取説
[Uncyclopedia|▼Menu]
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「取説」の項目を執筆しています。

取説(とりせつ、 : Manual)とは小説の一ジャンルである。目次

1 作風

2 販売

3 作品類型

4 関連項目

作風

巧妙に嫌気眠気を誘引する文章と、知りたいことをなかなか明かさない難解なストーリー展開で、読者を置き去りにするスタイルが特徴的である。
販売

一般販売はされておらず、大抵の場合電化製品などにサービス品として付属される。しかし購入者の大半は電化製品に興味があり小説には興味が無いため、読まれること無く投棄される。これは日本人特有の行動とされ、小説が一般娯楽として浸透しているアメリカなどでは喜んで読まれている。そのためアメリカ向けに製品を輸出する際には、取説で釣って商品の売れ行きを推進させるため内容が大幅に加筆されている。
作品類型

この特異な小説ジャンルは一体どこから生まれてきたのであろうか。検討してみよう。
取説は
推理小説か?
肝心な結論を最後の最後まで明かそうとしないところなどは推理小説とそっくりである。或る程度の難解さが伴い、読者にそれ相応の知識と思考力を要する所も非常に類似している。しかし推理小説は最後には必ず結論(=誰が犯人か?etc...)を明かすのに対し、取説は明快な結論が最後の最後までないことも多い。尤も、それだけなら単にリドル・ストーリーとみなすこともできよう。しかしながら、何を読者に問うているのか、それさえも分からないような作品が取説には多く見受けられる。この点で、やはり推理小説と取説は全く別の系譜に属する作品と見るべきであろう。
取説は恋愛小説か?
お互いの心境が分かり合えずにすれ違ってしまい、でも分かり合えた時にはとても嬉しい、というところなど非常に取説と似ている。しかし恋愛小説に於いて、すれ違いあうのは登場人物であるのに対し、取説ですれ違うのは筆者と読者である。読者自身を作品の中に取り入れる新手の恋愛小説と見ることもできるが、やはり別物と見るべきであろう。それに恋愛小説は大抵の確率でハッピーエンドを迎えるが、取説で2人が分かり合うことができた例は、ほとんどない[要出典]。その点でも区別して認識すべきであろう。
取説は学園小説か?
非常に閉鎖的な雰囲気の中で沸々と作品が展開される構成が取説と類似している、といえる。しかし生徒同士や教師生徒の人間関係などは、取説の中には一分一厘たりとも認める事は出来ない。学園小説特有の、青春としての苦悩の色合いも取説にはなく、もっと薄暗い雰囲気のなか知識詰めになった人の偏執した苦悩が、そのおぞましい晦渋な文章からこちらの方まで迸り出てくるようで、とてもその2つをイコールで結びたくはない。
取説は時代小説か?
もって回った言い方で読者をしびれさせる(色んな意味で)ところなど、時代小説の技巧に非常に良く似ている。しかし時代小説は、正義のヒーローが悪代官を一振もてバッサバッサと切る爽快さがあるのに対し、取説の方は電源コードのショートによる火災だの、有毒ガスの発生による死亡の危険性だの、とどうにも死に際まで暗い。製品利用者がどれだけ 4ca5 悪人かは、取説執筆者には想定できないだろうが、しかしせめて死に際ぐらい美しく飾らせてやりたい物である。やはり時代小説とも違うといえよう。
取説は冒険小説か?
普段、目にするものと無縁なファクターを大量に読者に浴びせることで、幻惑の念を与えることが非常に酷似しているといえる。しかし冒険小説は、最後には必ず元の世界へ戻ってこれるのに対し、取説は読者を最後までワンダーランドに連れ込んだまま返しはしない。更には、エピローグにサポートセンターへの電話番号を付記するなど、次なるワンダーランドへといざなおうとするものさえある。やはり最後には現実界に帰ってこれてこその上質なエンターテイメントであり、これも区別すべきであろう。
取説は大江健三郎か?
もはやそれは小説のジャンルではないだろ、などとツッコまないでいただきたい。非常に晦渋極まりない文章が、取説と作品類型が似ているといえるのである。しかし取説はノーベル賞を受賞したような人が書いている作品では当然ない。大江健三郎が実存主義に裏打ちされた深い示唆の中で、あのような晦渋な文章を書いているのに対し、取説の方は単に読者を置き去りにするのみである。残念ながらこの2つの作品もやはり違うといえよう。
関連項目この記事「取説」は何故か「説明書」とネタや題材がダブっています。どちらが真実なのかは神のみぞ知ります。この記事「取説」は何故か「取扱説明書」とネタや題材がダブっています。どちらが真実なのかは神のみぞ知ります。

説明書

取扱説明書

鉛筆の取り扱い説明書

仕様

仕様書


更新日時:2015年9月10日(木)09:13
取得日時:2020/11/25 18:36


記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション
Wikipediaで表示
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしUncyclopedia

Size:6851 Bytes
出典: 八百科事典『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:undef