名古屋めし
[Uncyclopedia|▼Menu]
693f ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「名古屋めし」の項目を執筆しています。 名古屋めしの一つ、味噌カツを提供している店のメニュー

名古屋めし(なごやめし)とは、色々な所からかき集めためしの総称。
目次

1 概要

2 発祥地別一覧

2.1 東京都

2.1.1 新宿区

2.1.2 中央区


2.2 山梨県

2.2.1 南アルプス市


2.3 岐阜県

2.3.1 郡上市


2.4 三重県

2.4.1 津市


2.5 大阪府

2.5.1 大阪市


2.6 福岡県

2.6.1 福岡市


2.7 台湾

2.8 インド

2.9 イタリア

2.10 愛知県

2.10.1 刈谷市

2.10.2 名古屋市



3 関連項目

概要

名古屋市では、収入を上げるために当時流行っていた「いためし」(イタリア料理の意)を乗っ取り、「なごめし」として売り出す計画が密かに進められていた。しかし、大流行している「いためし」を乗っ取るためには、それを上回るほどの料理が必要だが、そのような料理を名古屋市で見つけるのは誰がどう考えても困難だった。

そこで、名古屋市は世界中から大量の料理を探してきて、片っ端から「名古屋めし」と名付ける。これにより、「いためし」を乗っ取ることに成功した。
発祥地別一覧

ここでは、主な名古屋めしを、発祥地別に紹介する。
東京都
新宿区
「カレーうどん

本場とはかけ離れたカレーうどんを入れたもの。うどんをすするときに、カレーを服に飛ぶようにすることで、奥様方の洗濯の苦労を増やした、罪深い食べ物。本場ではないが、一部の地域では、とろろご飯の上にカレーうどんを盛り付けており、〆にカレーライスも楽しめるという非常にうれしいメニューになっている。
中央区
えびふりゃー
カツの人気にあやかって作られたもの。いわいる「エビフライ」。なお、「エビフライ」を「えびふりゃー」というのはタモリという人物だけだと思われる。
山梨県
南アルプス市
「味噌煮込みうどん

日本中で食べられているが、発祥地は南アルプス市である。しかし、せっかく全国レベルの食べ物の発祥地だっていうのに、カタカナ市名が目立ち過ぎて、誰も気にしない
岐阜県
郡上市
「鶏ちゃん

ジンギスカンひよこ陛下パクリ。「鶏くん」ではなく「鶏ちゃん」なので、だと推測できる。近年では、鶏ちゃん本人が名古屋市まで侵略している。
三重県
津市
「天むす

「海老天ぷらおむすび」の略。サイズを小さくすることによって、材料費をケチって、儲けてるために作られた。とことん材料費をケチっているので、伊勢の癖に伊勢海老は使われていない。流石、伊勢乞食、ぬかりない。
ひつまぶし
高級なを使うと材料費が掛かるから、質の悪い固い鰻を、切り刻んで誤魔化した鰻丼。木製の器を使っているのも、陶磁器製の器より安いからである。流石、伊勢乞食、ぬかりない。
「味噌カツ」
洋食を作ろうとしたが、洋食に使う材料が高いため、豚カツ味噌をかけただけのものを、洋食だと言い張った。流石、伊勢乞食、ぬかりない。
大阪府
大阪市
「どて焼き

土手に捨てられた生ゴミを焼いたもの。時間が経てば経つほど臭いが強くなるのが特徴。これを食べる人もいる。
福岡県
福岡市
「ういろう

味ついたようかん。以上。
台湾
「台湾ラーメン

名古屋めしは、外国にもある。調べていないが、「台湾」と付くのだから、台湾発祥なのだろう。
インド
「インディアンスパゲッティ

同上。「インディアン」と付くのだから、インド発祥に違いない。いや、もしかしたらこの「インディアン」というのはアメリカ先住民の事かもしれないが、いずれにせよ外国発祥に間違い無い。
イタリア
「イタリアンスバゲッティ

同上。「イタリア」と付くのだから、イタリア発祥なのだろう。要するに「いためし」の生き残り。
愛知県
刈谷市
きしめん
うどんの幅を広げて、喉に詰まりやすくしたもの。多くの高齢者が喉に詰まらせて亡くなることで、高齢化抑制が期待されている。そのかわり、人口減少は加速する。
名古屋市
「めしの種

名古屋市の郷土料理は無いに等しいが、世界中の料理を勝手に利用し、自ら「名古屋めし」と名乗ることで、商売を繁盛させている。このことから、他人を利用し、自らの生計を立てることを「めしの種」と呼ぶようになった。
関連項目

名古屋

めし

ジャイアニズム


更新日時:2018年6月9日(土)15:47
取得日時:2020/04/09 16:20


記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション
Wikipediaで表示
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしUncyclopedia

Size:10 KB
出典: バ科事典『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:undef