執権
[Uncyclopedia|▼Menu]

執権(しっけん)とは、鎌倉時代鎌倉幕府において活動した傀儡師のことである。表向きは征夷大将軍を助ける職とされているが、実際には征夷大将軍という名の人形を操って、自分たち(北条氏)の都合のいいように政治をも操作していたのである。ただし、時代が下るにつれ、傀儡師にも関わらず自らが傀儡人形のようになっている人物が増えていったのもまた事実である。
目次

1 略歴

1.1 初代・北条時政(1203年 - 1205年)

1.2 2代・北条義時(1205年 - 1224年)

1.3 3代・北条泰時(1224年 - 1242年)

1.4 4代・北条経時(1242年 - 1246年)

1.5 5代・北条時頼(1246年 - 1256年)

1.6 6代・北条長時(1256年 - 1264年)

1.7 7代・北条政村(1264年 - 1268年)

1.8 8代・北条時宗(1268年 - 1284年)

1.9 9代・北条貞時(1284年 - 1301年)

1.10 10代・北条師時(1301年 - 1311年)

1.11 11代・北条宗宣(1311年 - 1312年)

1.12 12代・北条煕時(1312年 - 1315年)

1.13 13代・北条基時(1315年 - 1316年)

1.14 14代・北条高時(1316年 - 1326年)

1.15 15代・北条貞顕(1326年)

1.16 16代・北条守時(1326年 - 1333年)


略歴
初代・ 386f 北条時政(1203年 - 1205年)

執権の歴史は1203年に始まる。この年、源頼朝の次代であった将軍源頼家が廃され、弟の源実朝が3代将軍となった。まず、このことからして初代執権北条時政によるものである。時政は、頼家が病に臥せたのをいいことに、頼家の死亡説を全国に発信し、おとなしい性格で操りやすい実朝が将軍になるように仕掛けた。おまけにその執権の専横に対し、反乱を起こそうとした比企能員や頼家の長男・一幡も難癖をつけて攻め滅ぼした。その後、頼家を修善寺に押し込めた上、その翌年の1204年、風呂場で頼家の首を絞めた後に刺し殺し、完全犯罪は成立したのである。

更に翌年の1205年には、頼朝時代からの重臣である畠山重忠にも難癖をつけて攻め滅ぼし、時政は調子に乗って、自分の娘婿の平賀朝雅を将軍にしようと目論んだ。しかしそういった専横な振る舞いに噛み付いたのが、誰でもない自分の息子の北条義時と、娘の北条政子であった。調子に乗りすぎなダメおやじっぷりに嫌気が差した二人により、用済みの存在と判断された時政は頭を刈られ、強引に隠居させられた。ちなみにこの強制隠居騒動には、二人による時政失脚を狙った陰謀であり、全くの事実無根であるとする見解もあるが、もしそうだとしたら「神様、あんまりです」ということである。
2代・北条義時(1205年 - 1224年)

さて、そうして後を継いだ義時であるが、彼もまた自分たち一族のためなら容赦しない男であった。まず1213年、侍所の別当を30年以上の長きに渡り務めてきた和田義盛を、散々挑発し続けた後に挙兵させ、攻め滅ぼすという行動をとった。いわゆる和田合戦であるが、なんか太平洋戦争開戦時のアメリカと日本みたいな感じがするのは気のせいである。

そして次のターゲットは将軍・実朝であった。就任時は少年であった実朝も成長し、朝廷と非常に仲良くして、えらい勢いで官位が上がっていった。また、中国への渡航を計画して大船の建造もさせた。義時は大江広元と共にそれを諌めたが、全く聞き入れず馬耳東風状態であった。「人形」であった実朝が逆らうようになったことを嫌悪した義時は、頼家の遺子である公暁に「おぬしの父の敵は実朝である」とかあることないことを吹き込み、暗殺させた。おまけに公暁も殺害し、父に続いて完全犯罪を成し遂げた。更には将軍家の血縁者である阿野時元(頼朝の甥)、禅暁(頼家の四男)も難癖をつけて滅ぼした。なんか謀殺ばかりであるが誰も気にしないことである。

そんな執権に反旗を翻したのが朝廷である。朝廷と親密だった実朝を謀殺し、専横を続ける北条氏に嫌気が差した後鳥羽上皇は、北条氏追討命令を出して乱を起こした。いわゆる承久の乱である。しかし北条政子がそれに対し、亡き夫(頼朝)について御家人に演説したことで御家人は幕府のために上皇を攻めることを決意し、義時らは上皇軍を打ち破った。まあでも、よく考えたら御家人が攻めるべきは、源氏一族を滅ぼした執権北条氏のはずなのだけど。

乱から3年後、義時は死去した。理由については脚気だとか、側室・伊賀局による毒殺だとか、酔っ払って縁側から転落して頭部を強打した末の死去だとか、色々言われているが定かではない。
3代・北条泰時(1224年 - 1242年)

義時の死後、伊賀局が北条政村(義時と伊賀局の子)を次代執権につけようと画策する。しかしそこで黙っていなかったのが三度登場の北条政子である。彼女は泰時を呼びつけて執権にすることを申し付けた。おまけに伊賀局を罪人として幽閉した。ちなみに伊賀局は数ヵ月後に幽閉先で危篤になったらしいが、それももしかしたら政子の検閲により削除かもしれない。

ともかくそうして執権になった泰時は、「自分は執権だから」と義時の遺産配分でほんのわずかしか貰わなかったなど、謙虚な人柄であった。執権就任の翌年には政子と大江広元が亡くなって大きな打撃を受けたものの、代わりに連署や評定衆といった機関を設置し、政治運営を円滑にするよう心がけた。また、1232年には御家人が読みやすい文体の法律・御成敗式目を制定し、御家人からの支持を集めた。

1242年には(自分の仕掛けたトラップに自分で引っかかって自滅した)四条天皇の崩御に際し、天皇に擁立されようとしていた忠成王(順徳天皇の皇子)に、「承久の乱の首謀者の一人の息子を皇位につけるとは何事ですか!?」と難癖をつけ、後嵯峨天皇を即位させた。これにより公家と幕府の間には不穏な空気が流れることとなった。また、その騒動で疲弊したのか、泰時はそれから5ヵ月後に死去した。
4代・北条経時(1242年 - 1246年)

経時は泰時の子の北条時氏の子、すなわち孫である。経時が執権となった頃、将軍は九条頼経であったが、彼は経時より6つ年上であり、経時の傀儡としてはうまく働かず、むしろ経時にあれやこれや口出しして迷惑をかけていた。それに嫌気がさした経時は、将軍職を強引に頼経の子・九条頼嗣(当時6歳)に譲らせたが、頼経は京都に行こうとせず、鎌倉に居座り続け、はた迷惑な行為を続けていた。経時はその状況を打開しようと、妹の檜皮姫を頼嗣に嫁がせたりしたが、結局関係は改善せず、むしろ心労がたたって病に伏せ、弟の北条時頼に執権職を譲り、それから間もなくして23歳という若さで死去した。

一部の教科書等で名前が省かれることさえあり、前後代に比べ、極めて影の薄い執権であった。
5代・北条時頼(1246年 - 1256年)[ 2a7f 編集]

影の薄い兄・経時に執権職を譲られて早々、再び反乱が発生する。北条氏の一族であった名越光時が頼経と共謀し、時頼を廃すべく反抗したのである。しかしながら光時は時頼にあっさり敗れ、頼経は京都に強制的に移住させられた。この時、同行していた三浦氏一族の三浦光村は頼経に「そのうち必ず迎えに来ます」と約束を交わしたが、そのことが時頼に伝わってしまう。時頼はそれを聞き、邪魔な存在であった三浦氏を消すのに好都合と言わんばかりに討伐することにした。その後三浦泰村と和議を交わしたりもしたが、それは時頼の巧妙な罠であり、同時に安達景盛らの軍勢で三浦氏の館を包囲し、攻め滅ぼした。いわゆる宝治合戦である。この結果、北条氏に逆らいそうな御家人は誰もいなくなり、独裁体制が成立したのである。ただし反乱を恐れて引付衆を設置したりしたところに、やや気の小さいところがあると言えなくもない。

また、1252年には頼嗣をも追放し、皇族の宗尊親王を将軍に迎えた。まさに傀儡の手際発揮といったところである。なお、1256年に頼経・頼嗣とも亡くなっているが、それについて時頼が手を下したかどうかは不明。同年に病に臥せって時頼は執権職を一族の北条長時に譲ったが、その後も亡くなるまで政治には口を出し続けていた。いわゆる得宗であった(江戸幕府で言うなら大御所)。
6代・北条長時(1256年 - 1264年)

長時は北条重時(義時三男)の息子である。一応執権にはなったが、その立場は「時頼の長男・北条時宗が成長するまでの中継ぎ」という立場であった。そのため大した役目を果たすこともなく、就任後8年で病死した。
7代・北条政村(1264年 - 1268年)

政村は義時の五男である。就任時既に還暦を迎えた老人であり、やはり彼も中継ぎでしかなかった。しかし、任期こそ短いものの、将軍の宗尊親王が謀反を起こしていると難癖をつけて追放するなど、はっきり言って長時よりは活躍しているように思われる。蒙古が国書を送ってきたのを機に時宗に職を譲り、自らは連署となって補佐に努めた。
8代・北条時宗(1268年 - 1284年)

そしてここで時頼の息子である時宗が執権となる。蒙古襲来が予期される国難の中、時宗は政村の補佐を受けつつ策を練っていた。そんな中、時宗の異母兄である北条時輔や、その他の一族である北条時章北条教時は朝廷に接近し、得宗本家との溝を深めていった。坂本龍馬なら「こんな異国が攻めてくるかもしれない時に、日本人同士で喧嘩しちゅー場合じゃないき!」と言って諌めそうだが、そんな気の利いた者は北条氏にはおらず、時宗は謀反の名目で彼らを攻め滅ぼした。起きた月にちなみ二月騒動と呼ばれる。

一方、日蓮は「法華経を信仰しないから異国に攻められるんだ。おーい時宗!題目唱えようぜ!」と時宗を軽い感じで誘ったが逆に激怒され、捕らえられる。日蓮は平頼綱により処刑されかけたが、なんやかんやあって減刑され、佐渡島への流罪となった。

そして1274年、遂に蒙古軍が攻め寄せてきた。蒙古軍は日本軍が名乗っている最中に攻撃したり、銃のような兵器(てつはう)で攻撃を仕掛けるなど、日本にとっては斬新かつ卑怯な戦法で攻め、日本軍を混乱させた。しかしそこで神風だか何だかが吹き、高麗人製造の手抜き工事の船は次々と沈んでいった。これがいわゆる文永の役であるが、無論時宗は鎌倉にいて特に何もしていない。その翌年、蒙古から降伏を勧める使者・杜世忠ら5人が来日すると、勢いに任せて彼らを処刑した。これが7年後の弘安の役を招くことになったので、ある意味自分の首を絞めているようなものとなった。

1281年の弘安の役であるが、時宗は自分の名前で現地の軍に指令を出していた。武芸にそれほど優れていたわけではないおぼっちゃまくん的なポジションだった時宗のことだから、恐らくただの名義貸しであろう。まあとにかく弘安の役にも勝利し、蒙古軍は去っていった。

しかし、そこで発生したのが出征した御家人への恩賞問題である。新田開発をしていたわけでもないため、既に恩賞として与える土地などなかった。いや、北条氏の所領はえらく広かったのだからそこを分ければ良かったのだが、一門の土地を減らしたくない時宗は断固拒否した(後三年の役で自? 1857 ??を切って褒美を出した源義家とは大違いである)。これが後にある騒動を起こし、しいては幕府滅亡の原因にもなるのだが、まあそれは後の話である。とにかく恩賞問題が解決しないまま、時宗は1284年に34歳で死去した。
9代・北条貞時(1284年 - 1301年)

時宗の後を継いだのは、その息子の貞時であった。しかしその就任時には、前述の恩賞問題やその他諸々の問題で安達泰盛と平頼綱が熱戦を繰り広げている最中であり、その過激さは日に日に増していた。最終的に、1285年の霜月騒動で安達氏一族が滅ぼされ、頼綱の勝利に終わった。だが、頼綱は調子に乗りすぎ、独裁を行おうとしたため、流石に貞時に疎まれ、1293年、大地震のドサクサに紛れて殺害された(なんか大杉栄みたいだが気にするな)。

そして貞時は、元寇後の御家人の窮乏を解決すべく、1297年に永仁の徳政令という法令を出し、借金をチャラにしたり、担保として取られた所領を取り返してやったりした。しかしながら、この法令、逆にそれ以後借金をしづらくなるという現象が発生した上、無論金貸しからは反感を買ったため、逆に幕府の信頼を貶める結果になったとも言える。

一方、貞時は1301年、彗星を目撃したことで気が触れ、「不幸の前兆じゃー!」とか叫びまわるようになってしまったため、執権職を解任させられ、従兄弟が継いだ。その後は自分の重臣・北条時村を殺害した北条宗方を仕返しにぶっ殺したり、酒に溺れて奇行を取るようになるなど、目に余る凋落ぶりであった。
10代・北条師時(1301年 - 1311年)

師時は時宗の弟・北条宗政の子である。ただし長時同様、あくまでも中継ぎ的な存在だったのであまり特筆すべき大したことはしていない。北条宗方の件も、貞時の命令だし。一応10年間執権を務めたが、貞時よりも1ヶ月早く天に召された。
11代・北条宗宣(1311年 - 1312年)

宗宣は、時政の三男・北条時房から始まる大仏流(決してだいぶつではない。おさらぎである)の家柄の出である。即ち、これまでの執権からはえらく遠い親戚筋である。たぶん、近しい所にいい人がいなかったんだろう。しかし、御内人・内管領の長崎円喜に実権を握られたため、もはや「名ばかり執権?? 1aa3 ?の存在であった。就任から7ヶ月で執権を辞め、その2週間後に亡くなった。
12代・北条煕時(1312年 - 1315年)

煕時は、宗方に殺害された時村の孫である。宗宣に続き、長崎円喜に実権を握られていたため特に何もしていない。3年後に死去。
13代・北条基時(1315年 - 1316年)

基時は、重時の曾孫に当たる人物である。やっぱり長崎円喜に実権を握られ(以下略)。前二人と違うのは、辞任直後に死ななかったことぐらいか。17年後、幕府滅亡時に自害している。
14代・北条高時(1316年 - 1326年)

そしてその後は、貞時の子である高時が継いだ。嫡流の家柄であり、まさになるべくしてなった執権であるが、長崎円喜やら長崎高資やら安達時顕やらに、傀儡師が逆に傀儡にされている始末。犬が好きだったが、それを歪曲されて闘犬ばかりにはまっていると世間に言いふらされもした。

しかし、彼は何もしなかったわけではなく、文保の和談を成立させて朝廷の平衡を図ったり、蝦夷の反乱を調停したり、後醍醐天皇による幕府転覆計画(正中の変)を厳しく取り締まったりした。しかし、何だか幕府の末期的な状況に嫌気が差してしまい、24歳で執権を辞任し、隠居する。ただ、その後も長崎円喜を謀殺しようとしたりなど、活動的ではあったが、結局幕府滅亡時に自害した。

なお、彼の息子・北条時行は中先代の乱なる分かりにくい名前の乱を起こしたことで有名。
15代・北条貞顕(1326年)

貞顕は、義時の六男・北条実泰から始まる金沢流の一族である。まー要するに傍流なのだが、長崎円喜・高資親子によって担ぎ出された、やっぱり傀儡の傀儡師である。しかし執権になったことで命を狙われている…と妄想に囚われた結果、たったの10日で電撃辞任した。当たり前だが、執権としては何もしとらん。「彼を果たして執権と呼んでいいのか?」と疑問を呈したり、「彼さえいなければ、執権・足利将軍・徳川将軍は綺麗に15代揃いだったのになぁ。」と嘆く人も少なくない。

7年後、幕府滅亡時に自害。
16代・北条守時(1326年 - 1333年)

守時は、6代長時の曾孫。長崎親子とか諸事情で誰もなりたくない執権に敢えて就任した肝の据わっているんだが?? 36d2 ?呆なんだかよく分からない人物である。元弘の変でも、長崎に詰め寄られて後醍醐天皇一味の処罰を強引に決めさせられたりした。

そして最終的には妹婿(足利尊氏)にも裏切られ、自暴自棄になって敵軍に突撃し、手当たり次第に斬りまくった後、自害した。こうして執権の歴史は幕を閉じたのである。

更新日時:2014年12月29日(月)10:44
取得日時:2018/12/14 20:41


記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション
Wikipediaで表示
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしUncyclopedia

Size:21 KB
出典: 嘘八百科事典『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:FIRTREE