合体事故
[Uncyclopedia|▼Menu]
ウィキペディアンがとても偏っている証拠に、「合体事故」の項目はまだありません。アンサイクロペディアンとの格の違いを見せつけてやりましょう。ニコニコ動画中毒患者のために、ニコニコ大百科ではニコ厨たちがお金をかけてまで「 ⇒合体事故」の項目を執筆してくれています。同人マニアのために、ピクシブ百科事典では同人ゴロとその愉快な仲間たちが「合体事故」の記事を執筆しています。

合体事故(がったいじこ)とは、合体時及びそれに付随する様々な条件下で起こる事故を示す用語。正式な基準が有るわけではなく、俗語に近い。
目次

1 概要

2 合体事故の例

3 脚注

4 関連項目

概要

合体は製造目的や器具の強化など様々な理由で広く行われているが、定まった方式がなく「器具士 4966 を接触させ駆動させる」行為は基本的に全て合体と呼称されている[要出典]。その為合体には統一的なマニュアルが存在せず、器具の整備不良や操作タイミングの不慮等様々な理由から事故が引き起こされやすい傾向がある[1]。合体事故は器具自体が破損するケースから、慢性的な軽度の不具合発生で済むケースまで多種多様で、更に事故の瞬間は大した事がなくとも後からダメージが降りかかるケースも存在する。

合体事故を起こさない為にはまず合体しなければいい、という意見もあるがそれは本質から外れた論と言える。合体によるプラス効果は大小を問わず非常に大切なものであり、合体を全く経ないまま長期間経過した場合は内部構造体や周辺機器との動作連動に対して不具合を生じやすいという観察結果が2016年ハーバード大学生理医学部から学会に提出されている[要出典]。
合体事故の例
直接的合体事故
器具の接触による破損がこれにあたる。
縦型配置での合体器具が断裂する等、直接的事故には深刻な結果となる場合が多い。尚似ているが未開封シールを剥がした歳に塗料やオイルが漏れるのは仕様であり、合体事故ではない[2]。また器具の使用法を間違えて、普通の作業のつもりで通常とは異なる作業を行った場合も破損しやすい。両方の器具が破損すると共に作業用潤滑剤による汚染も心配される為、この場合は適切な処置が必要になる。
間接的合体事故
合体自体は成功するが、その後問題になるケース。予定外作業による生産作業後の整備ミスなどがこれに当たる。大きなトラブルにはならないが、解決まで時間を要することが多い[3]。長期間にわたってこういった駆動を続ける事で器具の相性が変化し、更に事故が起こりやすくなる事もある。予め事故に備え、しっかりと器具の整備を行う事が求められる。
脚注^ 統一マニュアル作成の動きはあるが、進展はかなり遅れている。
^ ただし作業の内容によっては、事故として処理される場合もある。
^ 数十年を要する場合もある。

関連項目

合体

事故

釣りバカ日誌

この項目「合体事故」は、嘘です。よく近所の物知りおじさんが教えてくれた豆知識も大抵は嘘です。アンサイクロペディアを真に受けてはいけないのです。大事なのは、ジョークを笑い飛ばす心の広さです。


この項目「合体事故」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)


更新日時:2018年12月18日(火)20:48
取得日時:2019/12/04 22:15


記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション
Wikipediaで表示
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしUncyclopedia

Size:6439 Bytes
出典: 悪質なデマサイト『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:undef