名古屋市
[Uncyclopedia|▼Menu]

この項目では、名古屋共和国の首都である名古屋市について記述しているばい! その他の用法につ・い・て・は「名古屋」をCHECK IT OUT!! はい!!!
中京都行政府

中京都(ちゅうきょうと)とは、名古屋共和国首都である。旧名は名古屋市(なごやし)。ベトナムのサイゴン市改めたホーチミン市と同様に、今なお旧名で呼ぶ人が多い都市でもある。
目次

1 名称

2 言語

3 市歌

4 歴史

5 気候

6 地域

6.1 行政区

6.2 地域特性

6.3 名古屋城

6.4 地下迷宮

6.5 名駅

6.6 栄

6.7 大須

6.8 霊峰


7 交通

7.1 名古屋走り


8 教育・就職

9 生活

10 名古屋打ち

11 パクリ

12 食性

13 関連項目

名称

「中京」という名は、自分が日本列島の中央だと思っている事から自称した物である。しかし、元々首都であり昔から繋がりの深い京都市の中京区(なかぎょうく)と混同される為、市民の間では定着しておらず、多くの人は旧称の名古屋を用いている。又、本来の名称は「中京都」ではなく、高知県のここ宮城県のここと同じく「中村市」である。

なお「京」や「都」を名乗っているの、実質的にはトヨタ霞ヶ関、そしてJR火災の直轄地である。名古屋駅前の高層ビルなどがそれを象徴している。
言語

全ての名古屋共和国民は、日本国民から見るとが鳴いているような声で話している。しかし名古屋国民は、日本に移動すると流暢な日本語を話し、名古屋語を話す事は少ない。また、日本国を経済的従属国として従えるようになった現在は、日本国民の前では日本語を話すことが一般的である。これは名古屋人が生来持っている秘密結社性を如実に表す事実である。従って、名古屋共和国内の日本国民は、一般的には名古屋人同士の会話を理解できない。

近年、有名になった名古屋語に「やっとかめ(八十日目)だなも」がある。これは既に周知のとおり、日本語の意味は「久しぶりジャン」であるが、あくまでもお上品な方々の言葉であり、俺らみたいな下町っ子は使わない。使ってはいけない。

なお、これら言語を「縮尺された日本」だと評する向きもある。
市歌

「名古屋はええよ!やっとかめ」
名古屋の自虐感を、逆手にとって東京や大阪に対する優位性とすべく作詞作曲されたものであり、今なお市民から注目を浴びる存在となっている。もっとも、他国人の前では歌うことは無いが。

「 ⇒
わが名古屋
これは名古屋市の市歌であるが、知名度は低い。
歴史

徳川家康が江戸に幕府を開いた後、江戸にとって脅威になる京都の天皇と大坂豊臣秀頼伊勢の神宮が反乱を起こさないよう監視する為に、豊臣秀吉の出身地に名古屋城を建設し、清須からついでに街を移転して城下町を作り上げ、和歌山彦根安濃津福井姫路と同じく、「京都に近い江戸の側近」として江戸時代を送った。…これが真の歴史である。

しかし、ギガゾンビやドルネロと同じ時間犯罪者・地理犯罪者である名古屋人が書いた歴史書『金鯱の夢』(集英社)は、以下の通りに記されている。名古屋城の建設者は豊臣秀吉の嫡男で、名古屋幕府初代将軍の豊臣秀正であるといい、秀正が傅役福島正則とともに清洲からこの地に都を遷すべく、プランニングを行った。そして、西暦1615年の江戸夏の陣に於いて、秀正の舅であった徳川家康は豊臣秀正に滅ぼされ、名古屋幕府が樹立された。名古屋幕府は一般的に江戸時代(厳密には名古屋時代)とされている時代を統治し、名古屋語は日本の共通語であり、名古屋は日本国首都であった。

京都のタイムパトロール隊は、名古屋のギガゾンビを亜空間破壊罪で逮捕し、『金鯱の夢』を発禁と焚書の刑にした。これで泡を吹いた名古屋の小説家たちは、大好きな京都に旅行したり、本業のユーモア小説の執筆に忙しかったり、龍群の軍師も兼任している為に龍群の調子が悪いときには殆ど執筆を停止するなど、あまりやる気が無いようである。
気候

1959年9月下旬には伊勢湾台風、2000年9月11日には豪雨に襲われるなど、伊勢湾沿岸とあって気候は南畿内(安濃津新宮奈良、大台ケ原など)と同一であり、台風銀座である。これらの水害では多くの家・車・堀川のヘドロが流されるほどで、これを中京都民は「名古屋911テロ」や「元祖911テロ」と呼ぶ。
地域
行政区 中京都の地図。
赤:名城カリスマ区・黄:特別区・藤:一般区

元々は一般的な区(現:一般区)のみで分けられていたが、独立に伴い周囲との雰囲気が極端に異なる地域として新たに「特別区」が設けられた。なお特別区名は全て「地域名+カタカナ」の組み合わせである。同時に一般区も、位置の明確化や呼称の利便性を図り、分割・合併・改称された。また、旧尾張旭市、甚目寺町、大治町、七宝町は中京都との結びつきが強かったため、中京都に編入された。しかし、甚目寺町と七宝町が現在お隣の美和町と手を組み反乱を起こしていて、近い内に「アマ市」なる名前で独立する可能性が高い。

特別区

名城カリスマ区 - 名古屋共和国議会議事堂・各省庁

大須カオス区

今池サブカル区

栄銀座区

名駅メトロポリス区

白壁ブルジョア区

南北100メートル区

東西100メートル区

金山アスナル区

築地ガーデン区

桶狭間ホース区

八田ファジー区

本前田ファジー区


一般区(◎印:区を合併/☆印:区を分割/■印:区名変更/◇印:周辺市町村を編入)

◎金鯱区 - 旧東区の内、名鉄瀬戸線以北+旧北区の内、庄内川以南+旧西区の内、庄内川以南

☆楠区 - 旧北区の内、庄内川以北

☆小田井区 - 旧西区の内、庄内川以北

☆超栄区 - 旧中区の内、南北100メートル区以北で東西100メートル区以西

☆新栄区 - 旧中区の内、南北100メートル区以北で東西100メートル区以東

☆上前津区 - 旧中区の内、南北100メートル区以南

荒子区 - 旧中川区の内、庄内川以東

富田区 - 旧中川区の内、庄内川以西

☆稲永区 - 旧港区の内、庄内川以東で、中川運河以西

☆港明区 - 旧港区の内、中川運河以東

☆南陽区 - 旧港区の内、庄内川以西

☆大高区 - 旧 8012 緑区の内、名鉄名古屋本線以南

☆鳴海区 - 旧緑区の内、名鉄名古屋本線以北

☆小幡区 - 旧守山区の内、名古屋第二環状自動車道以西

☆志段味区 - 旧守山区の内、名古屋第二環状自動車道以東

☆白鳥区 - 旧熱田区の内、堀川以西

☆宮区 - 旧熱田区の内、堀川以東

■太閤区 ? 旧中村区

■堀田区 - 旧瑞穂区

■名南区 - 旧南区

■藤が丘区 - 旧名東区

山岳区 - 旧昭和区

■学習儒区 - 旧千種区

■てんぱっ区 - 旧天白区

◇旭区 - 旧尾張旭市

◇あま区 - 旧甚目寺町、大治町、七宝町、美和町

キヨスク- 旧清須市

◇名北区- 旧汚小屋市・豊山町


地域特性

名古屋駅周辺を除き、高層ビルと呼べるものは建っていない。経済的には繁栄しているにもかかわらず無駄なところには絶対に金を使わないという堅実な国民性が現れている。この駅から西は「くそ(木曽)しながら(長良)いびる(揖斐)」という、あずまんが大王の名台詞でも知られる木曽三川を越えないと、経済的に豊かなところがない。

また、愛知県と呼ばれるところが名古屋の中には存在する。決して名古屋が愛知県のなかにあるのではない。だから他国の人に名古屋県と呼ばれることがあるがそれは決して誤りではない。念のため。
名古屋城ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「名古屋城」の項目を執筆しています。

町の名物として豊臣秀正が築城した名古屋城がある。裕福さを象徴するその姿は、「派手」というステレオタイプなイメージとは異なり、いささか保守的。しかし、昭和5年12月11日に付の宮内省告知により国宝第一号に指定されたことが名古屋ひきこもり協会の誇りであり、非常に特徴的な姿で特に天守閣の巻き紙は全国的に有名である。一般的な名古屋城の派手なイメージは、保守的な姿を常に派手な外装で擬装していることからイメージされるものだろう。

この外装は、だいたいがシャネルやエルメスなどのブランド物。にも関わらず、保守的なイメージが付きまとうのは、外装の決定を実際にしているのは、城見物にくる客の親世代であり、どうしても世代的なギャップから保守性を醸成するためであろう。

しかし、比較的に建築年代が浅い城にまで、上品かつ保守的な雰囲気を持たせるためには莫大なコストが必要であり、このコストをまかなうための人頭税(娘を持つ各家庭に対し、娘の人数分が課税される)は、裕福な名古屋人にとってもかなりの重税だと言われている。近年、戦時中に焼失した二の丸御殿を再建するかどうかが中京都の政治的関心事にもなっている。
地下迷宮

名古屋には前述したように高層ビルが少なく、都市機能の多くは地下に潜っている。特に名駅、栄の両地下迷宮の難易度は世界屈指であり、最深部に関しては全く情報公開されていない。

その広さ、深さもさることながら、方向感覚を失わせ、行くたびに経路が変わる「不思議のダンジョン」であるため、風来の試練の愛好者がよく地下に降りていくのが目撃される。が、非常に難易度の高いダンジョンであるため、無事に生還できる者すら極めて少なく、現在では同競技においてAランク以上のライセンスを持つプレイヤーのみが挑戦を許されている。

このため生粋の名古屋共和国民でさえ、中学生くらいまではリアルに迷子になるという。地下迷宮を無事突破できて初めて一人前と認められる。

また名駅のエピスタ界には名古屋国民の経済感を象徴する有料トイレが存在する。

最深部への挑戦者(公式な記録がある者のみ)

Nethack:ヴラドの塔3階でういろうを喉に詰まらせて死んだ

風来のシレン:地下873階

武器屋トルネコ:地下962階

ピカチュウ:地下159階

女剣士アスカ:地下30階でさらわれる

ヤンガス:地下65450階でさらわれ、喫茶マウンテンに避難

チョコボ:行方不明

hyde:地下156階

名駅ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「名古屋駅」の項目を執筆しています。ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「中村 (名古屋市)」の項目を執筆しています。

中京都の中心駅は、名古屋市が中京都に改称した今も「名古屋駅」を名乗っている。さいたま市にあるJRの駅が未だ大宮駅浦和駅を名乗っているのと同様であるが、改称しなかった背景には地名の問題があった。

名古屋駅やその周辺のことは古より略して「名駅」と呼んでいたが、それが1981年には地名となって、完全に市民からは駅周辺の一帯を指す通称として定着していた。それをもし「中京駅」とでも改称しようものなら、周辺の地名も「中駅」などといった呼称に変更する必要を生じるのである。

冒頭で記したように、未だ「中京都」ではなく「名古屋」と地元で呼ぶ人が多かったこともあって、駅名改称を実施することができず、独立前の状態を維持することが当面の策として決められ、今日に至っている。

昨今は後述するように、栄から繁華街としてのパワーを奪い取ろうとする動きも見られる。

なお名古屋駅は東海道本線の開通時には設置されず、枇杷島駅や熱田駅より一月遅れての開業で、しかも開業時の位置は現在地よりも南側、今の笹島交差点の辺りであった。開業時は熱田の方が港(江戸時代の東海道の宮宿)があった関係もあって栄えており、名古屋駅が開業しなければ広小路通ではなく大津通が名古屋のメインストリートになった可能性もある。

中京都きってのターミナル駅である名駅直下には前述の地下迷宮が存在し、異国からの来訪者をことごとく飲み込む。このダンジョンは駅を挟んで放射状に広がっており、駅と完全に融合しているため通路が入り組んでいて階段が多く、いちど飲み込まれたら自分が現在どの階層にいるのかわからなくなる。

又、この名古屋駅付近は、全国の中村さんには有名な土地であり、名古屋駅を「中村駅」と呼ぶ人々もいる。というのは、名古屋駅付近は、元々は「中村」という地名であったからである。現在でも、中村郵便局があり、中村座が名古屋で公演することもある。しかし、名古屋城が中村城を称したことは無く、名古屋駅が中村駅を称したことは無い。一方、宮城県の中村(相馬市)は相馬家の本拠地として有名であるが、中村城があり、中村藩と中村県の首府であり、中村駅を称していた。しかし、名古屋市と相馬市の双方とも、隣町が「原町」であり、原町による中村への強請りたかり(愛知県の原町、宮城県の原町)に悩まされている。
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「栄 (名古屋市)」の項目を執筆しています。 現在の栄の様子。名駅とは違いかなり寂れている。

名古屋最大の繁華街は、名古屋駅より地下鉄で東へ2つ行った所にある栄である。ここには有事の際、飛行機が離発着できるように設計された100m道路の久屋大通が通り、名古屋テレビ塔と共に名古屋のシンボルとなっている。間違っても札幌市の大通公園(道路幅120m)に似ているとか、近いうちにテレビ塔なのに放送電波が出なくなるとか言ってはいけない。なお、これらテレビ塔は、北隣の師勝市原町に移転し、「師勝テレビタワー」に改名する予定である。なお、師勝の盟友である宮城県の原町市は、ラジオ塔の街である。

中心駅から地下鉄で2・3駅離れた場所に繁華街がある構造は、札幌の大通・すすきのや福岡の天神と同様であるが、昨今は「名駅へ繁華街を集結させてしまおう」という合理主義的な市民思想が影響し、百貨店の売り上げなどが名駅近くの店に食われるなど、若干地盤沈下の兆しも見られる。栄の人にこれをいうのは禁則だが。

ここの地下迷宮は名駅のそれとは違い、完全格子状である。だが格子状だからといって侮ってはいけない。縦横無尽に広がる地下迷宮の恐ろしさ…、経験しないとわかんないよ。なお、最深部の「水晶の間」には、FFの主人公たちが追い求めるクリスタルが眠っているという。

大東京帝国電器街出身アイドルグループの姉妹グループが結成されたが、この国の方々はこちらを本家と思っているみたいだ。
大須ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「大須」の項目を執筆しています。

繁華街として知られる栄の南方には、異様な雰囲気が漂う若者&老人の街こと大須がある。単に大須観音がある門前町だと思ったら大間違い。老人から若者、おばちゃんヤクザオタク外人など、様々な人種が一つの商店街に集まっている異様なカオス空間である。

浅草かつ巣鴨かつ上野かつ秋葉原かつ原宿…と東京の様々な地域の雰囲気に加え、大須の独自アイテムを一度で味わえるお得な地域といえるが、慣れないとそのブレンドざまについていくことが出来なくなる危険地帯といえる。
霊峰

名古屋は大阪と同様に平野ばかりの単調な所だというイメージがあるかもしれない。しかし大間違い。東部には八事山などといった山がいくらか存在し、起伏に富んだ地形を形成している。

そんな中、八事山に近い所に名古屋を始めとする食通が霊峰とする山がある。その山頂には喫茶店があるというが、登頂の過程でかなりの人が遭難し、行方知らずになってしまうという噂がある。真偽は定かではない。名古屋市民は単に「マウンテン」・「山」と呼び、その事実は正にこの山が名古屋を代表するものであることを指し示している。

八事山:名古屋のピラミッドと呼ばれる

本山:かつて原人が多く生息していた

桜山:病院がある

南山:優良な子息が通う学校がある

東山:子守熊が住んでいる

守山:滋賀県の飛び地

交通

名古屋共和国#交通だがやぁも参照。

交通インフラに関してはあまり発達していない。そのため、インフラ整備よりも手段の改良(改善)が行なわれ、宗主国であるトヨタ王国製の機織り機械の仕組みを利用した、オートモービルと呼ばれる移動手段は異常に発達し、他の交通手段を排除している。そのためか交通事故が非常に多く、今ではアフリカの国を抜くワーストクラスである。

したがって、日本のみならず世界で最も重度の車社会である。歩いていけるのは3分まで。それ以上は車。歩いて5分のコンビニに行くのに、車を出して遠回りをして10分かかるのは気にしない。栄や名古屋駅は車で行くのがデフォルト。従って、地下鉄バスはがらがらである。特に桜通線とかね。

鉄道に関しては、今のところは東京や大阪に比べて便利とは言いがたい。ただ、現在の鉄道とは 3ff8 異なり、昔は昼間であっても1時間に1本しか来ないダイヤであった時期がある。それに比べたら随分とましである。なぜ1時間に1本しか来ないのかというと、単に名古屋が東京と大阪の間に過ぎないから、というか、紀伊半島の付け根であり、伊勢湾の奥まった所で敦賀の太平洋版みたいな位置だから。東京や長岡など東日本の住民は、新幹線や特急で名古屋駅や敦賀駅に到着すると、「もうすぐ京都だ!!」っていう気分になる者が多い。

そしてそのせいで遅い、来ない、すぐに混むという短所ばかりの選りすぐりであった。近年では電車の本数は数段に多く、待たなくても乗れることが出来るが、今度は電車の編成車両が東京や大阪よりも格段に少ないため(2006年10月のダイヤ改正で東海道本線の快速は6両になったが、中央本線の10両や名鉄の8両に比べてもまだ短い)、乗るだけでぎゅうぎゅうになっており、今も昔も変わらず不便である。

いまだに都会のど真ん中を名鉄やJRの2両編成の電車が颯爽と走り抜ける。時代遅れもいいところである。

海路ではトヨタ王国の工業製品は元より、滋賀県の工業製品の輸出入も担っている。滋賀県が信長と秀吉の地盤だった歴史も加わって、物流業者の間では敦賀が「滋賀県敦賀市」と呼ばれるのと同じく、名古屋も「滋賀県名古屋市」と呼ばれている。もしも豊臣秀吉が長浜に遷都していたら、名古屋(太平洋岸)と敦賀(日本海岸)は完全に長浜のベッドタウンになっていたであろう。

また、後述の名古屋走りにもみられるように、交通マナーが悪いことでも知られている。交通事故死者数を見ると一目瞭然。北海道とか広くてしょうがないのはともかく、あんだけ公共交通機関が発達してる都市部で何であんなに事故があるのよ? と言うか、共和国全体がそう。三河ナンバーには気を付けろ。

それでもマナー啓発活動が行われず、取り締まりが緩いのは、もちろんトヨタのお膝元だからである。
名古屋走り

車線跨ぎで走ってる、どこへ行くのかはっきりしない迷惑車のことを指す。車の信号は福井大阪と似ていて、「青は進め、黄色は急いで進め、赤は注意して進め」である。ただし、青になった瞬間に0?400mダッシュを決めないと後ろから追突される。全速で交差点を突っ切らないと、また全赤のうちに渡りきらないと側面からの攻撃を受ける。もっとも注意すべきは黄色である。黄色になったからといって停止することは、後続車から追突されるため禁忌であるが、同時に側面からの発進してくる車輌への注意も必要となる。→信号が設置されている場合にはさらに危険度が増す。特に名四アウトバーンでこれを行うことは死に直結する。

赤信号で先頭で停止してしまった場合は、後続車輌のドライバーが降車してきて攻撃してくる場合があるので、ドアロックを忘れてはならない。

8時以降駐車規制が解かれる夜間には、飲食店が立ち並ぶ市内ご自慢の100m道路が超巨大駐車場と化す。

又、名古屋は伊勢志摩や琵琶湖若狭湾に近いため、三重県内や滋賀県内でも名古屋走りが多く目撃されている。三重県民と滋賀県民は、名古屋走りに眉をひそめている様子だ。
教育・就職

名古屋市民は余り外へ出て行かない傾向を持っており、地元で一貫して生活するのが正しいような風潮もある。又、「名古屋は京都の家来」と言われる通り、京都市民の引き篭り根性をごっそり継承している都市でもある。これを推し進めるための秘密結社に、名古屋ひきこもり協会がある。

学業や就職に関しても、縦え京都や東京へ出て行った所で、最終的にはブーメランみたいに帰って終うのが定番である。しかし、出世した名古屋人は京都に転居し、京都で死ぬ者が多い。私立高校よりも公立高校の方がレベルが高いという地域性もあり、国粋主義者が多く育っている。彼らはトヨタを筆頭とする名古屋共和国内の企業や官署に就職し、名古屋の富国に貢献している。まれに国外追放ないし流入もあるが余り気にしないように。

一方で、名古屋市内には「東山」「伏見」など京都の地名が多く存在する事で解る通り、京都にルーツを持つ学校も多く存在する。

名古屋共和国ないし名古屋市直属の国民養成高等学校

A格:旭丘(一中)、明和(明倫・県一)、菊里(市一)

B格:向陽(市二)、千種、瑞陵(五中)、名東、昭和、名古屋南

準B格:名古屋西(県二)、松蔭(中川中)、惟信(惟信中)

高校卒業格:河合塾


名古屋市にある貴重な高水準私立高等学校

東海


名古屋市の国立大学

名古屋大学名古屋工業大学


名古屋市の公立大学(短期除く)

名古屋市立大学、愛知県立看護大学、愛知県立大学(市外移転)


名古屋市の有力私立大学

南山大学、愛知大学、中京大学、名城大学(薬学理工系のみ)


学業廃棄異物(Fラン)

ミラーマン名古屋商科大学(大学院(笑))

バカ田大学から女性のスカートに手鏡で自慰行為で捕まったエリート(笑)教授をまねきネタとなった。
中部大学や東海学園大学にも落ちたバカの収容所。1科目入試でBFなため、名古屋で一生差別されるのと付属高校はとっくに閉鎖されている。



生活

名古屋城に象徴されるように、街には保守的な雰囲気が漂い、風紀を正すための条例までも存在する。夜9時を以って全ての店は閉まる事になっている。尤も、昨今は守らなくなった闇店鋪も増えている。又、鉄道の運転時間も朝6時から23時台まで(大阪でも5時から0?1時台)と、マクドナルドの「もう開いてる、まだ開いてる」を、キャッチフレーズに反した行為もポリシーとしている。飛行機も東京に飛ばさない。これらは名古屋を「大いなる田舎」と蔑んで呼ばせる要因の一つにもなっている(てゆーか東京なら新幹線のが早いし…)。

余談であるが、伊勢は夜7時、奈良は夜8時を以って全ての店は閉まる事になっている。まぁ、名古屋から伊勢や奈良は近いし、同じ紀伊半島近鉄王国だもんな。

喫茶店を好んでおり、朝昼晩の3食を喫茶店で済ます者が多い。コーヒーチケットと言うコーヒーを飲むための回数券が存在する。コーヒーを含むドリンクには豆菓子(揚げたもの,ピーナ? 7fdb ??など)がついてくるが、さらに午前中にコーヒーを注文すると、パンなどの朝食がついてくるのが暗黙の了解となっており、名古屋でのモーニングコーヒーはこのことを指している。又、喫茶店は重要な会議場としても機能しており、国家レベル(笑)の会議を行うことすらある。東京で流行っているスターバックスドトールコーヒーは、過去には名古屋に進出したが、おしぼり、雑誌、おつまみ等が無いということで客足が途絶え、1年足らずで撤退した。また、喫茶店では小倉トーストやシロノワールなど名古屋発症の「都市伝説化した食べ物」が普通に販売されている。

名古屋市民はとんでもなく強欲な上、吝嗇(どケチ)であり、ワガママである。これは、名古屋に限らず霞ヶ関の出先機関で焼け太りした都市に見られる特徴的現象だが、名古屋はこの傾向が特に強い。畿内辯をまくし立てる滋賀県民と三重県民を、「滋賀作」「三重作」って嘲ったり、属国呼ばわりするのは朝飯前である。しかし、滋賀県でも敦賀にだけは頭が上がらない。これに対して、名古屋人のストーカー根性を、滋賀県民と三重県民は「味噌作」「バゴヤストーカー」って蔑んでいる。

東の東京や、西の伊勢奈良京都大阪に行く際は、新幹線を使わずに鈍行列車やバスを使う。近隣の伊勢志摩や琵琶湖や若狭湾に行く際には、自家用車を乗り回す。新幹線が名古屋駅を外す現象は「名古屋飛ばし」と呼ばれるが、名古屋が畿内地方から外される現象も「名古屋飛ばし」である。冒頭のリュシータの発言にもある通り、名古屋は長浜敦賀と同じく、織田信長や豊臣秀吉の領土で京都の家来だったし、熱田神宮に三種の神器の一つが祀られている事で解る通り、伊勢の弟分だった(外の地方で似たような現象には、「沼津飛ばし」もあるが)。しかし、JR倒壊の宣伝を見ると解る通り、名古屋人は、京都(母)や伊勢(いとこの姉ちゃん)や奈良(伯母)の恩を忘れて、京都や伊勢や奈良の観光地を名古屋の私物であるように宣伝するため、名古屋人のワガママに対して京都人と伊勢人と奈良人はカンカンに怒っている。裏返すと、名古屋は京都がいないと何もできないヘタレに過ぎない。この弱みを見ている三重県民と滋賀県民は、「京の都の御恩を忘れたのか!?」「京都がいないと何もできないくせに!!」って名古屋人を脅している。

ただ新幹線を使わないわけではなく、新幹線のような兵器で遠出に行くことがある。又、名古屋市民の家は、どこでも家の下を掘れば日本円の札束が出てくるといわれている。しかし婚姻の際には、派手に金を使う。開店祝いの花輪が、開店と同時に奪い去られることは有名である。そして、葬式の花輪も、出棺後に参列者が抜き取って持ち帰る風習がある。

名古屋人は新奇なものには金を使わないので、パイロット店鋪として名古屋を利用(名古屋で売れるなら他国でも売れると推測)する企業は多数ある。しかし、その多くは豊富なチャレンジャー精神を満たしただけで終わることが多い。例えば、メリケン・ケンタッキーの唐揚げ屋が日本国より先に名古屋に出店しているが、僅数ヶ月で撤退に追い込まれている。

都市と市民の象徴ともいえるものが、名古屋テレビ塔とナナちゃん人形である。名古屋市街地の中央にそびえるアナログ地上波放送の送受信塔は、その付随民間放送局と共に日本国より先に建築されている。又、名古屋でのチャリティはこのテレビ塔で予告無く行なわれるのが慣例である(慈善活動を志す篤志家はテレビ塔から現金をばら撒く)。テレビ塔を利用する篤志家達をテレビ党と呼ぶ。

一方、ナナちゃん人形の衣装は、名古屋人に季節が変わったことを知らせる広報塔として利用されている。なおナナちゃんと愛称が呼ばれるようになったのは岡田奈々、もしくは水樹奈々がもっと身長が大きくなったらいいのになー、と嘆いたことから建てられたとも言われる。ちなみに榮倉奈々は何こんな馬鹿でかいもの作っているの??ホント、訳わかんないよ、これ作った奴、馬鹿じゃないの、と自分の身長が高いことをいいことにこのナナちゃん人形の存在すら否定している。

また、ナナちゃん人形は衣服を着ていない事も多く、その時は全裸である。名古屋に初めて来た他県の男性は必ずと言っていいほど全裸のナナちゃんをその開いた脚の下から見上げるが、結局すぐに失望したような顔になる。理由は直接見て確かめてほしい。

なお、名古屋市民は「中日」と付くものを崇拝しているが、その中でも新聞竜群は神聖な存在とされ、拝まなければこの地にいられない程である。日本経済新聞だけを定期購読することはできず、常に中日と抱き合わせを強いられる地域もある。
名古屋打ち

名古屋基濃尾地方出身の人間なら誰でもできるテクニック。シューティングゲーム(主にスペースインベーダーとか)などによく用いられる。また、サイボーグクロちゃんがこの技が使えるのでも有名。名古屋打ちができると尊敬される。
パクリ

「お前の物は俺の物、俺の物は俺の物」というパクリ根性を振りかざす都市は、名古屋市以外はまずないだろう。名古屋には外の地域からパクって来た物や、自ら詐称している物が非常に多い。どれだけの物を名古屋がパクって来たかを、以下に列挙する。勿論、これらの名古屋のパクリ癖が、岡崎豊田など西三河が名古屋共和国から脱退したがる要因になった事は言うまでもない。
中京
名古屋市は「中京」を自称しているが、実際には織田信長豊臣秀吉の領地だったので、京都の勢力圏内に過ぎない。京都の都心が真の「中京」。
東海
名古屋市を本拠地とするマスコミや官衙群は、名古屋市を中心とする地域をトンヘ「東海」と呼んでいるが、実際には京都や紀伊半島各地(伊勢奈良橿原など)の権力者との繋がりが深いので、「畿内」「近畿」の一員に過ぎない。京都政権にも関東政権にも与せず、徳川時代まで「海道」と呼ばれていた、由比から豊川流域までの太平洋岸が真の「東海」。つまり、真の「東海」は、清水浜松を中心とする地域である。
八丁味噌
発祥地は岡崎である。赤味噌のことをすべて「八丁味噌!」というやつが多い。
徳川家康
「名古屋まつり」で三英傑パレードをやっているが、三英傑のうち名古屋出身の武将は豊臣秀吉だけである。徳川家康は松平の出身。
トヨタ自動車
トヨタ自動車はトヨタに本社を置く企業であって、名古屋市内にトヨタの工場は無い。名古屋市は豊田市の外港としてトヨタの車を輸出入してるだけ(ただし営業本部は名古屋駅前のミッドランドスクエアにある)。
大須観音
もともと羽島にあったものを徳川家の命令で移してきたものである。「尾張四観音を答えよ」と聞かれてこれを答えると、名古屋人失格となってしまう。
どて焼き
発祥地は大阪である。
天むす
発祥地はである。
ういろう
発祥地は小田原である。
きしめん
発祥地は刈谷説と知立説がある。
食性 一般的な名古屋の食堂のメニュー

また、料理に関しては何から何まで醤油ソースの代わりに八丁味噌と呼ばれる高貴な味噌を用いる。味噌の原料は豆に決まっとるがね。米や麦を使うなんてとんでもにゃ?でかんゎ。味噌カツや味噌煮込みうどんが有名である。さらに、この地方にも白醤油やこいくちソースのような特産品がある。

名古屋人はきしめんを愛好する。丸いうどんや灰色の蕎麦を食う人間の気が知れない。

スガキヤラーメン」があるのでラーメン屋は流行らない。

喫茶店はコメダ珈琲店のみ。

名古屋コーチンという、文字を並べ替えればなにかとエロイ食材があるのも名古屋の名物である。単に高いだけという見方が強く、地元の人が食べることは滅多にない。

味噌煮込みうどんは、八丁味噌でよ?く煮込んだうどんであるが固い。うどんは塩分の少ない特製うどんを用いる。また、煮込む土鍋のフタに蒸気穴がなく、フタを取り皿代わりに使って食するのが定番。よく噛んで食するので名古屋人の顎は強いがね。

名古屋人はすべての料理に味噌をかけて食べるのは当然だが、フランス料理においても同様である。なぜなら、フレンチみそという味噌が、実際にスーパーに売っているので誤いない。

蟹道楽など、蟹すきといった蟹鍋が盛んである。意外にも、質の良い蟹がスーパーで手に入りやすく、市販のたれ(ダシのもと)も地元の厳しい舌に鍛えられて、上質のものが出回っている。これらは都心などには出回らないため、隠れた名産品ともいえる。

文明堂の白黒CMは放送されていないので、三時のおやつの定番は「大須ういろ・ないろ」である。

どて焼きと天むすと八丁味噌を「名古屋の名産」として自慢しているが、全くの嘘っぱちで、いずれも発祥地は名古屋じゃない。前述の通り、八丁味噌の発祥地は岡崎である。「八丁味噌の発祥地は名古屋」であるかの発言をする名古屋人に対して、岡崎人が抗議している。又、滋賀県民と三重県民は、ワガママな名古屋人を「味噌作」って嘲り返している。

又、日本海に最も近い太平洋岸でもあり、名古屋港から敦賀港までは115kmで行ける。名古屋と敦賀の市街地となれば僅か110kmだ。週末にもなれば、敦賀の「日本海さかな街」を訪れる者も多い。水上レジャーでは琵琶湖に行き、夏の海水浴では若狭湾に行く。

何より重要なのは、フジパン、敷島(Pasco)と言った菓子パン、おかずパンメーカーは名古屋の会社なのである。また、かの山崎製パンもフジパンや敷島に作り方を教わった(とあのウィキペディアに書いてある。本当かどうかは知らん)。従って、名古屋は日本人を支えていると言っても過言ではない。名古屋すげえ。
関連項目ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「名古屋市」の項目を執筆しています。ユーモア欠落症患者のために、ウィクショナリーの語学ヲタクたちが「 ⇒名古屋市」の項目を執筆しています。放浪癖に取り憑かれた人のために、ウィキトラベルのトラベルライター気取りたちが「 ⇒名古屋市」の項目を執筆しています。ニコニコ動画中毒患者のために、ニコニコ大百科ではニコ厨たちがお金をかけてまで「 ⇒名古屋市」の項目を執筆してくれています。同人マニアのために、ピクシブ百科事典では同人ゴロとその愉快な仲間たちが「 ⇒名古屋市」の記事を執筆しています。長文が読めないバカな人のために、チャクウィキバカたちが「 ⇒名古屋市」の項目を執筆しています。
名古屋市関連


名古屋駅

名古屋走り

名古屋飛ばし

名古屋嬢

名古屋市営地下鉄

名古屋市営バス

名古屋港

シャチホコ

三ええケツ

霞ヶ関の三大総支部


東京都

名古屋市

大阪市

琵琶湖若狭湾友好同盟


京都市

長浜市

敦賀市

名古屋市

岐阜市

大阪市

安土町

近江八幡市

彦根市

米原市

7fd4 小浜市

舞鶴市

清須市

堺市


名古屋めし


きしめん

天むす

いなり

ういろう

ひつまぶし

みそかつ

スガキヤ

名古屋市外


北名古屋市:原名は「師勝市」で、名古屋市に強請りまくっている。

中部国際空港

中村市:高知県の中村。

相馬市:宮城県の中村。

 ・ ⇒・ ⇒ 名古屋共和国

中京都 :名城カリスマ区 | 大須カオス区 | 名駅メトロポリス区 | 白壁ブルジョア区 | 南北100メートル区 | 東西100メートル区 | 金山アスナル区 | 築地ガーデン区 | 桶狭間ホース区 | 八田ファジー区 | 本前田ファジー区 | 金鯱区 | 楠区 | 小田井区 | 超栄区 | 新栄区 | 上前津区 | 荒子区 | 富田区 | 稲永区 | 港明区 | 南陽区 | 大高区 | 鳴海区 | 小幡区 | 志段味区 | 白鳥区 | 宮区 | 太閤区 | 堀田区 | 名南区 | 藤が丘区 | 山岳区 | 学習儒区 | てんぱっ区 | 旭区 | 治甚宝区
尾張県 :愛西市 | 138市 | 稲沢市 | 犬山市 | 岩倉市 | 大府市 | 春日井市 | 清須市 | 江南市 | 小牧市 | 瀬戸市 | 知多市 | 津島市 | 尾張横須賀市 | 常滑市 | 豊明市 | 日進市 | パンダ市 | 北名古屋市 | 弥富市 | 長久手市 | 東浦町 | 東郷町 | 蟹江町 | 飛島村 | 豊山町 | 大口町 | 扶桑町 | たけゆたか町 | 美浜町 | 南知多町
西三河県 :安城市 | 岡崎市 | 刈谷市 | 高浜市 | 池鯉鮒市 | 豊田市 | 西尾市(一色町佐久島)) | 碧南市 | みよし市 | 幸田町
独立構想 :南セントレア国
 ・話・ ⇒・ ⇒ 日本の政令指定都市

第一世代 :大阪市 - 名古屋市 - 京都市 - 横浜市 - 神戸市
第二世代 :北九州市 - 札幌市 - 川崎市 - 福岡市 - 広島市 - 仙台市 - 千葉市 - さいたま市
第三世代 :静岡市 - 堺市 - 新潟市 - 浜松市 - 岡山市大都会) - 相模原市 - 熊本市
 ・ ⇒・ ⇒ 日本都市

北海道 : 札幌市 | 江別市 | 千歳市 | 北広島市 | 小樽市 | 函館市 | 室蘭市 | 苫小牧市 | 登別市 | 夕張市 | 岩見沢市 | 美唄市 | 三笠市 | 滝川市 | 歌志内市 | 富良野市 | 旭川市 | 留萌市 | 稚内市 | 紋別市 | 北見市 | 網走市 | 帯広市 | 釧路市 | 根室市 | 八雲町 | 長万部町 | 枝幸町 | 雄武町 | 斜里町 | 神恵内村
青森県 : 青森市 | 弘前市 | 八戸市 | 黒石市 | 五所川原市 | 三沢市 | むつ市 | おいらせ町 | 新郷村 | 六ヶ所村
岩手県 : 盛岡市 | 釜石市 | 宮古市 | 花巻市 | 奥州市 | 北上市 | 平泉町 | 滝沢村| 気仙沼市
宮城県 : 仙台市 | 石巻市 | 気仙沼市 | 白石市 | 名取市 | 角田市 | 登米市 | 大崎市 | 角田市| 美里町 | 南三陸町
秋田県 : 秋田市 | 能代市 | 横手市 | 北秋田市
山形県 : 山形市 | 米沢市 | 三川町
福島県 : 福島市 | 会津若松市 | 郡山市 | いわき市 | 白河市 | 喜多方市 | 相馬市 | 本宮市 | 棚倉町 | 矢祭町 | 浪江町
茨城県 : 水戸市 | 日立市 | 土浦市 | 古河市 | 石岡市 | 龍ケ崎市 | 取手市 | 牛久市 | 鹿嶋市 | 守谷市 | かすみがうら市 | つくばみらい市 | 東海村
栃木県 : 宇都宮市 | 足利市 | 岩舟町 | 栃木市 | 佐野市 | 鹿沼市 | 日光市 | 下野市 | さくら市 | 小山市 | 真岡市 | 大田原市 | 西那須野市
群馬県 : 前橋市 | 高崎市 | 桐生市 | 伊勢崎市 | 太田市 | 沼田市 | 館林市 | 渋川市 | 402d 富岡市 | 安中市 | 中之条町 | 草津町
埼玉県 : さいたま市 | 川越市 | 熊谷市 | 川口市 | 行田市 | 所沢市 | 飯能市 | 東松山市 | 春日部市 | 狭山市 | 草加市 | 越谷市 | 蕨市 | 入間市 | 和光市 | 新座市 | 朝霞市 | 深谷市 | 坂戸市 | 羽生市 | 久喜市 | 富士見市 | 鶴ヶ島市 | 日高市 | 三郷市 | 幸手市 | ふじみ野市 | 三芳町 | 毛呂山町 | 鳩山町 | 滑川町 | 川島町
千葉県 : 千葉市中央区 | 花見川区 | 稲毛区 | 美浜区) | 銚子市 | 市川市 | 船橋市 | 館山市 | 木更津市 | 松戸市 | 野田市 | 茂原市 | 成田市 | 佐倉市 | 東金市 | 津田沼市 | 柏市 | 市原市 | 八千代市 | 我孫子市 | 浦安市 | 匝瑳市 | 勝浦市 | 流山市 | 香取市 | 四街道市
東京都特別区 : (江戸) | 千代田区 | 新宿区 | 文京区 | 台東区 | 墨田区 | 目黒区 | 大田区 | 世田谷区 | 渋谷区 | 中野区 | 杉並区 | 豊島区 | 荒川区 | 板橋区 | 練馬区 | 足立区 | 葛飾区
東京都 : 八王子市 | 府中市 | 武蔵野市 | 三鷹市 | 小金井市 | 東村山市 | 国立市 | 国分寺市 | 調布市 | 狛江市 | 稲城市 | 多摩市 | 羽村市 | 西東京市 | 小平市 | 小笠原村
神奈川県 : 横浜市中区) | 川崎市幸区 | 多摩区 | 麻生区 ) | 横須賀市 | 平塚市 | 鎌倉市 | 藤沢市 | 小田原市 | 茅ヶ崎市 | 逗子市 | 相模原市相模湖町) | 町田市 | 三浦市 | 厚木市 | 伊勢原市 | 海老名市 | 大船市 | 葉山町 | 箱根町 | 真鶴町 | 湯河原町 | 愛川町
新潟県 : 新潟市 | 長岡市 | 上杉市高田市) | 三条市 | 柏崎市 | 新発田市 | 小千谷市 | 加茂市 | 十日町市 | 村上市 | 燕市 | 糸魚川市 | 妙高市 | 胎内市 | 刈羽村 | (佐渡島
富山県 : 富山市 | 高岡市 | 魚津市 | 滑川市 | 黒部市 | 砺波市 | 氷見市 | 小矢部市 | 舟橋村
石川県 : 金沢市 | 七尾市 | 小松市 | 羽咋市 | かほく市 | 白山市 | 能美市 | 野々市市 | 内灘町 | 中能登町 | 津幡町
福井県 : 福井市 | 敦賀市 | 小浜市 | 大野市 | 鯖江市 | 美浜町
山梨県 : 甲府市 | 富士吉田市 | 大月市 | 南アルプス市 | 北杜市
長野県 : 長野市 | 松本市 | 上田市 | 岡谷市 | 飯田市 | 諏訪市 | 小諸市 | 大町市 | 茅野市 | 東御市 | 伊那市 | 軽井沢町 | 松代町 | 7fd3 飯綱町 | 栄村 | 白馬村
岐阜県 : 岐阜市 | 大垣市 | 高山市 | 関市 | 各務原市 | 瑞穂市 | 飛騨市 | 本巣市 | 下呂市 | 郡上市 | 雛見沢村
静岡県 : 静岡市葵区 | 駿河区 | 清水区 | 清水市) | 浜松市 | 沼津市 | 熱海市 | 三島市 | 富士宮市 | 島田市 | 富士市 | 焼津市 | 掛川市 | 藤枝市 | 裾野市 | 伊豆市 | 長泉町 | 磐田市 | 袋井市 | 御殿場市|伊東市
愛知県 : 名古屋市(中川区) | 豊橋市 | 岡崎市 | 138市 | 瀬戸市 | 豊川市 | 刈谷市 | 豊田市 | 犬山市 | 蒲郡市 | 岩倉市 | 清須市春日町) | 北名古屋市 | みよし市
三重県 : 津市 | 四日市市 | 伊勢市 | 松阪市 | 鈴鹿市 | 尾鷲市 | 志摩市 | 伊賀市 | 亀山市
滋賀県 : 大津市 | 彦根市 | 長浜市 | 近江八幡市 | 甲賀市 | 米原市 | (琵琶湖
京都府 : 京都市 | 福知山市 | 舞鶴市 | 綾部市 | 宇治市 | 長岡京市 | 木津川市
奈良県 : 奈良市 | 大和高田市 | 大和郡山市 | 天理市 | 橿原市 | 生駒市 | 平群町 | 王寺町
和歌山県 : 和歌山市 | 新宮市 | 海南市 | 田辺市 | 御坊市 | 那智勝浦町 | 北山村
大阪府 : 大阪市 | 堺市 | 岸和田市 | 豊中市 | 池田市 | 吹田市 | 高槻市 | 枚方市 | 茨木市 | 箕面市 | 摂津市 | 豊能町 | 島本町
兵庫県 : 神戸市 | 姫路市 | 尼崎市 | 明石市 | 西宮市 | 芦屋市 | 伊丹市 | 豊岡市 | 赤穂市 | 西脇市 | 宝塚市 | 高砂市 | 川西市 | 三田市 | 宍粟市 | (淡路島
鳥取県 : 鳥取市 | 米子市 | 倉吉市 | 境港市 | 南部町 | 日吉津村
島根県 : 松江市 | 浜田市 | 出雲市 | 山陰市
岡山県 : 岡山市大都会岡山)| 倉敷市 | 津山市 | 瀬戸内市 | 浅口市 | 高梁市笠岡市
広島県 : 広島市 | 尾道市 | 呉市 | 福山市 | 廿日市市 | (初音島
山口県 : 山口市 | 下関市 | 宇部市 | 長門市 | (中関) | 上関町
徳島県 : 徳島市 | 鳴門市
香川県 : 高松市 | 丸亀市 | 満弦ヶ崎市 | 宇多津町 | 小豆島町
愛媛県 : 松山市 | 今治市 | 宇和島市 | 八幡浜市 | 新居浜市 | 四国中央市
高知県 : 高知市 | 中村市
福岡県 : 福岡市早良区)| 北九州市門司区 | 八幡西区 | 八幡東区)| 大牟田市 | 久留米市 | 直方市 | 飯塚市 | 芦屋町 | 宇美町 | 篠栗町 | 久山町
佐賀県 : 佐賀市 | 唐津市 | 鳥栖市 | 有田町
長崎県 : 長崎市 | 佐世保市 | 島原市 | 大村市 | 雲仙市
熊本県 : 熊本市 | 八代市 | 玉名市 | 上天草市 | 宇城市 | 天草市
大分県 : 大分市 | 別府市 | 日田市| 佐伯市
宮崎県 : 宮崎市 | 都城市 | 延岡市
鹿児島県 : 鹿児島市 | 薩摩川内市 | 鹿屋市 | 阿久根市 | 霧島市 | 南九州市 | 十島村
沖縄県 : 那覇市 | コザ市 | 宜野湾市 | 浦添市 | 名護市 | 豊見城市
朝鮮 : ソウル特別市 | 仁川市 | 平壌市
満州 : 新京市 | 哈爾濱市
華北・華中 : 南京市
台湾 : 台北市 | 台中市 | 高雄市 | 台南市
樺太 : 豊原市 | 落石市 | 新樺太市 | 真岡町 | 能登萌町


更新日時:2017年10月8日(日)17:29
取得日時:2018/05/25 00:54


記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション
Wikipediaで表示
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしUncyclopedia

Size:92 KB
出典: フリー誤報百科事典『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:FIRTREE