変身
[Uncyclopedia|▼Menu]

変身(へんしん)とは、特殊な道具やスキル等を使って外形を変化させる行為の総称である。
概要 変身により、外皮が発光する様子。

読んで字の如く「身を変える」ということで、外観が元から大きく変わればそれがどのようなモノであれ変身として扱われる。変身には大きく分けて可逆性変身と不可逆性変身の二種類あり、可逆性変身の場合は体長や質量の変化量が少ない傾向がある[要出典]。外見上はを着替えただけにしか見えなかったりもするが、その場合変身を解くと身体だけでなく服も元に戻すことが可能。この変身パターンの場合は突然の発光・強風などで全身が隠れた状態で行われる事が多い。またこちらの場合は外的要因による強制解除も可能で、獣神サンダーライダー氏は「奇跡のバイオアーマー」と自称していた変身後の外皮を剥ぎ取られ強制解除された事がある[要出典]。

もう一方の不可逆性変身は変化量が極めて大きいのが特徴で、例えば銀行員のグレゴール・ザムザ氏は一夜の内に巨大な蟲型へと変身し元に戻ることなくそのまま亡くなっている。また古代中国では、ある文官が突然になったまま失踪している。このように不可逆性変身は悲劇的なイメージが強く、「不治の病」と呼ばれ疾患としてカテゴライズされる事もある。
他の分類 専用器具を使い、一瞬で行う変身の例。

もう一つの分類としては、短期的変身と長期的変身に大別される。これは変身にかかる時間による分類であり、短期的変身は一瞬の内に変身を終えるが長期的変身は数年から数十年をかけて漸く完了させる。

短期的変身としては自警団や防衛組織が専用の変身器具で行う可逆性変身が有名。この形式は変身維持時間も短く、10分前後で元に戻る場合が殆どになっている。希に変身状態が一時間以上続く事もあるが、これは「劇場版症候群」と呼ばれるもの。職務上のストレスや行きすぎた使命感等が原因になっており、仕事から一旦離れてから復帰すると元通りの短期性に戻るとされる。

長期的変身の例としてはヒトの不可逆性変身が挙げられ、時間をかけて外観が変化すると共に運動能力なども大きく変わり大体変身開始から70?90年で「死者」と呼ばれる最終変身状態に到達する。人類はこの不可逆性変身を解除する方法を長年研究し続けているものの、成功例は今のところ一件もない。一度この変身が始まったら途中での解除は不可能である。
関連項目ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「変身」の項目を執筆しています。ニコニコ動画中毒患者のために、ニコニコ大百科ではニコ厨たちがお金をかけてまで「 ⇒変身」の項目を執筆してくれています。同人マニアのために、ピクシブ百科事典では同人ゴロとその愉快な仲間たちが「 ⇒変身」の記事を執筆しています。

変態 - 似て異なる。

変人 - 似て異なる。

変身願望

私は貝になりたい


更新日時:2018年12月13日(木)22:32
取得日時:2019/06/12 17:05


記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション
Wikipediaで表示
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしUncyclopedia

Size:4401 Bytes
出典: 悪質なデマサイト『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:FIRTREE