大草原の小さな家
[Uncyclopedia|▼Menu]

大草原の小さな家(だいそうげんのちいさないえ)とは日本放送協会で1975年?1982年の間に放送された伝説の外国ドラマ。欝展開の嵐に視聴者は悲鳴を上げた。物語は三部作構成で全125話+SP特番2話を含めた127話。



目次

1 概要

2 あらすじ

2.1 第1章 「"終わり"の始まり」

2.2 第2章 「忌まわしい記憶」

2.3 第3章 「終わりなき悲しみ」

2.4 最終回 「きのうの日々」

2.5 スペシャル1 「この愛すべき子ら」

2.6 スペシャル2 「最後の別れ」


3 登場人物

3.1 インガルス家

3.2 その他


概要

数十年に渡る家族の崩壊の様子を描いたホームドラマで、その展開は昼ドラ並の親子・兄弟間のドロドロした憎悪関係、しかしあらゆる所に張られた伏線が話しが進むにつれ紐解かれると視聴者が「アーッ!」と声を叫んだ。

物語は三部作構成でまず第一章でチャールズを主軸に親子の憎悪関係の発端を描き、第二章から長女のメアリーを主軸に姉妹間の確執、第三章でインガルス家の終焉を描かれ、壮絶な欝展開の嵐が視聴者を襲った。

また最終回と終了後に内容の難しさに混乱した視聴者のためにに物語の足りない部分を補完するために特番で2時間スペシャルが放送された、最終回は『きのうの日々』、スペシャル第1弾に『この愛すべき子ら』、第2弾にスペシャル『最後の別れ』が放送された。但し時系列は『この愛すべき子ら』→『"終わり"の始まり』→『忌まわしい記憶』→『終わりなき悲しみ』→『きのうの日々』→『最後の別れ』の順である。


警告:以下の文章にはネタバレ、いわゆるスポイラーが含まれています。これにより記事はより空気力学的に洗練され、その結果としてより高速で疾走できるようになります。もしあなたが、セブルス・スネイプは二重スパイであり裏切っていないことや、生命宇宙そして万物についての究極の疑問の答えは42であることや、アポロ・アマタ・カグラは翅犬ポロンの生まれ変わりだったことや、翔北は流川からパスを受けた桜木が最後にシュートを決めて山王に勝利することや、飛雄馬の左腕の筋は酷使のすえに断裂してしまうことや、大賢者ガトーもチキもチェイニーも神竜族の末裔であることや、プロフェッサー・ギルは自らの脳髄をハカイダーに移植して蘇ることや、幻王の正体が楊令であることや、アンサイクロペディアウィキペディアのパロディであることを知らないのであれば、充分注意して、救急箱を手放さないようにしてください。
あらすじ
第1章 「"終わり"の始まり」

ウィスコンシンにある広大な土地を購入しそこに家を建てる。インガルス家は仲良く暮らしていたが2年後に、その広大な土地に目を付けた弁護士アダム・ケンダルがゴルフ場建設のしたい為、父親のチャールズに「言い値で買うザンス」と近寄る。丁度この時チャールズは農業だけでの稼ぎに限界に感じ子供達の教育費の事も考えていた。妻のキャロラインと相談した結果、土地の売却を決意したチャールズは子供達に打ち明ける。しかしこの事に納得いかない子供達は反対する。

翌日、農作業から帰宅したチャールズは家に入ろうとするが、次女のローラと三女のキャリーと四女のグレイスの三人が家の中にバリケードを築いていた。チャールズは叱るが耳を貸さず閉じこもり、チャールズは飲み屋に行き自棄酒を飲んでいた。その後買い物から帰ってきたキャロラインが自宅の様子を知り、子供達を説得し家の中に入る。その時酔っ払ったチャールズが油を撒きドアを蹴りながら「家の中に入れないと火ぃ付けるぞゴラァ!」と脅す、その声を聞いたキャロラインはドア越しになだめるがチャールズは聞かず、火の付いた松明を窓越しに見せびらかす。

すると帰ってきたメアリーはその様子を見て気が動転して「父さん止めて!」とチャールズを突き飛ばす。すると松明が飛び家に直撃し火が家に燃え上がる、我に返ったチャールズとメアリーは消火活動をするが、火の勢いに勝てず、家の中ではキャロラインがドアを壊そうと試みるが煙でうまく体が動けない。チャールズがドア壊し中に入る、するとキャロラインが意識を失った子供達を守るため体で覆いかぶさり身を挺して守っていた。

結局、キャロラインは重度の火傷で死亡し子供達は軽い火傷と傷で済んだが、子供達はチャールズとメアリーを憎み、土地の売却計画は「そんないわく付きの土地なんか要らないザンス」と言われオジャンになった。手元には借金だけが残った。
第2章 「忌まわしい記憶」

あの忌まわしい出来事から5年後、一家はオクラホマにある小さななアパートに引越した。チャールズはあの事故で腰を負傷し半身不随になりリハビリの甲斐もなく寝たきりになったまた性格も豹変し嫌な男になっていた。メアリーは仕事を止めて家事をチャールスの世話に明け暮れていた。次女のローラはショーパブのナンバーワン踊り子になり家族の中で一番の稼ぎ頭になっていた。三女のキャリーはレストランの給仕のアルバイトをしていた。四女のグレイスは女学校に通っていた。

ある日メアリーは買い物に行く為グレイスにチャールズの見張りと留守番を頼んで出かけた。予定より買い物が早く終わりメアリーが帰宅するとチャールズの部屋から声が聞こえ、ドアから隙間が空いていたので覗くと、チャールズとグレイスがセックスをしていたのである。メアリーは部屋に突撃すると2人は驚いた、メアリーはグレイスから訳を聞くと1年前からこの関係になっており、キャロラインを死なせ、チャールズを寝たきりにしたのは自分のせいだと言いこのような事をしていた。メアリーはチャールズを責めると「あいつをちょこっと脅せは股を開いてくれたぜ!ヒャヒャヒャ!」と言った。

ローラとキャリーが帰宅しメアリーがローラにこの事を言うと「アンタがあの時父さんを突き飛ばさなかったら母さんも死なずに父さんもこうならなかったのよ!アンタが母さんを殺したようなもんだよ!」と罵り、「アタシもうこの家出て行く!」とサイフから札を出しメアリーに叩き出してローラは出て行った。キャリーはメアリーに「ローラ姉さんはグレイスと父さんの関係を知っていたのよ・・・、あの事故から荒んだ父さんはグレイスとの行為でやっと落ち着いていたのに・・・姉さんが・・・姉さんがまた平穏な生活を壊したのよ!!」と責めた。
第3章 「終わりなき悲しみ」

家庭内が崩壊し始めたインガルス家、、ローラは家を出て行き男と暮らし始めていた。キャリーは自宅にいるもののメアリーとは会話を一切しなかった。グレイスは女学校を卒業し教師をしていた、あれ以来チャールズとの関係は悪くなり卒業と共にメアリーに礼を述べ家を出た。

あれからチャールズはより気難しい性格になっていった。何か気に喰わない事があるとメアリーに八つ当たりをして「何も出来ないメス豚!男一人も引っ掛けられないのかぁ!アーヒャヒャヒャ!」と罵る。メアリーは次第にチャールズに対して憎しみを抱き始めた。

メアリーはチャールズの世話をが嫌になり放棄しチャールズの部屋には糞尿が溜まり始め、近所の住人も臭い文句を言うが一向に改善されなかった。とうとう我慢の出来ない近所の住人が大家に文句言い、大家がインガルス家の部屋に訪問すると、メアリーとキャリーはいなかった。部屋の中は荒み耐えがたい臭いが篭り大家が臭いの元のを辿るとチャールズの部屋からで、おそるおそるドアを空けるとそこには変り果てたチャールズの姿があった、チャールズの体はベッドの上で腐りが湧いていた。驚いた大家が警察に通報し、キャリーが死体遺棄容疑で逮捕されたがメアリーの行方は分からなかった。
最終回 「きのうの日々」

家族を置いて逃亡したメアリーは弁護士アダム・ケンダルの紹介で、ミネソタにある商店経営で成功したネルス・オルソンの家に住み込みメイドとして働いていた。彼女は出発前にチャールズの食事に毒を仕込み食べさせ殺して出て行った。キャリーもこの事を承知の上だった。チャールズ殺害後にオルソン家に働く。

しかし警察がメアリーの行方を探していると知ったネルスは店の信用に問題になると思い、アダムに対抗作を練らせメアリーを匿った。
スペシャル1 「この愛すべき子ら」

チャールズとキャロラインの出会い・子供達誕生のまでの話を描いた内容。またチャールズの性格の酔った時の豹変の原因が詳しく描かれている。
スペシャル2 「最後の別れ」

牢獄に入れられたメアリーとキャリーの様子を描き、服役終了後に再開した姉妹たちの和解の様子を描く。ここで全ての伏線が回収された。
登場人物
インガルス家
チャールズ
第1章の主人公。良き父親だが性格は思っている事を口に出さない我慢する、酒が入り酔う性格が豹変し暴力的になり語尾に「ヒャヒャヒャ」と本音を言う酔っ払いの中で一番タチが悪いタイプ。酔った時の口癖は「女は股開きゃ金稼げるからいいよなぁ!ヒャヒャヒャ!」。寝たきりになったあと負い目を感じわざと性格を悪く演じ、娘達を出て行かせようしたりグレイスとの不貞の関係になるがそれが裏目に出る。
キャロライン
母親。良き母親で子供達を何よりも大事にする。第1章で火事で重度の火傷を負い死亡。
メアリー
第2章からの主人公。火事の事を負い目を感じている。
ローラ
次女。火事の一件のあとショーパブの踊り子になる。
キャリー
三女。レストランの給仕になる。
グレイス
四女。火事の負い目でチャールズと不貞の関係になる。
その他
アダム・ケンダル
弁護士。腕利きだが銭ゲバで欲深。語尾に「ザンス」と付ける。
ネルス・オルソン
商店経営者。商店経営で財をなした。メアリーを屋敷のメイドとして雇う。

この項目「大草原の小さな家」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)

この記事は中立であるように見えます。きさせるか地に堕とすことでアンサイクロペディアを支援することが出来ます。


更新日時:2014年11月13日(木)22:39
取得日時:2019/09/09 03:29


記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション
Wikipediaで表示
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしUncyclopedia

Size:12 KB
出典: フリー誤報百科事典『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:undef