南竜介
[Uncyclopedia|▼Menu]
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「南竜介」の項目を執筆しています。

南 竜介(みなみ・りゅうすけ)は、千葉ロッテマリーンズに配備されている戦車である。正式名称は「65式自走74mm硬球砲」。
目次

1 概要

2 特徴

3 その他

4 関連項目

概要

1981年、当時はまだダメ虎だった虎の一家のお膝元、兵庫県西宮市で製造される。

当時から砲弾の飛距離と射出速度には定評があったので報徳学園に配備されていた際には屈強な男たちが固い肌色の棒を手で握りしめ力強く速く振り、白いものを柵より遠くに飛ばして点を入れるスポーツの投手として使用されていたが、その性能に目をつけたマシンガン軍団に2000年より採用された。

しかし横浜に配備されてから実戦レベルでは命中精度に問題があることが発覚し、2年目からはマウンドの上から外野へと任地が変更された。すると持ち前の飛距離と射出速度が評判となり横須賀名物にまでなった。やがて横浜でも使用されるようになり主に外野の守備に使用されるようになったが、攻撃時には命中精度の低さが災いしていまいち使えなかったため、2006年途中に千葉のお菓子屋さんへと譲渡されてしまった。

千葉に譲渡されてからもなかなか前線では使用してもらえない不遇の日々が続いたが、2009年にアップデートを受けると3度にわたって外野スタンドへ砲弾を叩き込むなど攻撃性能も改善され、2010年には最多の年間57日にわたる任務をこなした。
しかし夏場にオーバーヒートが原因と思われる故障を起こしてしまい、終盤には新型の1式自走74mm硬球砲や浦和で熟成が進められていた66式軽装甲機動車に出番を奪われ存在感が薄くなっている。
特徴

砲弾の飛距離と射出速度は
12部隊でもトップクラスの高性能である。名古屋に配備されている24式(旧名称・57式)自走74mm硬球砲に飛距離で勝ったこともある。

しかし前述の通り命中精度はいまいちで、その威力も災いして捕手が砲弾を受け止められないことも多々ある。

機動力は平均的だが、なぜか千葉軍では高機動型であると思われている。

攻撃ではさほど目立った戦果を挙げていないが、時折パワーを活かして柵越え弾を打ち込むこともある。

年間の維持費は1,150万円(2010年度実績)らしい。

この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

その他

上甲子園に配備されていた頃、訓練中に誤って場外まで砲弾を飛ばしてしまい付近に駐車してあった自動車を破壊したことがある。そのため演習場のフェンスが15mの高さに増設された。

応援歌には「ミナミ風にのせて 大きく飛ばそう」というフレーズがあるが、主な任地の千葉
では南風を受けると砲弾が押し戻されてしまう。いいのかそれで。

2011年度からは33式・通称「南 昌輝」が配備されたため、これと区別するため「南竜」と呼ばれるようになった。ちょっと中二病っぽい。

この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

関連項目

千葉ロッテマリーンズ
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「南竜介」の項目を執筆しています。

更新日時:2011年8月22日(月)17:46
取得日時:2019/06/14 15:12


記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション
Wikipediaで表示
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしUncyclopedia

Size:6885 Bytes
出典: バ科事典『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:FIRTREE