割り箸鉄砲
[Uncyclopedia|▼Menu]

この記事にはユーモアが不足しています。治療には十分な栄養と日光愛情スモークチーズが必要です。
ユーモアの摂取方法にも十分気をつけましょう。
ウィキペディア専門家気取りたちも「割り箸鉄砲」については執筆を躊躇しています。そのような快挙を手際よくやりおおせたことは、我らの誇りです。

割り箸鉄砲(わりばしでっぽう)とは、拳銃の中でも随一の破壊力を誇る武器である。あまりにも破壊力が大きいため、1977年国連により禁止された。
目次

1 歴史

1.1 起源

1.2 復活


2 なぜ脅威か

2.1 製法


歴史
2cac
起源
黎明期(狩猟から戦争へ)
かつて(文献によると紀元前3200年
ぐらいだとされているが、確かではない)エチオピアの一部族が、狩猟と防衛のために石器・青銅器に代わる新たな武器を発明した。ゴムの木から採取した樹液からリング状の弾力性の強い紐を作り、それを木の枝に引っ掛けて引き伸ばし、手を離すとその紐が飛んで行き、獲物等に命中する仕組みになっている。これが割り箸鉄砲の原型だといわれ(『原始型(Proto-Type)』)、現地民はオーテモート(英語綴:Outimort 古エチオピア語で「神の赦し」の意)と呼んだ。しかし、原始型は大きくてもウサギ程度の獲物しか通用せず、対人戦闘用には不向きであったため戦争に使われることは無かった。そして紀元前2000年頃には原始型を改良したとされる『二型(2nd Type)』が発明された。(この名称は古エチオピア語での原文に従ったためであり、割り箸鉄砲の分野に於いては原始型を『一型(1st Type)』とは言わない)この二型が、「銃身」「引き金」といった現在までの銃の原型であるといえよう。さらに破壊力も原始型に比べて増加したため対人戦闘用に使用されるが、二型オーテモートは既にこの時代での一番有用な戦闘兵器であった。エジプトの歴史書によると、エチオピア北方からたびたび侵入してくるエジプト軍隊を、エチオピア軍はオーテモートによって難なく追い返したとされている。のちに(紀元2世紀ごろか)エジプトから二型をモチーフにした銃が地中海を渡り、ヨーロッパまでたどり着くが、ゴムの生産ができないためこの武器はすぐに廃れた。その後ゴムの代わりに「火薬」と「鉛玉」で代用し、武器として使用されるのは火薬が発明される約1000年後のことである。
最盛期(三型の誕生)
紀元前1100年頃になると、エチオピアにはオ?テモートの鍛冶職人が現れ始め、互いに腕を競い合った。そしてこの頃に伝説の『三型(3rd Type)』が発明されたとされるが、何時、誰が発明したか、更には具体的な形・性能などは、関係し得る既存の文献からは一切記述されておらず、その存在のみが知られているだけである。三型の存在を記したエジプトの資料からは「南の異人はピラミッドを未知の武器で破壊し、中の金銀財宝を奪い、跡には砂塵が残るのみ…」と記されている。当時、エジプトのあらゆる場所でピラミッドが建設されたにもかかわらず、現在は代表的なものしか残っていないのは、おそらく三型オーテモートが並外れた破壊力を以て大量に破壊したと予測されている。これにより「ナイルのたまもの」と言われるエジプトの富を、エチオピアは強大な武力を盾にして略奪したため、エチオピアはこの時代に優雅を極めた。オーテモート研究が始まった近代初期は、当時の最新オーテモートである『五型』はもちろんのこと、現代のオーテモートの主流であった『六二型』『九型』ですら超える性能とされている三型の実在を疑う知識人も少なくなかった。しかし、下記のドーロ事件でほぼその実在性が認められ、存在性を疑う声も少なくなったが、今現在においても「実在しなかった」とされる説が提唱されている。
衰退期(謎の消失)
ところが紀元前800年頃、突如としてエチオピア勢力は歴史から消えてしまった。その原因はいまだに不明だが、有力な説として、国内で内紛が勃発し、とてつもない破壊力があるオーテモートを乱用し国が壊滅状態になったと言う考え方がある。そして領地はエジプトに奪われたが、エジプト軍がオーテモートを使用した形跡は全くなかったことから、国を明け渡す寸前にすべてのオーテモートを破壊したと思われている。こうして、オーテモートはいったん歴史からは消えるのであった。



復活
発見と復元
1864年、イギリス人探検家ドルガー
がエジプト南西部で、史書では破壊されたとされているオーテモート(改良された"後期"二型と思われる)を発見した。翌年帰国したドルガーは、それを元に友人の工芸職人フォックスにオーテモートの復元を依頼した。しかし、いち工芸職人では構造が複雑な後期二型は復元が非常に難しく、復元は成功しなかった。1870年、日本の歴史を調査するために来日したドルガーは、東京で鉄砲鍛冶を営んでいた嘉山清蔵に出会った。当時、拳銃の製造に関しては欧米のほうが上であったが、嘉山の発明した銃がオーテモートの構造に似ていて、しかもドルガーは彼の欧米の職人に負けない技術にひどく関心したため、嘉山にオーテモートの復元を依頼した。ところが嘉山は「木の銃など聞いたことがないわ」と一蹴。ドルガーが詳しい資料を本国に置いてきたので、嘉山はオーテモートを全く信じなかった。しかし、ドルガーは諦めず「帰国したら資料を送る」と言ってかえった。



なぜ脅威か たったこれだけで作れてしまう

割り箸鉄砲の恐怖はその威力であるが、更に恐ろしいのは一般家庭にある材料で簡単に製作が可能なことである。カッター、割り箸数膳、輪ゴム数個があれば小学生でも短時間で出来る。飛距離はおよそ3~5メートルと短く連射も難しいが、決してその破壊力を侮ってはいけない。もしも学校や公園で輪ゴム鉄砲で遊んでいる人たちを見かけたら、即時その場から逃げることを推奨する。
製法当局の検閲により削除されました


恐ろしい武器である

2009年現在、日本国では銃刀法があるにも関わらず割り箸鉄砲の作成及び所持を禁止していないが、くれぐれも遊び半分で作らないように。人生を棒に振ることになる。なお、噂ではあるが機関銃タイプやライフルタイプのものまで作ってしまう輪ゴム銃のプロがいるとか。

更新日時:2018年11月1日(木)13:59
取得日時:2019/11/30 04:45


記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション
Wikipediaで表示
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしUncyclopedia

Size:7728 Bytes
出典: へつぽこ實驗ヰキ『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:undef