回復
[Uncyclopedia|▼Menu]
□記事を途中から表示しています
[最初から表示]

…環境[編集]地球環境の回復にも、最近は人間共が力を注いでいる。

温室効果ガスなどを削減したり、木を植えたり、納豆菌で水質改善を試みたりしている。最近では中国も緑化に力を入れている。
目の保養 キレイだねぇ。環境は回復できなくても、僕達の目は回復できる。だが、間違っている!!

目の保養は大体は、癒しとなるものを見て精神的な疲れを回復する意味で使われる事が多い。

例えば・・・

AVを見る。好きな娘の盗撮画像を見る。エロゲーのある行為を見る

なんということだ・・・こんな事してもねえ・・・→
ナノテクノロジー

最新のナノテクノロジーは、様々な分野で新たな可能性を見出している。特に発毛、毛根回復の分野では、元の発毛技術の進歩とナノテクノロジーの進歩が相まってもはや芸術とも呼べる域に達している。

ナノマシンも元々は発毛のために開発されたもので、ナノマシンを砂漠化した毛穴に潜り込ませ、自動錬金術で毛に変換、新たな毛根が生まれるという素晴らしきものだった。そう、毛穴にザオリクをかけるような・・・しかしナノマシンが世界各地で悪用され始め、使用は禁止となった。だがナノテクノロジーの進歩はナノマシンの発明だけでなく、基本的な植毛技術にも大幅な向上効果をもたらした。よってリーブ21などの真のに溢れた慈善企業は更に拡大している。
回復不能なもの

現実に回復が不可能なものは致命傷や失った四肢などがあるが、それ以上に厄介なのは心の傷だ。

例えば、ある人が横断歩道を歩いていたら、交通事故に遭ってしまったとしよう。その人は脚を切断する程の重傷で、身体的なダメージと、将来への不安や絶望からくる深刻な精神的ダメージを負うことになる。それでも家族、友人、恋人などの親しい人に恵まれていれば、彼らに支えられて精神的ダメージはやがて完治できる。不便さも、慣れていく内に少しずつ解消できるだろう。最近では義足の快適度も増し、脚そのものは元には戻らないが、ある程度は歩行能力を回復する事も可能。このまま技術が進めば手足を失う前より強くなれるかもしれない。

それに対して家族や恋人が事故に遭い、死亡事故になってしまったらどうか。自身には全く身体的なダメージは無いが、死んだ人への心理面での依存度が高ければ高いほど精神的ダメージは重くなり、ある程度は癒えるが、死ぬまで引きずってしまうケースもある。依存度が更に高ければ「自分が死ねば良かった」などと卑屈根性・全開MA――――――――Xという具合になるので人に依存するのも程々に。

他には戦争による傷がある。これは上の二つなんかとは比べ物にならない傷跡を現地の人に刻み込む。人はロクでもない正義という概念を生み出したが、そのようなものがあるのならせめて戦争自体を悪として、国際的に止めさせるべきである。命は失ったら二度と取り戻せないので、戦場には行くべきではない。
結論

トレーニングするにも一人じゃ士気が上がらないし、いやらしい物を持ってきてくれるし友人は多い方がいい。

頭数が多ければ全滅する確率は激減するので仲間は多い方がいい。

ただし環境の為にお子さんは控え目に。「青き清浄なる世界のために!!」

関連項目

呪文

RPG

萌え

ナントカ還元水

じこさいせい

医者

ポーション


d53 執筆コンテスト
本項は第一回執筆コンテストに出品されました。


更新日時:2011年9月12日(月)13:17
取得日時:2020/05/26 13:34


記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション
Wikipediaで表示
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしUncyclopedia

Size:13 KB
出典: へつぽこ實驗ヰキ『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:undef