原爆ドーム
[Uncyclopedia|▼Menu]
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「原爆ドーム」の項目を執筆しています。

原爆ドーム(げんばくドーム)とは、広島市にある建造物。その造形と残酷さの調和が美しく、現在は世界遺産に登録されている。
沿革

原爆ドームは1915年に建設され、当時は広島県物産陳列館という名称で、土産の販売をするだけの建物であった。その後30年の間何度も様々な用途として使われ、1945年初頭には日本軍の使用している兵器の博物館として使用されるようになった。これを受け1945年7月26日、満場一致で原爆ドームという名前へ改名した。

しかしその情報が広島市に置かれていた軍部から偶然アメリカ軍に漏れてしまい、それを知ったアメリカ兵達は、「あの建物に原爆ドームなんて名前を付けやがった。俺らもそれを記念して、そこに第一号の原爆を落としてやろうぜ」ということになり、京都市に投下されるはずの原爆は広島市へ投下されることになった。

そして、1945年8月6日、朝8時15分、原爆は寸分の狂いもなく、ちょうど原爆ドームの真上で爆発した。その光景を見ていたパイロット達は歓喜の声を上げた。しかし、日本もこの情報を前もって知っており、原爆ドームは爆発が直撃しても耐えられるだけの補強がされていたため、全くといっていいほど損傷は無く、内部の人々も爆風を免れ無事であった。それを知ったアメリカ空軍達は何としてもこのドームを落とそうと、戦闘機や爆撃機ごと建物に向かって特攻していったが、ドームに損傷は無かったと言われている。

その後、修学旅行の観光地として様々な高校生が訪れたが、床や壁に落書きが多発したために広島県はやむなく「落書きがされている床と壁の表面を剥がす」という危険な手段をとった。しかし予想通り建物が脆くなってしまったため、現在は立ち入り禁止となっている。

また、かつては東京読売巨人軍の本拠地として東京ドームとともに候補にあがっていたが、ちょっと狭いのでやめにした。
関連項目

核兵器

リアル第二次世界大戦

原爆資料館


隆太「ラわーん! あんちゃん、この原爆ドームはまだ書きかけじゃあー! シゴウしたるぞ!」
元「なんじゃと! くやしいのう、くやしいのう。お、おどりゃなんとかせんかい! 誰でもいいけえ、加筆してつかあさい。」 (Portal:スタブ)


更新日時:2018年8月3日(金)13:50
取得日時:2019/12/14 05:47


記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション
Wikipediaで表示
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしUncyclopedia

Size:3479 Bytes
出典: 八百科事典『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:undef