同和問題
是非お友達にも!
■暇つぶし何某■

[Uncyclopedia|▼Menu]
秀逸な記事

この記事は秀逸な記事だよ。書いた本人とひよこ陛下が言うんだから間違いない。より素晴らしい記事にできるってんなら、してみやがってください。お願いしましたよ。 大阪同和帝国の正体

同和問題(どうわもんだい)とは、現在では失効済みの同和対策事業特別措置法(昭和四十四年七月十日法律第六十号)の制定により、戦後の日本において作られたとされる同和地区に関係する諸問題のことである。この問題の拡大は部落解放同盟の先導で行われた。
目次

1 起源

2 同和地区

3 同和地区出身者

4 部落差別

5 関連項目

6 外部リンク

起源

同和問題の起源は、昭和時代に日本政府によって作られた同和地区と呼ばれる被差別集落と同和地区出身者という被差別身分である。平成14年(2002年)に「地域改善対策特定事業にかかる国の財政上の特別措置に関する法律」が失効したことにより一般国民と平等になったが、現在においても特に地方行政など、社会的にはまだ根強い差別があるのが現状である。

このような被差別身分が作られた背景は、地方自治体が合法的に中央政府から公金を吸い上げるためである。なおかつ、公金を使用する過程に「アンタッチャブル」である被差別集落や被差別身分を存在させることで、後ろ暗い公金の使途を追求しようとするうるさい国民を遠ざける目的があった。具体的には、公金の使途を知ろうとすると必然的に同和地区や同和地区出身者が判ってしまうため「そのようなことを知ろうとするのは差別だ!」と言って説明を回避することができた。

自治体が行う事業は自治体の予算で行われることが原則であるが、同和対策事業特別措置法は事業が行われる場所を同和地区ということにしておけば、3分の2の予算を国が負担するという自治体にとっては夢のような法律であった。住宅地区改良法も同様の法律であるが、こちらは事業の詳細を記録して公開する義務があるため、地方公務員の後ろ暗い行為を隠せないという致命的な欠陥があり、そのため、各地に同和地区が乱立することとなった。

同和対策事業を実施するため、当時の総理府により同和地区とそこに住む同和地区出身者が調査され、各自治体では同和地区を把握するための部落地名総鑑や、同和地区出身者を管理するための世帯名簿、宗門人別改帳が作成され、ここに固定された身分制度が確立することになった。

また、同和対策事業は同和地区出身者により組織された非人小屋と呼ばれる組織や、穢多頭と呼ばれる同和地区出身者の代表者を通して行われた。これらの組織は、名目上は同和地区出身者の利益を守り、差別を撲滅することを目的としていたが、背後では役人とつながっており、自治体が浮かせた予算の一部をみかじめ料として受け取る見返りに、自治体が安全に予算を得るために、同和対策事業に異を唱える国民と、予算の支出を渋る中央政府の役人を吊るし上げる役割を担った。また、身に覚えのないのに自治体の都合で一方的に被差別身分とされた人々を買収して黙らせたり、洗脳するための事業にも相当の出費がかさんでしまったようである。
同和地区 8895 大阪市の外郭団体が作成した部落地名総鑑に記載された同和地区の一例。具体的な地名が観測できないのは不確定性原理による。

同和地区はとりあえず公共事業の予算を浮かせるために自治体が同和対策事業特別措置法の対象地域として指定した地区のことである。法律上は「歴史的社会的理由により生活環境等の安定向上が阻害されている地域」とされているが、同和地区として指定されている地域が本当にそのような地域なのか自治体に確認しようとすると、自治体の職員にものすごい形相で怒られる。

同和地区の存在は自治体の条例や規則、要綱、予算書等から確認できるが、同和地区が存在するかどうかその自治体に問い合わせると、必ず係長級以上の職員が対応に出てきて、問い合わせの目的を根掘り葉掘り聞かれるのみで、絶対に質問に答えることはない。自分の住所や出生地が同和地区であるのか、同和地区か同和地区でないのかを判断する基準等を問い合わせても同様であるが、時々同和団体の講演などで関係者が場所を話すことがある。しかし、同和地区の場所を特定して具体的に地区に行われている施策などを公にしようとすると、自治体の職員に必死の形相で止められる。

このような現象のメカニズムは量子力学により科学的に説明可能である。すなわち、不確定性原理により同和地区に対する施策を確定すると位置を確定できなくなり、同和地区の位置を確定すると施策を確定できなくなるのである。

同和地区に対する施策は、税金が安くなったり、改良住宅と呼ばれる安価な公営住宅に入居できたり、学力に関係なく支給されてなおかつ返さなくてもよい奨学金等が確認されている。その他、同和地区に対する施策に関連するキーワードを含んだ ⇒inurl:reiki 同和 施設 OR 集会所 OR 納骨堂 OR 改良住宅という文字列でググると、自治体のサイトに掲載された謎の住所一覧が出てくるが、同和地区の住所ではないことは明らかである。なぜなら、見えるということは、不確定性原理に反するからである。
同和地区出身者

同和地区出身者とは自分が同和地区出身だと思い込んでいる人のことである。出生地が同和地区の人を指すと思われがちだが、実際はそうではない。同和地区出身者は、自治体の保有する宗門人別改帳に氏名を登録することにより、給付金が受けられたり、住民税や固定資産税が安くなる等の特典を受けられる。

同和地区出身者になる理由は様々である。幼少期にから口伝で伝えられることもあるし、地方によっては学校で「あなたは同和地区出身者である」と暗示をかけられることもある。また、大人になってから同和団体の主催する同和地区見学会に参加したところ、その地域の住民から「あんたのところも同じですぜ」と言われ、そのために自分は同和地区出身者だと思うようになったという例もある。

また、自己暗示をかけることにより誰でも同和地区出身者になることが可能である。しかし宗門人別改帳に登録する場合、自治体によっては本当に同和地区出身者なのか確認を求められることがある。その場合は、既にこの世にいない直系親族を引き合いに出し「死んだおじいさんから、うちは差別された身分の家系だと聞いた」等と強行に主張することが重要である。かつての身分を引き合いに出すのは、自治体によっては江戸時代のある身分に属した家系であることが要件になっているためであるが、昭和43年(1968年)3月29日付け民事甲第777号通達により自治体は個人の過去の身分を調査することはできないため、うそをついても発覚することはない。戸籍に記載される出生地は文字通り出生した場所の住所であり、病院の住所が記載されることも多いため、同和地区出身という判断材料にされることはない。本籍地は自分と何のゆかりもない場所でも自由に移すことができるので、適当な同和地区に移しておけば同和地区出身っぽい要素が増え、役所を騙すのには効果的である。

また、逆に幼少期の暗示により同和地区出身者となった者も、80%は大人になれば暗示が解けるのが普通である。しかし、同和地区やその周辺に住んでいる場合、同和地区出身者を対象とした研修や啓発行事等への参加を暗黙のうちに強要(参加しないと地域から仲間はずれにされる、あるいは現状の優遇措置を止められる等)されることがある。

同和地区出身者をやめる場合は、同和対策の貸付金等を返済した後、保有個人情報利用停止申請書を自治体に提出することで宗門人別改帳から氏名を削除することができる。差別行為であるとか、自分だけ差別対象から逃れるのはずるいなどと言いがかりをつけられることがあるが、自治体に拒否する権限はないので、粛々と手続きを進めてもらうことが肝要である。
部落差別

同和地区出身者に対する差別行為や人権侵害を部落差別という。以下のようなものがあげられる。 就職差別と闘ったポルシェ中川さん(42)のノンフィクションドラマ「ドウワの帝王」。


◇ピンチです!◇
■暇つぶし何某■

[次ページ]
[記事の検索]
[おまかせリスト]
[ブックマーク登録]
[mixiチェック!]
[Twitterに投稿]
[オプション]
[Wikipediaで表示]
[話題のニュース]
[列車運行情報]
[暇つぶしUncyclopedia]

Size:14 KB
出典: フリー誤報百科事典『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:FIRTREE