土人
[Uncyclopedia|▼Menu]
□記事を途中から表示しています
[最初から表示]

…に制圧したと言われている。

日本国外でも土人のミイラは発見されている。
中国
史記の記述によると、の繆公は、かつて自分の愛馬を野人に盗まれて食べられるという事があったが、あえてこれを赦し、酒を振る舞ってやったという。これに感激した野人は、後に秦が晋と戦になった際に、秦軍に加勢し繆公の命を救ったという逸話がある。この史記の記述にある野人というのは、土人の事であると思われる。1974年に農民が井戸を掘っていた時に、地中の巨大な空間に直立した膨大な数の土人ミイラ群を発見し話題になった。これは秦の始皇帝の墳墓であり、皇帝に従っていた土人が生き埋めにされたものと言われている。彼らは軍装し、隊列を組んだままの姿でこの空間に閉じ込められたのだが、その死の瞬間まで、誰一人倒れること無く皇帝を護っていたのである。始皇帝の中国統一には、こうした規律ある土人部隊の力が大きく関わっていたことが、この発見により明らかになった。繆公の頃から年月が経ったためと思われるが、始皇帝時代の土人は古墳時代の日本以上に混血が進み、同時代の漢民族やその他の異民族と顔立ちまで瓜二つであった。漢代以降の墳墓からも土人のミイラは発見されているが、これほどまでに多数のミイラが一度に見つかった例はない。内陸の渓谷地帯では長身の土人が活仏として崇められていた例があるが、中国でもやがて土人は自然消滅したようである。
西アジア
現在のトルコの領域内にあるチャタル・ヒュユク遺跡から、土人のミイラが発見されているが、奇妙な事に女性のみに限られている。遺跡からは土人以外の住民の亡骸も発掘されている。この事から、おそらく遺跡の住民は近隣の女性を誘拐し、その中に土人の女性も含まれていると推測される。そして土人のミイラは住民の亡骸よりも丁寧に扱われている痕跡があることから、遺跡の住民は誘拐した女性を大切に扱う習慣があったと想像されている。なお、トルコの領域内からは他に土人の遺跡が発見されていない事から、遺跡の住民がどこから土人の女性を誘拐したかは、現代に至るも謎とされている。なおトルコは漢字表記では"土耳古"である事から、現代トルコ人、つまり土耳古人を略して"土人"と呼称する場合もあるが、この項で解説した土人とは何の関係も無い。
ヨーロッパ
ヨーロッパにも土人は住んでいたと考えられているが、キリスト教の普及により激しい迫害の対象になった。またキリスト教以上にイスラム教では土人は憎悪の対象とされており、これらの宗教の普及により土人はこの世から姿を消したと見られている。近年でも過激なイスラム教の組織であるタリバンが、バーミヤン渓谷に残る巨大な土人活仏のミイラを破壊し、世界中の考古学者から非難を浴びた。
関連項目



偶像崇拝

アイヌ

先住民

インディアン

古代少女ドグちゃん


更新日時:2018年9月4日(火)16:52
取得日時:2021/04/20 05:52


記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション
Wikipediaで表示
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしUncyclopedia

Size:8496 Bytes
出典: バ科事典『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:undef