変化球
◇ピンチです!◇
■暇つぶし何某■

[Uncyclopedia|▼Menu]
これも変化球。ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「変化球」の項目を執筆しています。

変化球(へんかきゅう)とは屈強な男たちが固い肌色の棒を手で握りしめ力強く速く振り、白いものを柵より遠くに飛ばして点を入れるスポーツなどにおいて投手が投球するときに用いるテクニックである。直進するもの、曲がるもの、落ちるもの、その変化は様々である。変化球が曲がる原理はマグヌス効果とか流体力学により解明されている。
目次

1 ストレート

2 カッター

3 スライダー

4 カーブ

5 スラーブ

6 フォーク

7 シュート

8 シンカー/スクリュー

9 チェンジアップ

10 パーム

11 ナックル

12 ジャイロボール

13 脚注

ストレート

バックスピンにより上向きの揚力を与えられ、かなり直線的に進む球である。節穴打者の目には速いストレートはホップしているように見える。156km/hで毎秒40回転以上の純粋なバックスピンだと本当にホップするようだが、そこまで速くなくても節穴打者の目にはホップしているように見える。はい、ただの錯覚です。ありがとうございます。

野球界には速いストレートは力があるから打たれても飛ばないという通説がある。頭の固い百科事典でも速いほど力学的に運動エネルギーが大きいから打球の飛距離が伸びない的なことが書いてある。でも良く考えてほしい。なぜ、運動エネルギーが大きいと打球の飛距離が伸びないのだろうか。ボールは弾性体である。勢いの良い球ほど良く跳ね返るはずだ。完全弾性じゃないからバットとボールの衝突により運動エネルギーのいくらかは音とか熱に変換されるが、残りは跳ね返る力になる。つまり、物理的には速いほど当たると良く飛ぶことになる。他のスポーツでは速い球を打ち返すとさらに速い球になって返っていくのが常識である[1]。でも何故か野球界では速いストレートは力があるから打たれても飛ばないのが常識である。野球界では常識なんだから間違いない。
カッター

速球ながら微妙に変化することでバットの芯を外す変化球。達人になるとバットを悉く折ることが出来る。 プロのピッチャーは、誰でもこれくらいの球種が投げられる!
スライダー

微妙すぎて簡単には説明できない変化球である。横に曲がるのも縦に落ちるのもスライダー。サイドスピンで横に曲がる変化球とジャイロ気味の回 4009 転で縦に落ちる変化球では全然別種の変化球のような気がするが、野球界ではそんなことは誰も気にしない。どっちもスライダーである。
カーブ

最古の変化球とも呼ばれる歴史の古い変化球である。カーブは曲がる。サイドスピンとかトップスピンしてるからマグヌス効果により曲がるわけだが、カーブは速度が遅いことも特徴である。ストレートとの緩急の差を利用して打者のタイミングを外す。

野球界ではブレーキの利いたカーブが良いと言われる。カーブが減速することは速いストレートは力があるから打たれても飛ばないことと同じように常識である。ボールは空気抵抗により減速する。ボールの空気抵抗はボールの後ろの空気の乱れによって変わるという。ボールを回転させると後ろの空気の乱れは小さくなり、整流される。整流されると空気抵抗が小さくなって減速が少なくなるのである。つまり、回転が多いと減速しない。物理学的には。フォークボールなどの回転していないボールは減速が大きく、ストレートなどの回転の多いボールは減速が小さい。これもまた流体力学により解明された事実である。カーブはボールの回転によって曲がるものである。回転しているのに減速が大きいとは摩訶不思議である。しかも空気抵抗は速度の2乗に比例するので速度が遅いカーブは空気抵抗が小さい、減速が小さいはずである。物理学的には。ちなみに頭の固い百科事典にカーブは減速していないと明記すると怒られる。何故だか怒られる。
スラーブ

スライダーとカーブの中間的な変化球。遅いスライダーでも速いカーブでもよい。特筆するようなことは何もない。何もないが、スライダーとカーブの中間だからスラ(イダー、カ)ーブってあーた…他にもカ(ーブ、スラ)イダーとかまっ(すぐ、)スラ(イダー)とか野球選手ってのは本当にセンスがくぁwせdrftgyふじこlp
フォーク

代表的な落ちる変化球である。回転が少ないのでマグヌス効果が働かない、空気抵抗が大きい、等の理由で落ちる軌道を描いた上に減速する球である。実際には落ちているわけではない。上向きの揚力を持たないので単純な放物線を描いているだけなのだが、ストレートの直線軌道に慣らされた節穴打者の目には落ちているように写る。やはりただの錯覚です。ありがとうございます。

しかもフォークは打者の手前で落ちるという。頭の固い百科事典にも打者の近くで急激に落下すると書いてある。しかし、慣性の法則に従えば打者の手前で急にボールが落下するなんてことは有り得ない。常識的に考えて有り得ない。誰かがボールを途中で叩き落したりしなければ。野球ではそんなことはしないのでもちろんただの錯覚である。フォークはストレートと投射角や初期の軌道が非常に近いので節穴打者の目には近くに来るまでどっちだか分からないだけである。実際には徐々に落ちている。節穴打者の目など当てにならない。ワンバンするようなクソボールすら振ってしまう打者がいるくらいである。まれにボールが消えたように見えるとか言い出す打者もいるが、もちろんボールが消えるわけがないので、ボールを目で追えなかっただけの話である。
シュート

横に曲がる変化球。サイドスローとかアンダースローの速球は大体がシュートになる。横手から投げれば回転軸が傾くので当然である。打者の手元で鋭くホップ気味に曲がるシュートもあるという。160km/hで毎秒40回転以上の純粋なバックスピンを実現して初めてホップするので、純粋なバックスピンじゃないシュート回転でホップとか毎秒40回転なんてレベルじゃねーぞ


ご協力下さい!!
◇暇つぶし何某◇

[次ページ]
[記事の検索]
[おまかせリスト]
[ブックマーク登録]
[mixiチェック!]
[Twitterに投稿]
[オプション]
[Wikipediaで表示]
[話題のニュース]
[列車運行情報]
[暇つぶしUncyclopedia]

Size:14 KB
出典: フリー誤報百科事典『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:FIRTREE