医食同源
[Uncyclopedia|▼Menu]

医食同源(いしょくどうげん)とは、本来は「薬食同源」という中国薬膳料理の精神を説明したものが、日本に伝来した際に皆が意味を間違って解釈し、そのまま日本国内に広がってしまったものである。
5fac 食的観点から 一般的な薬膳料理

古代中国王朝の皇帝たちが食した薬膳料理、それはクコ、冬虫夏草、水銀、マムシ、イルカンジプラナリア……材料をいちいち挙げれば推挙に暇が無いほどの多彩な具材を惜しげもなく使用し、「中華鍋」と呼ばれる聖域にそれらを投入。カオスともいえるその鍋の中に調和を持たせ、なおかつ素材同士の相乗効果を発揮させるために比較的薄めの味で仕上げることにより、体本来の抵抗力を上げ、血流を良くするなどの効果を上げるための料理であった。同時に、中国の「薬食同源」の思想を最もよく表した料理でもある。

つまり、中国では「食」と「薬」がセットで考えられていたのである。また、お気付きの方もおられるだろうが、もちろん皇帝のための薬といえば精力剤である。猛毒クラゲイルカンジの毒素までも入れたその効果は絶大にして絶倫であり、体の弱い皇帝の場合はあまりの血圧の上昇に体が耐えきれぬことが多々あったという。

清王朝3代目皇帝は薬膳コース全部入りを摂取後すぐに体が熱くなり始めたので、皇帝は自分の体を拭いてもらうために女官を呼んだのだが、布を持って近づいてきた女官を見た瞬間に股間が爆発した。こう言うと下品に聞こえるが、実際現場ではそんなことを気にはしていられないほど事態は重大であり、飛び散った皇帝の皇太子を皆で回収するのに大騒ぎだった、必死の捜索もむなしく、結局皇太子は戻らずじまいで、若き皇太子の死を悼んで城内の武官から官吏から城下の民まで皆喪に服したという。

その事件をきっかけとして一般の民衆にまで広がった薬食同源という言葉は微妙にニュアンスが変化して広がり、いつしか「頭を良くするには学者の脳を食えばいい。」や、「精力を付けるには馬の中心部を食えばいい」、「体を強くするには鉄筋コンクリートを食えばいい」などの意味になってしまい、「中国人は脚のあるものは机とイス以外全て食べる」などといわれるような中国独特のゲテモノ食い文化を広げる原因の一つになったという。

ちなみに、この文化は現在、「中国漢方思想」と呼ばれている。物は言い様であることが一番分かる例であるといえよう。
日本では 日本人の考える薬膳料理

最近よく耳にする「医食同源」という言葉、古来よりある言葉だと思っておられる方々が多いのではなかろうか?まさに四字熟語な響きである。しかし、この言葉は日本人の作った造語、つまり「ジャパニーズ」だ。

どこからこの言葉が広がってしまったかといえば、NHK放送の日本一保護者に受けのいい番組内で、ゲストの先生の発言が元だったと言われている。先生が中国の薬食同源思想を日本人に紹介する際に、ヤクというと響きが悪いため、「医食同源」という言葉にすり替えて放送したところ、じわじわとミーハーな日本人の間で広がってゆき、伝わっていくうちに尾鰭どころか角や牙までついていき、国民全体に広く知れ渡った頃には「医食同源っていうのは薬をご飯にかけることなんだ!!」という風になってしまい、現在に至っている。

また、このブームを促進させる一助になったのはマスコミの偽装報道なども挙げられるだろう、あるある大事典に代表されるテレビ番組の過剰な報道は、健康志向の高まった国民の気持ちを煽るのに最適であった。あるある大事典の報道は偽装などを織り交ぜてあったため、さすがに行き過ぎと判断されて放送業界から抹殺されたが、その頃には日本国民のほとんどが間違った医食同源思想をすり込まれてしまった後だった。 日本人の考える医食同源を表した朝ごはん、白い粒はご飯だ。

そして、最近流行りの草食系男子に続いて、流行語に「錠剤族」という言葉が選ばれるほどに錠剤ばかり食する若者が増加、朝起きて歯磨いて、茶碗一杯のカプセルと錠剤に水をかけてお茶漬け代わりにかっ込んで学校へと駆け出す姿はもはや家庭の風景の一つになっている。朝女の子が食パンを咥えて、「学校に遅れちゃう!!」なんていうベタな光景はこの国、この次元では永劫見ることはできないのである。

さらに都合のいい輩に至っては「医食同源とは薬を主食にすることなんだ!!!」と、どんどん勘違いを進めていき、学校でもオフィスでも暇さえあればコップ片手に水道へ赴き、茶色い瓶から白い錠剤をザラァと水ごと喉に流し込んでいる、しかし、これは単なるミーハーという日本人の体質だけではなく、まともな食事さえ作らない冷え切った家庭の姿を現しているのかもしれない。

更新日時:2015年5月10日(日)10:02
取得日時:2019/08/12 21:35


記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション
Wikipediaで表示
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしUncyclopedia

Size:6080 Bytes
出典: 悪質なデマサイト『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:undef