又吉直樹
[Uncyclopedia|▼Menu]
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ピース (お笑いコンビ)」の項目を執筆しています。「ピース (お笑いコンビ)は、他人を殺し・全人類を殺す者であるから、彼らの責任は当然、死に値する。
従って、ピース (お笑いコンビ)は腹を切って死ぬべきである。
また、ピース (お笑いコンビ)はただ死んで終わるものではない。
彼は無責任な悪人であり、唯一神又吉イヱスがピース (お笑いコンビ)を地獄の火の中に投げ込むものである。」
? ピース (お笑いコンビ) について、又吉イヱス

ピースとは、吉本興業に所属する日本のお笑いコンビであり、妖怪である。2003年10月結成。
目次

1 概要

2 メンバー

2.1 綾部 祐二(あやべ ゆうじ)

2.2 又吉 直樹(またよし なおき)


3 出現する番組

3.1 テレビ

3.2 ラジオ


4 関連項目

概要

本来はそれぞれ人間に擬態して人間社会に紛れ込んで(やって来た理由は、後述)、NSCで知り合い、自分達が種類は違えど、妖怪であることを知り、仲良くなる。その際、互いの正体を見せたところ、偶然通りかかったNSCの講師にバレてしまう。「これはマズイ!」と思ったが、吉本興業が「妖怪同士でお笑いをやるのって、面白くない?」ということで、2003年10月、業界初の妖怪コンビとして売り出すことを決定。2010年頃から、ブレイクする。

2010年『ピカルの定理』(フジテレビ系)に出演。番組のリーダー的存在となる。しかも、メンバーにはサイコ野郎や透明人間がいるので、「メンバーで、自分達以外にも、お化けがいたとは思わなかった」と、とても驚いたらしい。

2010年のキングオブコント決勝に初進出。2ndステージで大会最高点(942点)を出し暫定1位に立つも、キングオブコメディに敗れ準優勝となったが、結局自分達の方が売れたので結果オーライである。
メンバー
綾部 祐二(あやべ ゆうじ)ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「綾部祐二」の項目を執筆しています。

1977年12月13日生まれ。

天狗、ツッコミ担当。

愛称:べーやん、ペニー、詐欺師

身長167cm、体重55kg、血液型O型。

茨城県のとある山里の出身だが、人間の女性にモテたくて、人間の住む街にやって来る。

好みのタイプは熟女とのこと。実際、過去には藤田紀子、五月みどり、奈美悦子との交際が報道されたことがある。

若い女性には興味がないらしいが、年下の芹那を口説いていたことを芹那本人から暴露される。いずれにしろ女好きであることには変わりない。

2012年2013年2014年『吉本男前ランキング』で1位を取る程のイケメンでトークも上手いが、上述の通り、女好きでナルシストな性格である為、世間からは結構嫌われている。特に、2013年度は世間を騒がせる事件があった為、「あんな騒動があったのに、人気が下がらないのはおかしい」「実は、このランキングは捏造ではないか?」という声もある。

口癖は、「まいったなぁ」。『ピカルの定理』では、彼の天狗ぶりを記録したドキュメントがコント化された。この時は、元の天狗の姿を披露しているが、周りからは特殊メイクによるものだと思われている。

背の低さと胸毛の濃さがコンプレックスだが、世間からは「それらがなくなったら、芸人として致命的だろ」という意見が多い。実際、『ピカルの定理』では、それらをネタにしたコントがある。

2012年、『赤川次郎原作 毒<ポイズン>』(日本テレビ系)に初主演を務める。本来のキャラとは反対に謎めいた科学者を演じたが、これが決まった時は相当調子に乗りまくっていたとかいなかったとか。

2012年、綾部がペニーオークションステマ事件に関わっていたことが判明。本人は、「知人に頼まれただけ」「機械やネットに弱いから」という理由で、不起訴となったが、ネット上では未だに詐欺師呼ばわりされている。現に、ほしのあきや小森純の様な社会的制裁は一切受けていないことも反発の原因となっているが、これは事務所の力と言っても過言ではないだろう。

2014年、妖怪としての力を持て余したのか、突然アルティメットルパンとして怪盗宣言。女将さんの心や熟女のハートなどを盗み続けたが色々あって怪盗引退。いち芸人に戻った。その後も気が向くと昼ドラなどで視聴者の心を盗んでいる。

2016年、突如アメリカ妖怪の長「バックベアード」から招集があったらしく移住を発表。NYの熟女を味見しに行く気マンマンだが、肝心のベアードがロリコンな為前途多難である。

又吉 直樹(またよし なおき)ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「又吉直樹」の項目を執筆しています。

1980年6月2日生まれ。

死神、ボケ担当。

愛称:まったん、またきち

身長164cm、体重58kg、血液型B型。

表向きは大阪府寝屋川市出身となっているが、厳密には大阪府にある魔界に通じた自動ドアを通じて人間界にやって来た。なお、やってきた理由は、「死神界は退屈だから」とのこと。

趣味は読書と散歩。知的で文学的な印象が強いが、聡明とまではいかないらしい。但し、綾部より頭は良い。

特技はサッカーとなっているが、実際は頭蓋骨を蹴ることである。実際、これで大会に出場経験もあるとのことで、運動神経も意外と良いようだ。

箕輪はるか(ハリセンボン)とは死神仲間だが、最初に出会ったのは人間界とのこと。ちなみに死神の鎌は、「もういらないから」と箕輪に譲った。もちろん、デスノートも持っていない。

又吉イエスの甥っ子だが、実際は「世を忍ぶ仮の血縁者」らしい。尚、イエスからは直樹の方が知名度が高い、あんな死神と血縁関係がある訳がないという理由で、酷く嫌われており、上述の台詞を吐いている。このことについて、直樹本人は「何で、こんなこと言われなきゃアカンのや。俺、何も悪い事した訳やないのに…」と本気で落ち込んでいるらしい。

長髪のパーマが特徴で不気味な印象を与えるが、「実際は、綾部に負けないくらいかっこいい」という意見がある。また、ファッションセンスもあり、オシャレ芸人と言われたこともある。※個人の感想です。

始めて出た全国放送の番組では、「スクール水着一丁で少女に「君たちも、こんなん着る?」と訪ねる」という妖怪的なシーンを快演。「俺、こういう妖怪やないけど…。そもそも死神やのに…」とちょっぴり落ち込んだと言う。

文学好きが高じて2015年、小説『火花』を発表。芥川賞を受賞。肩書きが「センセイ(笑)」になったが本人は気にしていない

出現する番組
テレビ

ピカルの定理
フジテレビ
2013年9月4日で打ち切られた。

森田一義アワー 笑っていいとも!(フジテレビ)
木曜日に出現。

NexT(日本テレビ)

ラジオ

ピースのオールナイトニッポンR

関連項目

吉本興業

平成ノブシコブシ

アルコ&ピース

ピカルの定理

妖怪


ピース (お笑いコンビ)は腹を切って死ぬべきである。またピース (お笑いコンビ)はただ死んで終わるものではない。
唯一ネ申又吉イヱスが地獄の火の中で加筆・編集させる者である。
ピース (お笑いコンビ)を笑って見ているだけの者も同様である。理由は未完成であるなら自ら完成させるべきだからである。
詳しい理由は選挙公報等で熟知すべし。 (Portal:スタブ)


更新日時:2019年1月31日(木)16:49
取得日時:2019/07/20 09:49


記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション
Wikipediaで表示
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしUncyclopedia

Size:11 KB
出典: へつぽこ實驗ヰキ『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:undef