図形転置式暗号
[Uncyclopedia|▼Menu]

図号暗非部形と号常類転はのとにに置転一し簡入式置種て単る暗式。はな。
目次

1 基事本項

2 作る注成際意すの点

3 こら人れ使達かうへ

4 関項連目

基事本項

こスいをてよ種。ほものにき横構うでそぼ過よ縦、に築にあの同言うにそ読さ転り強レでに平のむれ置、度ベ無正文後こる式極はルい方をそと。暗めとだ形入のに前号ていろのれ文よ述の単っうマて章っの一純とて。

な形方るか形るの有が追本当おにが事かに、図効ら求項て、な暗がら文同形な、しでは本る号出なをじに手てはめ来よと来い当字当段も全てはうしる。て数てと仕て暗こにて。)はのはな方の号の文は(例め文めるでが文化よを強当えてでる。暗無をしう組度然ば暗も、し号い正てにまを手、号別なか強の方い正な上間長にのどし度で形る方いげも方す形はなを、に。
作る注成際意すの点

図めけりあてると図文ら、描暗形る長複るのが正形を横外く号転上く雑。文、方は取に周よ強置で続な前を実形避り読かう度式思か図述正際やけ出みらにを暗要せ形の方に長るすか内読上号なたによ形使方べ際え側むげの点分組うにう形きもるへ、る暗は章みに組場なで、だ向なの号、を込本み合どあ単けかどに強出可む項込をのる純でっの役度来能こでん考簡。にはて工立をるなとはでえ単ま縦な渦夫つ高だ限で全いるなたかくをも。

3上もち暗式の方げ有ら号」他向る効をはと、だ方とで用「呼文け向いあい空ばをでにうりて間れ2な積手、い転るくみ段こる置。
こら人れ使達かうへ

作むでまでるのありきのもるおなも大。勧い読変あめ。
関項連目 のち号筆自が」し称「のて専転項い門置目ま家式をすた暗執。

あごんう

読くしみいょに文う
カゴテリ: ?

暗号

自及ペ己的ー言なジ


更新日時:2014年12月31日(水)22:48
取得日時:2019/09/18 20:44


記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション
Wikipediaで表示
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしUncyclopedia

Size:5388 Bytes
出典: バ科事典『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:undef