運行情報]
[暇つぶしUncyclopedia]

Size:73 KB
出典: へっぽこ実験ウィキ『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:FIRTREE