受精
[Uncyclopedia|▼Menu]
□記事を途中から表示しています
[最初から表示]

…素[編集] 化合中の精素と卵素精素は基本的に有機生命体の雄種成体にのみ発生し、卵素は同じく有機生命体の雌種生体にのみ発生する。その為、受精には同一生物の両種生体が一対必要となる。精素は生成数が非常に多く入手も容易だが、卵素は一成体につき数十しか生成出来ずまた一つ生成する為に一ヶ月ほどを要する。それ故に受精を行う場合は雌種が優遇される傾向がある。

精素は生成装置内で貯留限界を越える事があると思われているがそれは誤りであり、貯留精素は数日ほどで分解され再び生成材料に変わる。「溜まる」というのはあくまで精神的なものだとされている。
用途

受精の用途は一つであり、別個体の生成による種族単位の勢力拡大である。また多種の生成個体を様々な用途で使用する為に受精させることもあるが、それも自種族の拡大目的となる。

受精は生物にとって非常に重要であり、受精を行うために雄種は雌種を雌種は雄種を求めるのが通常である。ただし同性同士の受精を可能とするべく研究も行われており、両成体に受精可能な個体の実用化も待ち望まれている。

受精こそは生物の存在意義であるとも言えるのである[要出典]。
脚注^ ヒト精素とヒト卵素を化合させた場合。

関連項目

化合前作業

両種生体の一対

化合準備計画


更新日時:2016年11月23日(水)21:58
取得日時:2019/07/15 23:27


記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション
Wikipediaで表示
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしUncyclopedia

Size:4214 Bytes
出典: バ科事典『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:undef