卑弥呼
[Uncyclopedia|▼Menu]
□記事を途中から表示しています
[最初から表示]

…AV出演作品[編集]生まれ変わったら自由奔放に生きたいという卑弥呼の遺志は1800年後に生まれ変わってAV女優になることで、かなえられた。生まれ変わった卑弥呼はコスプレを好み、素人男優と絡む作品に多く出演した。またサンダルを履いてのSM作品も多い。これは今日におけるハイヒール使用作品の走りである。これらの作品は『カムイ』という名がつけられており、アイヌ民族からもネ申と言われる伝説的AV女優であったことが分かる。他にも多くの作品で火を焚いてまじないすることも多く、これは今日のローソクプレイの起源と考えられている。

騎乗位でのプレイが多かった為に腰を痛め、晩年はAV業界から引退。風俗店で泡姫として第二の人生を送った。70歳を過ぎても現役で活躍しており、超熟女泡姫であったといえよう。
後継者

当時絶対的な人気を誇るAVアイドルであったため、彼女の引退によりAV業界は危機的な状態に陥った。

そこで卑弥呼自身が後継者として壱与という女性を指名した。ちなみに壱与の出演した「イヨチャンFUCKだピョン!」はベストセラーを記録し、この販売枚数1000万枚はいまだに破られていない。ちなみに壱与のデビューは13歳であり、リアルロリータものである。現在これらの作品を取得しようとすると児童ポルノ処罰法に抵触するので注意されたい。
邪馬台国論争

前世の卑弥呼の死後、卑弥呼を忘れられないオタクたちが引き起こした論争。追っかけに必要な卑弥呼の自宅「邪馬台国」がどこにあるかをめぐって日中韓三国のオタどもが激論を戦わせたが、九州説・大和説・四国山中説・琉球説・エジプト説など主張が乱立したのみで現在まで解決を見ず、えんえんと論争が続いている。大和説が有力だが、ただ大和説だと天皇の先祖が卑弥呼になる場合が考えられ、それをどう考えるかで論争が新たに沸騰している始末である。この論争の長さとレス数の多さは、後に「石川梨華ってウンコするの?」論争に破られるまで論争のレコード記録であったが、また抜き返しつつある。
男関係

人気AV女優であったため、現役時から男関係のスキャンダルが多かった。

有名な相手として、人気ハメ撮り監督のムラニシヒコがいる。彼は卑弥呼の財産を持ち逃げしたようだが、卑弥呼のAV出演料は非常に高かったため(現代の価格で出演料500万円)、大した痛手にはならなかったようだ。一方でアメノオシホミミ、アメノホヒ、アマツヒコネ、イクツヒコネ、クマノクスビといった隠し子がいたとの説もある。このような華やかな恋愛経歴も彼女の人気の一因となっていたようだ。
一発ギャグ

卑弥呼の「卑」は、卑猥のひぃ??!!

関連項目

邪馬台国


この項目「卑弥呼」は、歴史に関連した書きかけ項目から歴史に残る記事進化しなければならない。
歴史は今作られている!君の名をこの記事(の履歴)に刻むのだ。 (Portal:スタブ)


更新日時:2019年9月21日(土)18:18
取得日時:2021/01/08 09:04


記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション
Wikipediaで表示
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしUncyclopedia

Size:10 KB
出典: 悪質なデマサイト『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:undef